2月になりましたが1月の話です。申し訳ない。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2月になりましたが1月の話です。申し訳ない。

2018-02-04 19:00
  • 3

 ※写真や画像が貼られている場合、いくらか縮小された画像が貼られています。クリックすれば大きい画像や写真がみられるのでよければどうぞ。



 ※当ブロマガは倉敷クイズ会小池一夫の閲覧を堅くお断りしております。私はあなたがたに見下され、なめられ、自分が守る気のないモラルコードを上から目線で命令される為に生きている訳ではありませんし、書かれている文章やエッセンスをパクられる為にこのブロマガをやっている訳ではありません。即刻ブラウザバックでお帰り下さい。あ、別にこっちに対して見下したり敵対意識を持ってる人でなければ持ってってくれても構わないんですけどね。



 ねほりんぱほりんの「ヘリコプターペアレントの感想ブロマガ」はチョロチョロ進めているのですが、おまけでやる予定だった「その話に踏まえた上でのあの人やこの人の発言の異常さ」というのは、延期というか中止というか、取りやめになりました。別にあれだけの非礼・無礼を犯して謝る気すらない輩を許す気なんざ毛頭ないのだが、去年末くらいから空気がおかしいの。あれ?なんか違くないか?なんか変だぞ?何かが動いてるぞ?という雰囲気がパンパンな訳ですよ。この説明じゃ誰もなんのことかわからないと思うが、私もその全容がわからないのでそう書く以外に手段がないんですわ。いやはや。



 この状況をビックリマンに例えると、アリババ神帝が魔穴に落ちた上にワンダーマリアの魔洗礼を受けてゴーストアリババになってかつての仲間であるヘッドロココ神帝たちに襲いかかってどうしようもない状況下で突如天使でも悪魔でもない聖梵ミロクなる謎の創聖巡師が現れて聖弾流を浴びせて、ゴーストアリババの魔洗礼が解けてアリババ神帝に戻りリハビリの為に天聖病院へと送られた訳だが、謎の創聖巡師が出てきたことで、みんなあたふたしていてヘッドロココ神帝がこんな会話してる感じ。


神帝男ジャック「なんなんだアレは!」

一本釣神帝「聖弾流を掃射しただけで帰って行ったぞ!」

神帝フッド「一体なにが目的なんだ?!」

ヤマト神帝「よーし追いかけてやる!宅急…」

ヘッドロココ「待つのですヤマト神帝!無闇に追いかけるのは危険です!」

牛若神帝「それに一応アリババ神帝を助けてもらっている訳ですし」

神帝ピーター「この後のワンダーマリアがどう出てくるかもわかりませんしね」

ヘッドロココ創聖巡師の目的がわからない以上、ここから先は慎重に行動するしかありませんね。天魔界にいるスーパーデビルの様子も最近おかしいと報告が入っていますし、みなさん、当面は慎重に事を進めて下さい!」

6神帝「はい!ヘッドロココ様!


 みたいな状況。もう私の脳内会議がこんな感じ。なんで中止になりました。まぁ言いたいことはたくさんあるんですがね。こっちがなんかツイートしたらそれを相殺するようなエアリプをバンバンかましてきて、クイズやっててもこっちが絶好調で答えてたら隣りで小声でブツクサ恨み言を言ってくるわ、好きな人達だけでクイズやりたいからって、例会終わった後に一部で抜け出して「他の雑魚会員を置き去りにして食うメシうま~」とかやらかして、その一部がどんどん幹部気取りに変化して、大事な日取り等も幹部気取りの連中で勝手に決定し、例会中でも私はおろか周りよりかなり年下のはずが「俺がこの中で一番偉いんだぞ~!」的にふんぞり返って、そのへんをSNSで最大限美化しながら書き残し、大晦日にはフジテレビのクイズ番組で活躍とかスタイリッシュな人生送ってるねー!絶対俺は目上の人間を足蹴にしてのさばるようなそんな卑しい人生マネしたくないけどwとかそういうのを魚拓バンバン貼り付けながらやりたかったんだけどね。



 てか、直近では誰も頼んでないのにこっちの事情に勝手に首突っ込んでクソ偉そうに説教してた某ご老人とか言い合いの最後には「お前はハンネが変だから正論とか言っても認めないーw黙って俺の説教だけをありがたく聞けや~w」とか言い出す頑迷な人だったのもあるし、ここは慎重に。(このあたりは1月上旬に書いたのだが、ちょっとづつわかってきた。創聖巡師って例えはあながち間違ってなかったかも。ちなみに創聖巡師は曼聖羅所属なのだが、次回作「新ビックリマン」では曼聖羅の女王・異聖神メディア天使・お守り・悪魔・次代が住む次界を津波で潰そうとしてきます。まぁ今後も慎重に対応していきます。)



 あー、「ヘリコプタペアレントの回の感想」はじっくりやります。てかあれ単体でも色々おかしい。大体あの母ちゃんは「他人よりちょっと過保護気味なヘリコプターペアレントでしてー。てへぺろ♪」とかそんな軽い言葉で済ましていい人じゃない気がする。その理由は本編でじっくりやる。



 それはそうと、このブロマガで何書こうか。冬アニメの感想をこの流れでやるのもね…。「年末年始のどうでもいい話(そにょ2)」とかでお茶を濁すか…。



 1月4日(木)には大石神社さんに初詣に行きました。本当は1月1日に行きたかったのだが、まだ肋骨が痛かったからなぁ。まぁ1月3日の夜の時点で「ん?もう大丈夫かな?」と思ったのだが、それはずっと座ってパソコン見てたりスマホでゲームしてたからであって、歩き出すとまだちょっと痛かったのだが、「まぁもういいや出発したことだし」ってことで多少の痛みをこらえながら行きました。








これにのって播州赤穂まで。 11:48






鉄分補給って大事。 11:50






赤穂城の端っこ 13:23






いつもお世話になります…。 13:26



 という訳で初詣に来ました。手水舎で手や口をそそぎ、1文字流しで「貧」を流し、本殿にお参りし、おみくじを引いたり、金運お守りを買ったり、絵馬を買って奉納したり、入り口にある大黒様と恵比寿様にもお参りをして帰りました。そういやおみくじでは久しぶりに大吉引きました。結構いい感じのことが書いてありました。本当にそうなるといいのだが、病気の欄が微妙にツボったw






大吉 13:39






精神の安定第一www 13:40



 安定させたいですなぁ。いやはや。気を付けますわ。あとまぁ駅でラーメン食ったりして帰りました。今回は姫路に寄りませんでした。時間が時間だったし、お金もないし(汗。






駅舎のすみっこに置かれてた謎の顔ハメ看板w 14:07






赤穂の塩ラーメン。美味し。 15:22






114系 16:08






マターリ。 16:05



 あとねぇ、この年末年始はピンゾロに縁がありました。さっきのおみくじも大吉な上に引いた番号が11番。年末年始に引いたデレステのSSRも11種11枚。(課金したのはスカチケの時のみです…。金ないんで…。)で、年末年始でやってたデレステのLive GROOVEでもちょいちょい引きました。ちなみに上手い人なら狙ってこういう事も出来るのでしょうが、私レベルじゃ無理です。そういう前置きをした上でピンゾロスクショ集どぞ。






ピンゾロ①(縦ゾロが惜しい…。)






ピンゾロ②






ピンゾロ③






ピンゾロ④






ピンゾロじゃないけどおまけ。GREAT1が惜しい…。






Q&Qアンサーズでもピンゾロ



 特に④は狙ってできるものじゃないと思う。あらかじめ全体のPRPを1111にしといて、曲PRPが111超えた曲で111万点あたりになるように終盤で調整すればできなくはない(※100%の確率で出来るものではない。)が、曲PRP+13、全体PRP+3で111&1111はそうそう出来るものではないと思うのだがどうでしょう?フフフのフ。



 と言う訳で、なんとかこのピンゾロが何かの吉兆であってほしいものですね。去年の運気ではボロクソ書いてた六星占術も年が変わって2018年はいいことしか書いてないし。



https://serendipity-japan.com/2017-reigoseijin-mokuseijin-plus-fortune-10928.html

霊合星人(木星人)+の2017年の運勢



https://serendipity-japan.com/2018-reigoseijin-mokuseijin-plus-13281.html

霊合星人(木星人)+の2018年の運勢



 あー、そういや去年の12月30日にはちくと私といぬい(年齢順)の3人で年忘れ麻雀大会を5時間近く(21:00~26:00頃w)やってました。もちろん私は岡山から動いてないし、ちくといぬいは埼玉在住なので、スマホの麻雀格闘倶楽部spで麻雀しながら、PCではTwitterのDMグループの画面を開いてのウダウダいいながらの麻雀だったが、今回の要点をかいつまむと、


 ★肋骨が折れているとドラが4枚簡単に集まってドラ槓して同卓した人をビビらせることが出来る。

 ★肋骨が折れているとなんでもない牌を槓したら、その牌が槓ドラになってビビらせることが出来る。

 ★肋骨が折れているとドラを乗せまくって8万点超の圧勝で勝つことも出来る。

 ★但し、長時間は持たないw


 といった事がありました。また2018年も時間が合えばやりませう。



 そういや、1月10日には23時からねほぱほで「腐女子」、24時からはナカイの窓で「オタクSP2」は濃かったな~。しかも両方のMC山ちゃんて。あと「腐女子」の回で腐女子が職場などで周りの人に腐女子と明かすかってのがあって、明かさないというと「そんな卑下することないと思うよ~」って言ってたけど、あれは趣味を卑下すると言うより自分を守る為なんじゃないかな…。「私達は何もない所で色々考える変な趣味が…」って言うけど、それは腐女子じゃなくても割とよくやる人いるもん。腐女子は趣味として腐ってるけど、性根が腐ってるような人がヲタをみると卑下していじめ対象ロックオン!みたいにして、あることないこと言ったりするからね…。それを避ける為にも隠すのは大切。個人的にもその経験は過去幾度としており、「相手がヲタ=いい年してアニメ見てる=俺らより下」という単純な事しか考えられない連中に叩かれることも何度かありましたね。そして「アニメは大好き」がドンドン一人歩きして「美少女アニメ大好き」「アイドル大好き」「小さい子しか興味がわかない」「あいつはロリコンらしい」「ギャルゲー大好き」「アニメばっかみていて一般常識に乏しい」「雑学知識がほぼ皆無」と言ってもいないワードが社内を駆け抜けた事も。まー「一般常識に乏しい」とか「雑学知識がほぼ皆無」と勝手に決めつけて「これ何のことか知ってる?」「これ知ってる?」と知ってる?と言いながらも表情や発音が「どうせお前は知らないだろ?」という性悪な意図が見え見えの質問してくるんだけど、その問題がクイズ界隈ではベタ問クラスの問題で次々正解していき、最後には「円周率の3.14より下言える?」とか言い出すから『3.1415926535…』と答えていると、私が暗唱してるのをソイツがブッタ切って「おめぇー、ワシがバカじゃと思うてデタラメよーろーが!!(岡山弁)」などと逆ギレしたんで、「じゃあ、目の前にあるケータイで円周率でググって出た結果で答え合わせすればいいじゃないですか。間違ってませんよ。じゃもっかい言うんでググって下さいよ。」と言うと、カッチリとした正誤判定はしたくなかったようで「じゃあ、まぁ、おーとんならええわ。(岡山弁)」と悪態をついてくる人とかいましたねwYさんOさんFさんFくんTくんOくん元気?私があの会社を辞めて3年経つけどまだココ監視してるかな?ちなみにTwitterアドレスを職場の誰にも言ってないし、Twitterやってるとも言ってないのに、勝手に検索して意地でも見つけて、そのアドレスを私以外に全力で触れ回ってみんなでおもちゃをもてあそぶかのように監視とかいい趣味してんね。



 しかもさっき挙げた「どうせ大した事知らねぇんだろ?物知りな俺が教えてやるよ。物を知らないヤツは見下げられて当然だからな!」って感じで近づいて来たヤツって、対して物知りじゃなくて、向こうからの問いは答えた上でこっちから同レベルの問題出してやると「えーあー、聞いたことあるんだけどなー。」でこっちが正解発表するまで粘って、正解発表したら「あーソレソレ。出てこんかったー」というセコい真似を繰り返し、どっちが物知らずなのか判明しても常に偉そうなんだよね。なんでやねん。



 あとこのパターンで、「アニメに理解のない人によるヲタ迫害」よりクソめんどくさいのが、「自分もヲタなんだけど、ヲタを隠して一般人のフリして迫害する側に回ってgdgdやらかす」ってのがあってね。てか過去にも書いたけど実際あったのよ。このパターン。もううっぜぇ!って全力で思った。しかも非ヲタだって言うんなら非ヲタを貫けばいいのに、話がふとヲタ関連の話になった時に途中まで意気揚々と話してて、途中から「いや~俺、博識だからヲタ情報の表面程度は知ってるんだけど深い所まで知らないんだわ~。」とか「BLってボーイズラブの略かな~?え?当たってた?勘で言っただけなのに~。俺の勘すげぇ~。」とかクッサイ芝居カマしだしたりして本当にメンドい。ちなみにこれをマジ顔で言ってた当時40代のオッサン2人は揃って劇場版まどかマギカの初日に結構遠いMOVIX倉敷まで見に行ってグッズもしこたま買ったらしい。俺以上のヲタやんけ!



 とまぁこんな感じの自意識が尊大な輩も結構いるので、ヲタ趣味は隠すというより、自分を守る為に敢えて公開しないってのは1つの手段だと思います。ちなみに過去の職場でこんな事があって以降はヲタ趣味に関しては職場で言わなくなりましたね。マジで。



 あと、その翌週のねほぱほでは「TO(地下アイドルトップヲタ)」やってたけど、この回はなんか私の中で響くものがあるな~っていうか。別に今も昔もドルヲタではないし、地下アイドルに至っては全然知らないのだが、似た環境に過去に居たなぁって思ってね。10代後半の頃にラジオ小僧やってたんだけど、高校の頃はまだ高校の友人とか中学時代の同級と色々番組を聞いてただけだったが、高校卒業して働き出すようになってからイベントとか公録とか公生とか行きだすようになったんだけど、人がたくさん集まる場所ってやっぱ発生するんですよね。パワーゲームが。順位付けが。番組内で採用された回数とか、存在感とか、統率力とか、行動力とか、見た目とか諸々がかみ合った形で。みんな若いしねwまぁさすがに今回紹介されてたような地下アイドルのTOレベルの自治権や、TOなんて呼び名は無かったけど、絶対居たよね。地方のラジオ局の公録とかだと。TOが。TOというよりリーダーと言った方がしっくりくるかな?あと多くの府県で聞いてる広範囲な人気ラジオ番組とかだと、グループや府県ごとにTOが居て、イベントとかじゃ群雄割拠状態だったけど、正直今から見ると若い子の自己顕示欲と中途半端な正義感とかの醜いやりとり(※当然ながら私もソレをやってました…)の連続なんだけど、ただ、あの醜いやりとりは10代のウチに済ましといて正解だったな~って今では思ってます。そういう感情がありながら若いウチに発散せずに、心の中に俺が俺が!的な思いが心の中に段々蓄積していって、そんな心の老廃物が蓄積したまま年を取った時に何がおきるかというと、アルファシンドロームに陥った犬同然のヒエラルキー思想がいい年こいて定着してしまって、自分より格下だと思ったらエグいイジメが横行(※わかりやすい例で見ると豊田真由子。あの人は多分そういう経歴の人だと思う。)するし、若いうちにやらなかったグループ内での醜いマウンティング合戦をいい年こいたオッサンオバハンが仕掛けるのってムチャクチャ痛いよ…。マジで。だから今回ねほぱほに出てたTOの子はちょっとお金がかかりすぎたし、かなり回り道した感があるが、人の群れの中で我も我もと出てくるのを跳ね除けて「お山の大将」を若いウチにやったのって、今後の人生でプラスになると思う。これが逆に心の中では「お山の大将」になりたがってるのに、「いや、俺そんなキャラクターじゃないから。」なんてすっぱいぶどうな事ばっか言って心の中に老廃物溜めまくったヤツとか本当にみっともないことやらかすからね…。もう本当にどんなジャンルでもいいし、他人から見てどんなに小さい山でもいいから1回本気でテッペン取りに行こう!実際取った!って経験は若いウチにやっといた方がいいよ。マジで。ここのブロマガは若い人あんま読んでないけど、ちょっとそんな事も書き残してみたり。



 いや~。なんかこう若い頃の頃を思い出したよね。色々あったわ~。そういや、県外の某人気ラジオ番組(妹尾さんは「某番組とか言わずに番組名言えばいいのに」って思ってるだろうな…。)を聞いてて、その番組の地元リスナーグループがアニソンカラオケ大会をいついつの日曜の昼12時から夕方6時まで神戸の○○ってとこで行うらしいので、時間のある方はぜひ行ってみて下さい。MCの内の1人も夕方5時には会場に行きます。という番組内での公式アナウンスがあったので、ウチらの岡山県内のリスナーグループも数人で組んで行ってみたのだが、まず全員から歌いたい曲を3曲書いて集めます。というので書いて出したが、ウチらのグループから誰もカラオケ登壇のお呼びが一切かからない。その主催グループとそこと仲良しグループ、あとはもの凄く遠い所から来て、そのグループに利害関係がない人ばかりがステージに上がって、主催近辺の人達だけが盛り上がってしまって、それ以外のグループは番組の半公式イベントだから来たのに隅っこで疎外されるだけという惨めな思いもしましたね。そんなクソつまんないイベントに岡山から神戸の往復運賃払って参加したとかかなり煮えくり返っていたのだが性根が腐ってるんだろう。もういいやってことでグループの連中に「おい、もう帰ろうぜ。バカバカしい。」って言って帰ろうとしたのだが、ここでウチらの中からスタッフに文句言うヤツが出てね。しかもそいつ普段全然怒らない温厚なヤツなのに珍しくガチギレしてて、スタッフにすんごい剣幕で文句言ってて、文句の内容自体はほぼほぼ同意なんだけど、それよりもこいつ鎮めるのが先じゃね?なんかヤバくね?ってことになり、みんなでまぁまぁまぁまぁ…といいながらなんとか帰路についたのだが、そいつ帰りの列車の中でもずっとブツクサ言ってたなぁ。



 で、そんなイベントも今回限りかと思ってたら半年後に第2回を堂々と開催し、しかも番組でまた紹介されるというイミフな展開をしてきた上に、番組で紹介されてた時に「主催側からは前回のようなことはないようにしますのでとのことです。」という注釈が入ったが、これも曖昧な話でね。「前回のようなこと」が何を指してるのかハッキリ言わないし、大体前回ウチのツレがガチギレしてスタッフに詰めよった際にスタッフは悪びれる表情すらせずに「我々は公平に選曲をしているので、それにどうこう言われる筋合いはないし、グループで固まってるっていうのもアナタの偏見では?」とむしろ喧嘩腰に対応していたのはなんだったのかと言いたくなるような事もありましたね。まぁこんな事があったり、同時期に決定的な出来事があった事もありあそこのリスナー辞めたし、ラジオ小僧自体もそのへんで引退した感あったが、まぁそんな事もありましたね。10代後半の頃はw



 あ,グループで行動してたってあるけど、みんな県外のイベント等ではグループで動いて、リーダーが前へ前へと切り開いた恩恵はガンガンもらいまくるんだけど、県内のラジオイベントとかだとリーダーの足をむっちゃひっぱりまくりますwさかなクンが言ってた「魚は大海に出るとみんなで助けあうけど、狭い水槽の中だといじめが発生する」を地で行く展開でしたwみんな若かったな~。まぁ若いウチのこういうのは後々から「俺もあいつらも若気の至りだったな~」って思えるけど、年取ってこんなことしてるヤツってかなり痛いよね…。



 で、話を元に戻すけど、ねほぱほのTOの回。番組がアイドルに調査したら「お客さんを男性とみれる?」に97%がNO。まぁファンの人はそこんとこ割り切って応援するのがベストなんだろうなー。って思ってたら4日後に放送された「新婚さんいらっしゃい」では、元アイドル♀(19)とそのアイドルの推し♂(39)が新婚で出てて、しかも文枝さんに「ちょっとどんなものか、やってみてもらえますか?」と言われて、元アイドルが「♪君を見てるといつもハートドキドキ~♪」とふわふわタイムを歌い出し、それに合わせて旦那がオタ芸をするという中々凄い光景を目にして「レアケースだけど、こういうのもあるんだねー。」と思ったりも。



 あとまぁ、TOの回で彼が選ばれたのも、「1回山を登り切って、そこから降りてその山の全体像がわかった上に冷静に語れる人物」ってことなんじゃないかな?多分。ねほぱほっていろんな人に取材して厳しくチェックするって話らしいし。ていうのもね、もう終わった某ローカル番組で昔「ヲタク女子会コーナー」ってあったんだけど、あれが本当にヒドかったからなぁ。無論全員がヒドかった訳じゃないが、「お前そこでそれ言う?場の雰囲気ブチ壊しやんけw」って人がいたなぁ。あれは本当に凄かった。その番組はDVDに録画しててたまに見てるけど、本当に凄い。まぁあの番組のあのコーナーに関してはMCがガンガン食っててトークを回す気が薄かったのも異常だったっけ。女子会に来た女の子が頑張って場を回してる最中に、MCがケーキを頬張ってて「うん、うん」しか返事しないとか何しに来てんだと。まぁそんなTV番組もあったし、そんなことにはならないようにしてそうだよね。ねほぱほは。



 あとね。今回は地下アイドルのTOだったけど、地上の有名アイドルのTOはまた事情が違うらしいから、そっちの話も聞いてみたいと思ったし、それと、宝塚歌劇団のガチヲタの人をねほりぱほりしてほしい。宝塚のファンのヒエラルキーって凄いってよく聞くけど、実際どうなのか。ファンヒエラルキーでスターに贈れるものが限られるとか色々噂話は聞くものの、実際どうなのか知りたいなぁ。



 まぁ今回はこんな感じで。


広告
×
「某人気ラジオ番組」かw
まあその番組は単独の聴くだけリスナーだったんで、イベントにも小さいの含めて3回しか参加してないし、全部公式イベだし、俺単独(ぼっちとか言うの禁止)だしで、特にイイ思いもイヤな思いもしてないんだが・・・
なるほど、リスナーグループ主催のイベントだと、「そいつら」の性根が見えることになるワケね。
 
しかしだ、「どんなに小さい山でもいいから1回本気でテッペン取りに行こう!実際取った!って経験は若いウチにやっといた方がいいよ。」とか言われても。俺テッペン取ったことないのよねwww
まあ今さら何かのグループに属することもないだろうし(重ねて言うがぼっち禁止だ)、多分大丈夫だろうけどw
26ヶ月前
×
>>1 妹尾陸さん
当時「2万人ラジオ」の別名で関西一円やその周囲まで影響力が広がってたオバケ番組でしたからねぇ。まぁ、あのイベントは単独で行ったらイイ思いもイヤな思いも半減しそうですね…。半公式イベントはスタッフがやりたい放題でしたが、公式イベントでも客席ではグループ間で自己顕示欲パンパンの醜い争いをやってましたからねぇ。イベントの時にウチらで鳴り物を持って行って盛り上がって&目立ってたのだが、某グループから「ちょっと君らの鳴らし方おかしいから、その鳴り物をウチらに貸してみ?」とかウエメセ全開で得物を召し上げようとしてたり色々とwこのへんは話したいこと山程あるんで、次会った際にでも。(いつになるかわからんがw)某とか仮名とか抜きで全部実名であれやこれや語りますぜ。へっへっへw
26ヶ月前
×

>>1(つづき)
あと、「どんなに小さい山でもいいから1回本気でテッペン取りに行こう!実際取った!って経験は若いウチにやっといた方がいいよ。」に関してはどこかのグループに属さなかったり、属してもそういう揉め事とか嫌い(上っ面で言ってるのではなく本心で嫌いな人)とか、誰かが目立つような事をしても「生意気な!」などと思わずに褒めたり受け入れたり出来る人であれば、お山の大将なんてただただメンドくさいだけなんでやらなくてもいいのですが、そうではない、誰かを見下す気パンパンな子は若いウチにお山の大将やっといた方がいいと思うんですよ。お山の大将になって足の引っ張られる感覚を1回経験しとくと、他人の足を引っ張るなんてバカバカしいと思えるし、引っ張るにしてもある程度のセーブが効くのですが、足を引っ張るばかりの経験が豊富な人はそういう自制心もなく、相手をどん底に落としてでも自分が納得したいという幼稚な心理のまま馬齢を重ねることになるし、そういう人達をイヤんなるくらい見てきましたので…。
26ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。