その沼は山田さん温泉並みに暖かい沼だと思うんだ。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

その沼は山田さん温泉並みに暖かい沼だと思うんだ。

2018-07-30 06:00

     ※写真や画像が貼られている場合、いくらか縮小された画像が貼られています。クリックすれば大きい画像や写真がみられるのでよければどうぞ。



     ※当ブロマガは倉敷クイズ会小池一夫の閲覧を堅くお断りしております。私はあなたがたに見下され、なめられ、自分が守る気のないモラルコードを上から目線で命令される為に生きている訳ではありませんし、書かれている文章やエッセンスをパクられる為にこのブロマガをやっている訳ではありません。即刻ブラウザバックでお帰り下さい。あ、別にこっちに対して見下したり敵対意識を持ってる人でなければ持ってってくれても構わないんですけどね。



     いやぁ、7月も下旬になりましたね。超暑いですね。熱中症等の病気・疾病には気を付けて健康に過ごしてほしいなぁと思います。というのもむっちゃ体調崩しました。ピークを過ぎた夕方とは言え、岡山駅前に歩いて買い出しに行って、帰ってきたらもう身体やら胃腸がバテてしまって一晩寝たくらいじゃ回復せずに仕事中に貧血を起こし早退して翌日も体調が戻らずに休んで迷惑をかけるハメに。皆様におかれましてはこんな倒れ方はしないようお気を付け下され。






    その買い出しで買ったもの。



     さて、来月は久しぶりに東京に行きます。東京に行くのも1年半ぶり。18きっぷで岡山=東京を往復すんのは2年ぶりになるなぁ。お金が無かったことによってしばし間が開いてしまいましたが、今回はなんとか調達して行くことに。別に今回も潤沢な予算がある訳じゃないが、18きっぷでの東京往復をこれ以上やんないと禁断症状出てまうわwただまぁこの猛暑は7月いっぱいで終わってくんないかなぁ。2013年の酷暑の時はまだ耐えられたけど、今の体力じゃビッグサイトに10時半くらいに着いて、そこから炎天下で2時間並んで館内に入って、館内も暑いわ湿気が凄いわっていうジメジメ酷暑地獄はどっかで倒れそうだな…。歳はとりたくないのぅ…。やだやだ。まぁ長期予報によると8月に入ったら少しは緩和されるらしいので、それを期待するしかないなぁ…。



    http://ch.nicovideo.jp/socks_of_MESH/blomaga/ar926030

    夏旅2013①



     それはそうと本題ですが、「究極超人あ~る」がアツいですなぁ。完全版①&②発売、コミックスが30年以上の時を超えて発売(9巻で終了だったのだが、ここ数年の読み切りを集めての10巻発売)、今年も「轟天号を追いかけて」イベント開催、そしてOVAの舞台の1つ田切駅に「アニメ聖地巡礼発祥の地」の石碑が建ったりと、ここ2か月で凄いこと動きがありますね。



     さすがに1冊6000円以上する完全版はお金無くて手が出ませんし、田切や伊那市でのイベントには行けませんが、単行本10巻は買います。発売日からいってアキバで買うようになるかな?



     それにしても、連載が85年~87年。そんな長期連載って訳でもないし、もう30年前の作品だし、91年のOVA発売や関連イベントが終わってからは20年近く公式から特にイベントもアナウンスも無かったのだが、ファンによる地道な活動がここに来て実を結んだのか爆発してますね。ファンの人が飯田線や田切駅に聖地巡礼に訪れたり(聖地巡礼やオタクツーリズムなんて言葉が無かった頃から飯田線ではそのムーブメントがあったのだ!)、定期的に田切駅を掃除される会が開催されてたらしいが、それもある程度の後押しになっているのだろうか。



     ちなみに私も過去2回行ってます。1993年2012年。2012年は動画作りました。まぁ、飯田線以外も色々行っててそのへんも入れてますが。





    夏旅2012



     ちなみに、こんなあ~るの大ファンだが、連載期間中は全然知らなくて、OVAが出てしばらくしたあたりでラジオ公録・公生イベントでの仲間の女の子数人に「この漫画絶対面白いよ!読まないと人生損するよ!」って言われてワイド版全4巻を買ったら結構面白く、しかもこの年(1992)の10月か11月の祝日の朝10時くらいにRSK(山陽放送)の「祝日朝のアニメコーナー」みたいなのであ~るのOVAが流れて、それを見たら「やべぇ!これは行かなきゃ!」と思うようになり、しかも翌年5月に当時聞いてたラジオのイベントが宇都宮であるというので、じゃあ一緒に行ってしまおう!ということになり、5月3日の朝出発して、岡山姫路米原豊橋飯田(1泊)→上諏訪新宿宇都宮(イベント)→新宿上諏訪(駅寝)→豊橋米原姫路岡山というかなりエグい旅をやらかしましたね…。上諏訪→新宿と新宿→上諏訪は特急あずさ使いましたが、それ以外は全部新快速以下ですwいやぁ…。あれは大変だった。当時19歳だったが、まだ旅慣れてないこともあって苦難の連続でした。それは過去に書いた(多分マホらん時代に書いたと思う)し、今後、部分的に書くかも知れんので省くが、まぁ1つ言えることはスケジュールがキツキツだったせいで、飯田線でのあ~るの名所(駅名標・きっぷ回収箱等)は、列車が停車した瞬間にドアからダッシュで走って目標物を撮影して、急いで帰るという非常識なやり方してました。車掌さんは生暖かい感じで「ふ~やれやれ。そんな時間経たないのなら数秒であれば大目に見てやるか」って感じで寛大な処置をしていただきました。あの時は大変失礼しました…。






    1993年の旅写真



     それからしばらくは飯田線にも行けず、コミックス(ワイド版)を読み返したり、OVA見返したり、CD聞き直してたりしてた(OVAは番組で放送された物を普通のVHSに録ったものだし、当時の家の環境がビデオテープを保存するにはあまりにも適さない状況だったり、何度も繰り返し見てたおかげでしばらくしたら音声データメチャクチャになったけどな…。)のだが、2010年を過ぎてちょっとづつ私の中でも公式的な意味でも変化が出てきましたね。公式にもOVA廉価版が出たり(このDVDはマジでありがたかった…!)、とぎれとぎれではあるが読み切りが掲載されたり、私的にも色々あった羅刹の家を出て、外道ばかりの親戚と縁を切ってワンルームを借りて、やっとこDVDレコーダーやパソコンを自分で持つことが出来て、ゆうき先生のTwitterで廉価版DVDの存在を知ってamazonで検索して即注文して見返したり、例の祝日朝のテレビアニメ放送では流されなかった特典映像を初めて見たりと堪能してるウチに「93年の時には実質通るだけだった飯田線にちゃんと行きたい」と思うようになり、当時行ってた派遣先が普段は時給も高く残業バンバンあって稼ぎつつ、GW・盆・暮れ正月の休みが長い所だったこともあり、先に挙げた動画のような旅に出ました。93年の頃に比べて旅程キツめだし、19歳の若者があっという間に38歳のオッサンになってて体力の低下もあったが、まぁどっちが楽だったかと言われると38歳の頃のだわ。もう旅慣れてて18きっぷ旅行のコツも掴んでたこともあって、まだ2012年の方が楽でした。てか1993年の旅って、帰りに風邪ひいて高熱出してロクに景色とか見てないしな…。



     えーと、なんの話だったけか。そうそうあ~るですよ。今回はまだあ~る沼にハマってない人にはぜひおすすめしたいなと思いましてね。熱烈なファンに地味に30年支えられて今回爆発したこのコンテンツを!ちなみに主人公はアンドロイドだが、SF要素は極めて薄く、今でいう日常系作品(アンドロイドのクセに指を折る10進法でちまちま計算したりするしな…w)。出てくるキャラクターがアクが強いというか個性しかないというか、そんなメンツが光画部(今でいう写真部)でドタバタし続けるコメディー。あと最近の漫画アニメじゃ割とよくある「生徒にかなりの自治権がある」という高校生がやりたい放題やっちゃう部活。部室も始まった当初は普通の部室棟の1部屋だったが、途中から割と広く、光画部とは思えない備品の数々(歴代の光画部が運動部から拝借してきた戦利品の山w)があり、自由奔放なクラブ活動を描いており当然それに憧れる者も多く、ウチの高校でもいましたね。光画部を設立しようと人数集めて設立理由を書き出して担当教諭に提出する人。ウチらの代でも何人か居たし、前の代でも後の代でもしばらくいたようだが、残念だが全て却下された。却下理由は「もうすでに写真部あるんだから、そっちに入れや。」まぁごもっともですな。



     尚、某同人誌であ~るファンに向けてアンケートを取っていたのだが、意外なことにファン歴5年以下や1年未満の人も多く、年齢層も20代・30代が意外なほど多い。あれは正直驚いた(※アンケートの詳しい数字はさすがに同人誌の内容なんでここでは割愛させてもらいます。でも本当に多かったんよ!)。昔からのファンだけでなく、新たなファンがこんなに増えているのかと。だから今からでも遅くはない。ていうか、あ~るのイベントとか全然行ってなくて自分1人で細々と応援してたから全然知らなかったけど、ファンの大半は古参って訳じゃなく、新しく入った人、若者も多いので今からでも全然大丈夫だ。






    某同人誌(※ただし、残念ながら在庫切れにより販売終了したとのこと)



     まぁそんな訳で、すでにあ~るファンな人はともかく、まだ「究極超人あ~る」を知らないというなら一度手を出してみてはどうだろう。漫画喫茶に行けば多分置いてあると思うし。連載終了後30年経ってもファンに愛され続け、新たなファンも入ってきていて、ここに来てムーブメントが熱いこの漫画をあなたも!あと廉価版OVAはamazonとかで検索したら1500円くらいで売ってるのでマジオヌヌメ。



     まぁ詳しい設定や裏話、キャラクター等についてはwikiでもお読み下され。てかあ~るのwikiって誰が書いたのか知らないけど、結構面白い文章になってるのね。さんごの紹介文で「(色々あって)光画部男性陣でさんごを「女子」だと認識しているのは事実たわばとあ〜るだけである」と書かれてたり、たわば先輩の項目では「どうでもいいときはゴネたりヒネたりして現れるが、部室籠城終盤戦や成原騒動など肝心なときに限っていない。」など、漫画に描かれたものを元に色々推測して書いていて非常に面白いページなので、まだ見てないあ~るファンも見てもらいたい。



    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%B6%E6%A5%B5%E8%B6%85%E4%BA%BA%E3%81%82%E3%80%9C%E3%82%8B

    究極超人あ~るwiki



     あとまぁ個人的に共感できる光画部メンバーと言ったら兵藤信ですかね。品性下劣だし、女装はしたことないけど、やりゃあなんとかなる気がするし、なにより女装コンテストの時のあのやりとりは俺でも可能です。脛も腋もツンツルテンだからね…。(※剃ってる訳ではない。普通に生えない。ヒゲに至っては2年半剃ってないが全然伸びない。)






    これね。



     ただキングアラジンのマネは絶対無理ですがwww



     まぁ、今回はこんな感じで。(-_-)ノ



     今回の「轟天号を追いかけて」や「アニメ聖地巡礼発祥の地石碑除幕」関連は7月28日、29日にRTしまくったので、よければぜひ。また田切駅に行きてぇよ~。



    https://twilog.org/socks_of_MESH/date-180728


    https://twilog.org/socks_of_MESH/date-180729








    https://cycleclubr.jimdo.com/%E8%BD%9F%E5%A4%A9%E5%8F%B7%E3%82%92%E8%BF%BD%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%91%E3%81%A6/


    過去の「轟天号を追いかけて」の様子。(イベント公式HP)



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。