とある不登校の番組を見た感想④
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

とある不登校の番組を見た感想④

2019-06-30 23:30

     ※写真や画像が貼られている場合、いくらか縮小された画像が貼られています。クリックすれば大きい画像や写真がみられるのでよければどうぞ。



     ※当ブロマガは倉敷クイズ会某クイズ団体関係者の閲覧を堅くお断りしております。私はあなたがたに見下され、なめられ、自分が守る気のないモラルコードを上から目線で命令される為に生きている訳ではありませんし、書かれている文章やエッセンスをパクられる為にこのブロマガをやっている訳ではありません。即刻ブラウザバックでお帰り下さい。あ、別にこっちに対して見下したり敵対意識を持ってる人でなければ持ってってくれても構わないんですけどね。



     あとね。校内カーストとか集団内ヒエラルキーって1回固定されると、まぁまず動かないよね。誰かポカしたりミスしたりしてワルモノターゲット化されてヒエラルキー降格戦がエグく繰り広げられて下がることはままあっても、じゃあ自分より下層ヒエラルキーが何かいい事やったり、何か飛びぬけた発言をしたら昇格して見直してくれるかっていうとそんな人は少ない。そら口先では「私は人を見てるし、何か良いことをしたら素晴らしいと思うし、悪いことをしたらその罪を憂う」とは言いますよ。そしてそれは嘘で言ってる訳でもない(※ターゲットを見つけてはヒエラルキー降格戦を仕掛けるのが大好きな意地の悪い人を除く)、それも一応心で思ってることなんだけど、人間がどこでヒエラルキーが上か下かを働かすかっていうと大概が意識下の話であって、ジャイアンが表立って「のび太のクセに生意気だぞ~!」って言って、のび太がジャイアンの思うヒエラルキーの中でふさわしくないから怒るなんてのは、普通の人間では意識下での「なんかムカつく」とか「なんかアイツ偉そうじゃね?」みたいな感情の揺れで処理されるから、「あ、アイツいいことしたなぁ。アイツのことバカにしてたけど見直そう」って意識的に思う人は少数派だと思う。てか誰かを脳内ヒエラルキー(意識下)で下だと思った人が何かいいことしても意識的な部分でも意識下の部分でも「生意気な!」って思う人は大人でも多いからね…。で、意識下で「アイツなんかムカつく」で共有する人がいた。そういう人が実は多かった。更にその中の1人が典型的な騒動屋で「ムカつく」というたったそれだけの感情だけでその対象の噂をあることないこと全力で言いふらして、で、それを聞く方も「アイツむかつく」が土台にあるもんだから、真偽の程なんて二の次で受け入れられて、本人の知らぬ間にすんげー悪者に仕立てられて、集団の中でこれが多数派なんだから②のエグさ全開ヒエラルキー降格戦仕掛けていくぜベイベー!なんてのは子供ならずともイイ歳こいたオッサンオバハンでもよくある話。



     で、そんな中でね、中学時代はイヤでイヤでたまらなかった期間だったんだけど、そんな中でも仲の良い友達ってのも数人居て、その内の1人とは中学卒業後に高校は別になったが、家が結構近いことからその後も交流があるにはあったんだけど、大人になってからとんでもない結末になった話をしたいと思います。



     中学卒業後に高校は別々になったと言ったが、それもそのはず、その友人は成績が良かったので岡山五校(※下部リンク参照)の某高校に進学し、私はと言ったら1学年250人中230位くらいの成績だったので、中学卒業後の春休みに近所のスピーカーオバサンに「MESHサンとこのご長男は岡山と津山の落ちこぼれが入る高校に進学されたらしいですわよーw」って言いふらされるような高校に進学。



    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E4%BA%94%E6%A0%A1

    岡山五校



     まぁスピーカーオバサンに関しては、私の事を言いふらした4年後に今度はそいつの長男が、まさかの私の高校の後輩になるという、ダチョウ倶楽部でもそこまで身体張った笑いを取りにいかんやろってオチがついてたりしますがね…。てかてめぇの息子の成績くらい把握してから言えやw



     それでもまぁその友人とは当初は対等な友達付き合いだったんだけど、某ラジオ番組を聞き出してから歯車が狂いだしたかな。私は高校入学したくらいじゃアニメ大好きって訳じゃなくて、テレビ番組も大好きだしアニメも好きやわー。くらいの感覚だったんだけど、こないだのブロマガでも触れた高校の最寄駅の近くの本屋で月刊OUTを買ってから急速にアニメ大好きになっていったんだけど、そんな中でその友人が「アニソンばかりをかけるラジオ番組(以後「番組A」)あるよ。」って情報をくれたのでそれなら聞いてみようかって聞き始めて、最初は聞くだけリスナーで投稿とかしてなかったんだけど、その友人のペンネームがちょいちょい読まれることもあって「投稿してみようかな?」って思ってハガキを送り始めたんだけど、そのラジオ番組は当時「2万人ラジオ」って別名があるくらいの人気番組で、週1の番組で1回の放送で送られるハガキ(曲のリクエスト・コーナー宛て・ふつおた)が1500~2000通あったオバケ番組。そこで採用されるってむちゃくちゃ難関だったこともあって、最初の5か月くらいは総ボツを喰らう。そのあたりでその友人に会った際に友人は数回の採用歴があったことから「採用されるには」なんてクッソ偉そうにホザきはじめたが、「あーそうなんだー。」とサラッと右から左に聞き流してたんだけど、91年7月13日の放送でなんと1回の放送で2度の採用!(曲のリクエスト&コーナー宛て。)もう深夜0時~2時の生放送だったけど、深夜に自分の部屋で超ガッツポーズしたよね。特に2回目とか!で、翌朝9時くらいにその友人からも電話が来て「おめでとう!採用されたがん!良かったがん!(岡山弁)」ってまだ余裕のある電話が来たが、その1か月半後の91年8月31日の放送でここでもまた1回の放送で2度の採用!(曲のリクエスト&コーナー宛て)もうテンション激MAXだよね。そしてその日の翌朝もその友人から電話が来るのは来たが、すっげぇローテンション。



    私「はい、もしもし?」

    友人「あーMESHかー?おはよう。ていうかなんでお前ばっかり採用されるんなら~。なんな~お前~(岡山弁)」



     その後も20分くらいずっとローテンションで愚痴が続く続く。ほんの3か月前に「採用される為にはなー!」って意気揚揚と語ってたあの勢いはどこに行ったんだ。まぁ番組内で1回採用されるだけでもかなりの難関な中で、1回2採用を2連チャンでやらかしたしなー。そしてその後1年くらい私の採用歴はグングン伸びるが、その間の友人の採用歴は0回か1回程度。そのへんではまだ段々当たりが強くなってきたかなー。くらいだった。



     その後、翌年3月に高校を卒業した後はそのラジオの県内・県外イベントにも行くようになったし、あと岡山県内のラジオ公開放送等のイベントに行くようになって、そのラジオのイベントに行く人って10代後半が中心だったんだけど、そんな人達が集まるからどうしてもドロッドロのパワーゲームの巣窟なんですよ。当時の他のラジオのイベントや今現在のそういったラジオのイベントがどうなってるのかは知らないが、もう本当にみんなが船頭になってみんなで山に登って俺が俺がと叫びあった結果がドロッドロの足の引っ張り合いだったんだけど、割と私の性分と空気が合ってたのか、よし目立った!よし注目された!もっと!もっと!みたいな感じで有頂天になっていって、いつの間にか岡山の某ラジオ公開放送(以後「番組B」)のファンの中でリーダー格になって、で、そこの連中って大概が先のアニソン曲ばかりかける番組Aのリスナーも兼ねてたので、そっちのラジオのイベントにも番組Bのメンツで行ってて、で番組Aのイベントに行くとイベント前とかでファン同士(県内・県外の他のリスナーグループ・リスナー集団)との交流があって、割と表面的には仲良く行こうねーって感じで話が進むんだけど、それはやっぱ「自分らより目立たない範囲で」というお互いに身勝手な制限があって、そこを超えると色々とちょっかいも出る。以前のブロマガでも触れたが、番組Aのイベントにウチらが鳴り物を持って行ってて、トークの間とかで「ドンドンドンドン!パフパフパフパフ!」とかやって目立つと来るんですよ。自治会役員みたいな連中が。てか自分らも目立つ為にやってきたはずなのに、自分より目立つと急に自治会役員みたいなツラして「それは邪魔だから控えようか。」とか「自分らの鳴らし方はなってないから俺らに貸してみ?」みたいなことを言ってきたりするwていうか別に鳴らすったって、そのへんの間はわきまえてるし、MCにも「いやぁ、パフパフパフパフっていってますけど…」っていじられた程度でそんな状態でイベント開始1時間経ってもMCにもスタッフにも注意されてないのに自治会役員どもは言ってくるし、せっかく鳴り物で目立ってるのに何が悲しくてその得物を無償で貸さんとアカンねん!だからまぁ普通にまぁまぁまぁまぁ言いながら弾き返して鳴り物を鳴らし続けて自治会の顔が歪む感じを優越感たっぷりに見たりしてましたねwww今考えると本当にロクでもないんだが、当時はそんな中で俺が俺がの山を押しのけて登ってる気分だったし、途中まで順風満帆だったから楽しいというか快感にも似た感じもあったが、やっぱそんな感じが長く続く訳もなく、番組Aの県外イベントに番組Bのメンツで行くと、割と私(リーダー)がそういって切り開いた恩恵はガッツリ受け取るんだけど、じゃあ毎週やってる番組Bのイベントが終わってマクドやミスドで毎回ファンが集まってダベってるんだけど、県外のイベントで恩恵受けまくってるのはどこへやら。ここでは自分が船頭ポジションというか軍師ポジションというか、「軽挙妄動をやるMESHをどう上から説教するか。」みたいな何とかアイツを抑え込んでアイツが今まで稼いできた番組での採用回数やイベントで目立った度合いを総取りしたいみたいなことをみんなやってくる。もちろんあの中学時代の友人も。私がボツってるウチは「良きかな。良きかな。じゃあ俺がお前に指南をしてやろう。まぁお前学校の成績もアレだったしな。」みたいな感じでやってくるが、番組への投稿もイベントの参加も私より先でまだ出来てないお前に教えたるわー、こんなに目立ってなーとか言って調子こいてたヤツが、見下してた相手に採用回数も抜かれた、イベントでの目立ち具合も抜かれた悔しさをここぞとばかりにブツけてくる。何かにつけてgdgdgdgd説教してくる。それに反論してグゥの根も出なくなると「お前は小さい小さいw」などととにかく上から侮辱する言葉を投げながら強制的に話を終わらせようとしたりね。



     そしてその憂さをとんでもない所で晴らし始めた。インターネットである。当時は1993年なのでまだパソコン通信と呼ばれてた物である。私は当時パソコンを持っていなかったからそこでどんなやりとりがされてたのか知らないが、その中学時代からの友人がFM-TOWNS持ってて参加してたのだが、ここでもう本当にとんでもないことをやらかす。この頃になるとその友人との関係性は最悪で、顔を合わせればgdgd説教しあう感じでお互いに口汚く罵り合うようになってて、もう友人とは呼べない感じになっていたが、その様子をパソコン通信に流して、その反響がどうも「その友人が圧倒的に正しくて、めっしゅの靴下は横暴だ!」みたいな論調になって、しまいにはそのパソコン通信のやりとりを見たMCがその番組のイベント前のふれあいコーナーみたいなので「最近パソコン通信とめっしゅが揉めてるみたいだねぇ。まぁめっしゅも文句言いだしね…」などと言いだして、もうなんか文句を言うMESHが一方的に悪くて、それをなだめる俺らが正義側!秩序を守る側!みたいな雰囲気になって(※まぁさすがにMCのあの発言に関しては後日MC本人から文面で謝ってもらいましたが)、もう本当にとんでもないことになっていたが、私はパソコン通信をやってないので「結果お前は悪人だ」とは聞いたが、どういうやりとりがあってそうなったかというのを見てないから、そのやりとりの部分をプリントアウトしてくれや。とその友人に頼んだら、「ほれ、これがプリントしたものだ」と持ってきたのだが、読んでみてビックリ。実際には私とその友人は両者共口汚く罵り合っていたはずが、


     めっしゅはイベントに行くたんびに仕切った!仕切ったで~!って煩いんですよ。俺の天下だ~と言わんばかりに。(※ここまでは事実。実際当時の私はそんな感じだった)でもね、僕はそういうことに目くじら立てずにみんなで仲良くわきあいあいと楽しむのが大好きです。彼の気持ちがわかりません。(※これは嘘wてかパソコン通信の文字列以外でヤツのこんな発言聞いたことねーわw)


     …等。どこを切り取っても「MESHがとにかく野心家で、他人を足蹴にするのが大好きで、地元(岡山)でのイベントでも専横しようとしていてみんなに嫌われてる!そして、僕はそういう汚い部分を好みません。それは人を不幸にする考え方だからです!」的な天使と悪魔のせめぎあい風に書かれている。こんなバカな文章に騙されるヤツおるんか?と思ったが、そこのパソコン通信の連中はその友人のキラキラぶりっ子路線にまんまと引っかかって、そこから「MESHはなんてヒドい&未熟なヤツなんだ!」みたいな援護論調が続いてる。



     …えっと、顔を合わせれば口汚く罵り合い、その友人がやりとりの中で押されて言葉に詰まったら「そんな返答しか出来ないなんてお前は小さい小さい!www大局を語れる器じゃねーわ!www」みたいなこと言って逃げて強制的に話を中断しまくってたのはどこの誰だと思ってんだろう…。



     半ばあきれ気味に1つ1つ「ここが違う」「ここも違う」「俺は確かにこんな口調だったけど、お前こんな天使全開な返答なんかしてへんやろ。お前も同じような事言っとったやんけ」とチェックを入れて、さすがに全部をパソコン通信に乗せると通信代もバカにならない(※1993年当時のパソコン通信の通信料ってすんごい高い)から、総論としてお前がここで書いたことが1人で妄想が膨らんでそれを書いたってことを説明しろ。って言ったら割とあっさり納得したのだが、その結果がこちら



     「ぼくとめっしゅとのやりとりをここに書いて、そのみんなの反応を伝えているウチに感覚のズレがあったようで、「なんじゃこりゃー!俺はこんなん言っとらんわー!」と怒られました。なので彼が伝えたいことがみなさんにうまく伝わらなかったようです。ぼくの文章力不足が招いた結果のようです。申し訳ありませんでした。」



     もうあの時のプリント用紙持ってないから詳細にはわかんないけど、大体こんな感じ。そしてヤツの大失敗はパソコン通信上では「いいよいいよ。誰にだって失敗はあるよ。」で済まされて、何が残ったかというと「MESHは常にドス黒いことばっか考えてるロクでもないヤツ」という印象と、その中学時代の友人がそれを諌めるキラキラぶりっ子路線が無事成功し、いいヤツとして認識されました。



     …ふざけんな。



     で、ここで本題に戻るけど、彼の中にあったヒエラルキーって「ぼく:学力もあって、番組に投稿したらそこそこ採用される。イベントにも行って積極的に活動する。」「MESH:学力もなく、投稿も総ボツが当たり前、イベントに行っても極めて普通。」みたいな感じだったのが、その格下にいたはずのが、立場をひっくり返されて湧いてきた感情「なんかムカつく」が最後らへんの軍師気取りの罵り合いや、私(MESH)の手の届かない場所での印象操作だったのだろう。てかもう20年近く会ってないけど、おそらく未だに彼の心の中のヒエラルキーや立ち位置・2人の関係性って私がまだ1度も採用されてない1991年6月あたりからアップデートされてなくて、そんな中で立場をひっくり返されて、有頂天になって俺が俺がとやっちゃうつもりの部分がそっくりそのまま持って行かれたのって、彼の中では秩序を乱す行為だったんだろう。自分の意識下にあった秩序をなんとかMESHがいない所で自分の秩序をさも正しいように訴えて相手を自分の秩序下の立ち位置に戻したかったのだろう。そしてパソ通で自分の清廉潔白さとMESHのドス黒さを語り続けた上で得た勝利。さぞかし楽しかっただろう。そして私は番組Aも番組Bも聞くのをやめてしまってラジオを聴く習慣がそこで途絶えたということになったが、ここで今一度考えたいのが「秩序」って何って話。ネットで「秩序 意味」で検索するとこう出てくる。



    物事の正しい順序・筋道。「―立てて話す」。社会などが整った状態にあるための条理。



     はぁー。なるほど。社会などが整った状態にあるための条理ですか。まぁ秩序って言葉の意味はそんな感じだけど、じゃあクラスの中で誰か1人がむっちゃ見下されてて、パシリにされて、カツアゲされて、机に思いっきり刃物で傷を付けられて、体操着やら上靴とか教科書とか盗まれて、ちょっとムカついたらそいつ殴って「あースッキリ!なんかアイツ暗いし殴りたくなるんだよねー。」って地獄のような人間関係が展開されてて担任教師も「おいおい、やりすぎるなよーw」みたいに止めるどころかむしろ煽るようなロクでもない状況も、イジメられた1人以外にとっては多分「秩序」だよね。で、そのイジメられた人がどう考えても理不尽不条理な環境を誰に相談しても「我慢しろ」「お前にも原因があるのでは?」みたいに言われて一切解決しない。それを苦にして自殺して、自室から遺書が出てきてそこにはイジメられたことがこれでもかと書かれてそれがマスコミに公開されました。その時点で多分秩序は書き換えられる。「イジメなんて無かった」「教師には一切報告なんて無かったし、みんな仲良くいい子だったと思います。」に無事シフト。自殺&遺書公開の時点でガラッと空気が変わって「我慢しろ」「お前にも原因があるのでは?」みたいに言ってた連中も「あの子の様子がおかしくて変だなーとは思ってたんですけどねー。」とか言いだす。イジメた人が特定されて学校や教師がやり玉に挙げられたら当人連中の中には「なんでアイツ自殺すんのよ!あいつは生きてイジメられ続けることが秩序だろうが!秩序を乱しやがって!」って思う者もいるだろうし、ヘタしたら、学校の先生や教育委員会の人が思うパターンもニュース見てたらありえるんじゃないかと思えてくるんだが、ここでもう1回文科省発表の不登校の理由一覧を見てみたい。



    https://futoko.publishers.fm/article/20440/

    不登校新聞



     教師や文科省が考える「秩序」って何よって話じゃない?いや別に私はアナーキーに「学校なんかいらない!」とか「今の学校制度は100%ダメだ!」って言いたい訳じゃなく、キチンと管理運営できてる部分も多いし、いい先生も多いし、現在日本に無くてはならない制度だと思ってるんだけど、どうしても強者寄り・イジメっ子寄りの秩序が当たり前のように横行してる所も結構あるよなー。ってのは思う。別に先生だって全知全能の神じゃないから失敗もするだろうし、若いウチはとんでもない行動に出ることもあるだろう。(※昔いた会社の総務部長から聞いた話なんだけどね、私が卒業した数年後に私の母校(あの高校)に求人を出しに行ったんだけど、学校に入って進路指導室のドアをノックして失礼しまーすって入って行ったら若い男女の先生がキスしてたらしいwてかドアを開けたのが総務部長じゃなくて生徒だったらどうすんだよw)それでも今の一部の学校や教育委員会ってその団体の為に秩序があって生徒・学童が二の次三の次ってパターンも多いんじゃないかな…。



     ていうか私なんか小6のホームルームの時間に先生が「歯を磨く時に水道の水を出しっぱなしにしてる人は手を上げて」って言ったんだけど、イマイチ聞き取れないし質問が何かわかんないけど、他のみんなが上げてるし上げとくかってんであげてみたら先生が私の顔を指さして「MESH君の家は貧乏だからそんなこと出来ないだろう」って堂々と言いやがったからねw今でも忘れんよアレは。学校カーストが下のヤツだしちょっとバカにしても大丈夫だろうってクラスの雰囲気を先生が作りだしてどうすんねん。学生時代にはっちゃけた事もせずにお山の大将になろうともせずに、お山の大将のまわりでgdgd言う青春時代を送って大学の教育学部を卒業して「権力」って何かとか、「権利と義務は一対」とか全然わかんないままその役職についてる人も多くないかな?って気はするよ。そう考えると文科省が先生に調査してみた結果あんな感じでしたって堂々と公開してるのは普通に怖くない?



     次回につづく。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。