脱線しまくりの延長戦。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

脱線しまくりの延長戦。

2019-07-04 15:00

     ※写真や画像が貼られている場合、いくらか縮小された画像が貼られています。クリックすれば大きい画像や写真がみられるのでよければどうぞ。



     ※当ブロマガは倉敷クイズ会某クイズ団体関係者の閲覧を堅くお断りしております。私はあなたがたに見下され、なめられ、自分が守る気のないモラルコードを上から目線で命令される為に生きている訳ではありませんし、書かれている文章やエッセンスをパクられる為にこのブロマガをやっている訳ではありません。即刻ブラウザバックでお帰り下さい。あ、別にこっちに対して見下したり敵対意識を持ってる人でなければ持ってってくれても構わないんですけどね。



     えっと。Nスペの不登校番組を見た感想ブロマガの延長戦です。まぁ不登校とはあんま関係ないエピソード入れまくったなーとは思うものの、それでもさすがに「余計だな」「さすがにこれは脱線しすぎ」「脱線はしてないんだけど、これをこの流れで入れるのはどうかなぁ…」って話はさすがに外してたので、そんな感じのちょっとオマケの話。



     (4/5)で触れた、私が19歳か20歳の頃にあったラジオ仲間とのとんでもねぇ軋轢。裏で私以外が私のことを「ウゼェ」「出しゃばりすぎ」とかウダウダ言ってたろうなーとは思うけど、他の集団がどうかはしらんが、あの集団に関しては「自分がいるべき場所にアイツがいる!なんで俺じゃない!ムカつく!」が大概の原因。みんながみんな「俺が俺が」の世界でよーいドンでやってきた結果だもん。和気藹々とする世界が好きな割には自分の功績だきゃ自慢げに話すし、イベント(番組A・番組B共に)とかじゃ会場のポジショニングとかむっちゃ気を使うし、目立とうとして来てる訳。で、番組Bは週1の公開生放送で毎週毎週顔を突き合わす感じだったけど、番組Aのイベントがあってそれに行くってなったら、私の呼びかけにとりあえず応じるし、私の知名度をフル活用してくるし、申し訳ないけど私抜きのあの連中じゃあ最前列に位置取るのとか、目立った時に出てくる自治委員会みたいな連中の攻撃を弾けるかって言うとどう見ても無理目な連中なんだけど、そこは私が前へ前へと切り開いた恩恵は「ゴチッ!」って感じでキレイにたいらげてくるし、いい目を見れる部分は遠慮なく食いついてくるんだけど、そんなだったらそっちだってそれなりの態度があろうだろうよって思うが、そこ以外の部分は私の足をなんとか掬おうと必死なのね。知名度や恩恵等のオイシイ所は遠慮なく食いつくけど、それだけじゃ物足りなくて、自分がリーダーになってMESHを手駒として使いたいって思って来始終攻撃してる連中だったりするんだ。そんな連中がキレイな訳ないやんけ!



     1つの例として中学時代の友人がパソ通に悪口を書くちょい前の話になるんだけどね。私が有頂天になってて「番組A(県外番組)への投稿をしていく中で、やっぱどうしても地元(放送局のお膝元)の勢いってやっぱ強いと思うんだ。そこで、ウチらはウチらで連合を組んで岡山県民の採用率を上げる為の対策しねぇ?とりあえず第1回会合としてその組合の名前決めようぜ!俺リーダーで。」とか言いだして、私以外に8人くらい集まってダイエー1階のミスドの隅っこで話し合って、でみんな1コづつ案を出して、1人3つ選んで得票が一番多かった名前にしようぜ!ってなってその結果私が出したグループ名(※もうアレどんな名前だったか忘れたな…)に決まって、翌週第2回会合やろうぜ!ってなったら私以外には2人しか来ない。もちろん私の人望の無さでもあるんだけど、来なかった6人(中学時代の友人も含む)に理由を聞いたら全員が全員こう言い放つ。



    「え?俺は名前決めだけの参加よ。アンタの団体に入るつもりなんかないよ」



     もう「忙しいから」みたいな社交辞令なんてスッ飛ばした本音of本音。団体に参加はしたくないけど名前の決定権だけ欲しい目的は1つしかないよね。「正式にアイツがリーダーの団体に入るなんて我慢ならんけど、MESHがあんな団体を立ち上げて上手くいったら『あれの名前つけたの俺なんだー』って言いたい」これしかないよね。で、そんな中で中学時代の友人がパソ通に


    「MESHがとにかく野心家で、他人を足蹴にするのが大好きで、地元(岡山)でのイベントでも専横しようとしていてみんなに嫌われてる!そして、僕やイベントの仲間の大半はそういう汚い部分を好みません。それは人を不幸にする考え方だからです!」


     って書いてたけど、本当に私だけが俺が俺がの世界に生きてて、私以外はそれを好まない平穏を愛する集団だったらこんな企画には名前決めすら参加しないし、名前決めだけ参加してあとはドロンなんて不誠実なことせんやろ。



     そしてこの話はここでは終わらない。仕方ないから参加してきた私ともう2人の3人で第2回会合やったんだけど、2人のうちの1人は高校からの友人で割とこの企画にも前向きに参加してきてくれてたんだけど、問題なのはもう1人。私より3つか4つ年上の人なんだけど、役割分担きめようぜーって話になるとしこたま拒否しまくって何もしない。でも話し合いのさ中にやたら上から目線で説教してくるから聞いたんですよ。



    私「えっと何しに来たんスか?」

    そいつ「えーいやー、俺は一般団員としてじゃなくて、スーパーバイザー的な位置での参加をしようとw」



     誰もそんな役職作った覚えがないのに勝手に上位職を作って勝手に就任してたよ。もう笑うしかねぇw



     で、こんな状況になってストレス溜まったから元々は岡山のラジオ仲間だけど、県外の大学に行った1つ上の先輩に電話をしてこの状況を説明して「いやー、マジでありえんわー。スーパーバイザーってなんやねんホンマ!」って愚痴ってたらその先輩の返答が



    「それはもっともじゃなー(岡山弁)。ていうか岡山県民の採用を上げるって団体の性質からしてスーパーバイザーって県外の人になってもらうんが普通なんじゃね?例えば…、俺とか…。



     お前もかい(心の声)。仕方ないから「え?●●さんスーパーバイザーになる気なんスか?」ってものっそい懐疑的なイントネーションで聞いたら「え?いや冗談よ冗談w」でごまかしたけど、話の展開次第ではなる気でいただろあの人。こんなエグい上昇志向をもった連中が「俺が俺が」の世界が嫌いな訳ないやん。俺が俺がで負けた人達による勝ったやつの足引っ張りたい、勝ったヤツの功績を掠め取りたい。こんなことを当たり前のようにやってんのに「ワタクシタチハ綺麗ナ存在で調和ヲ大事ニシマス。MESHハソノ調和ヲ崩シテキタ。」とかよく言えたなー。そして当時のパソコン通信の連中まんまと騙されたなw尚、採用率を上げるとか上げないとかの団体はその時点で瓦解しましたw第3回会合は無かったですwww



     あと、ブロマガ本編で番組Aのイベントでドンドンパフパフ鳴らしたって書いたけど、元々番組Bの毎週の公開生放送の中でMCとかに事前に連絡とかせずに私が勝手にトークの合間とかでパフパフパフパフ!って小さいラッパを鳴らしたのが始まりで、そしたらその翌週以降みんな対抗意識バリッバリででんでん太鼓とかトライアングルとか持ってきて番組の合間に鳴らしてたのがきっかけで、そのノリを番組Aのイベントに持ち込んだって話なのね。そんな中で他の連中も一緒にドンドンパフパフチリンチリンと鳴り物を鳴らしまくってたし、番組Aでのイベント開場時に「最前列の取り合いなんてよそうよ」なんて誰も言わなかったし、私が「よっしゃー!どけどけー!」ってやった結果最前列の場所をとった時にも誰も反対論なんて言ってなかったし、みんなそこに乗っかって盛り上がってたはずなのに、「なんかムカつく」という意識下の秩序を守る為にパソコン通信で魔女狩り裁判を行って見事に悪者にされたって話って、俺もっと被害者感出して話してもいいくらいだと思うし、今でも彼らは「あのヒエラルキーのまま」だろうし「この秩序を守る俺らが正義!MESHが悪!」で通ってるのって結構ヒドい話じゃね?



     あともう本当に余談だが、いつだったか「たけしの“これがホントのニッポン芸能史”」でラジオ番組がテーマの放送見てて、70年代後半~80年代の公開生放送や公開録音の様子がチロッと流れてたんだけど、ドンドンドン!パフパフパフ!イエーイ!って感じの80年代末~90年代初頭の頃の私が見た光景とあんま変わって無い状況が放送されててビックリした。年代が違ってもやること一緒やな~ってw



     まぁ若かったしロクでもない話だよなー。でもやっといて良かった経験ではあったと思う。こういう経験が無かったら未だに自分の中に「俺が俺が」の部分があるなんて認識してない可能性だってあるよね。てか、典型的騒動屋の人やそれに引っ張られる人って、俺が俺がのテンションで他人の足を引きづり降ろす行為が大好きなクセにそんな自分の言動の汚さを直視できずに「自分はそんなこと考えてないし、アイツみたいな考え方は不潔だし、ボクはみんなで和気藹々やりたいです!」などと息を吐くように言いだすからね(※本編のブロマガで書いた「私は何もしてないけどMESHが突然キレた」と言いやがったババアとかモロそっちだよね。ちゃんと逆らえる逆らえないの区別をした上で弱そうなヤツをロックオンして多対一でヒエラルキー降格戦仕掛けた上に相手に泥をかぶせながら逃げる道も確保とかどう考えてもそっちの人)。もう立派なモンスターだよ。まぁそっちの方が生き易いのは生き易いんだよね。同調する人は多いからw



     あとね、今回のブロマガ本編を書いてうpってしばらく経った後に思い出したんだけど、今回槍玉に挙げた中学時代の友人。彼も中学時代はイジメられっ子だったのね。彼の進学先が岡山五校のどこかって書いたけど、当時の岡山五校選抜って通ってる中学から一番近い五校の校舎で受験するし、五校の中の希望校の欄には大体みんな最寄りの高校を書くし、合格したらその受験した最寄校に100%ではないけど大体が進学するようになるんですよ。ただ受験に行った先の校舎内で同じ中学の連中から多対一でからかわれイジメられるって騒動が起きてテスト自体は合格だったけど、さすがにそんな騒動があった最寄校に所属させるのはどうかってんで五校の中の別の高校に所属になったって事があったくらいのイジメられっ子。(ていうかイジメっ子の方もよーそんなこと受験会場でやったなぁ…。イジメっ子本人は受験の合間のからかい程度だったんだろうけど、そういう反応するの知ってやってたろうに…。)私は同級生からはからかい程度のそんな深刻なイジメじゃなかったけど、下級生がエグいイジメを展開、彼は見た目も体格も普通だったから下級生はそんなイジメては来なかったが、同級生からのそういった行為が結構あった。だったがそんな彼にも心の中にヒエラルキーがあって、表面上そんな風には見えないが、自分より下の階層に誰かが居て、それを秩序だと思って、私の目の届かないパソコン通信に名指しで「ボクは天使だけど、MESHは悪魔」というノンフィクションのようなものを書き上げて意識下にある秩序を保とうとしたんだよね。やっぱ誰の心にだって正もあれば邪もあって、誰かを差別したい気持ちもあれば、差別なんてよくないよねって気持ちもある。文字列にすると「そんなこと誰でも知ってるよ!」って言われそうだけど、誰でも知ってたらこの世からイジメはもっと減ってるはずで、イジメる方って「相手は自分よりヒエラルキーが下だからここまでやって大丈夫」みたいな勘違いを起こすし、他人が同じような勘違いを起こしたりすると「なんでそんなことを!」って厳しい目で見てくるんだよね。でそんな中で私は見た目弱々しくたって一応昭和49年3月4日に生まれたオッサンだし、年下に見下されたら普通に怒るし、そんな状態でヒエラルキー降格戦を仕掛ける連中が望むようなヘラヘラした態度なんて出来ないし、鍵垢こじ開けられて多対一で監視され、多対一でどうでもいいことまでgdgd説教言われて、鍵垢の中でのつぶやき(家の中での独り言)にまで1回りも2回りも年下の連中が鍵をブチ壊して家の中に土足で入ってきて家の中を荒らされまくって、そういう行為をなんとも思わないネット暴漢みたいな連中が私の胸ぐらを掴んでスーパーバイザー気取りで説教してきたりしたら死にたくもなるし、そこを指摘したら「人間、みんな悪いんだから許容や寛容が必要だ。だからお前も私を許せ。無条件で!」と更に正義の棍棒で追撃してくるネットレイパーみたいな連中とかがストーカー状態になってるとか生きる気力なんかおきんよ。まぁこうやって言った所で当の本人はそのへんの感覚が麻痺してんだから理解はしてもらえんとは思うが。



     あと、ブロマガ本編で教師の悪口をgdgd言ってたけど、個人的にはいい先生も多かった印象があって、厳しかったけど、今にして思えばいい先生だったなーって思うことも多々あります。(※但し、小5~6の時の担任と中2の時の担任は今でも許せない気持ちでいっぱいだがな!)マホらん時代のブログでも触れたが、中1の時の担任が筋肉質&上下ジャージ。どっからどう見ても体育教師にしか見えないが担当科目は音楽。そしてもう怒られた怒られた(※無論私が悪さしたからなんだが)。中1の3学期の終業式の日にはクラスの中で素行の悪い者18名がホームルーム後に残れと言われて横1列に並んで「お前らみたいな性根の腐ったのをこのまま2年生に進級させる訳にはいかん!」とか言って30分くらい説教しだして、しかもシメには横一列のハジから1人づつほっぺに一発づつビンタを喰らうとか多分今だったらPTAが煩そうなことがあったけど、でもあれは今思えば「あー結構痛かったけど、あれは喰らって良かったかもな」って思ってるし(※あ、普通に18人の中の1人でした私w)、中3の時の先生も厳しくてよく怒られたなー。てかね、女性教諭で悪さした子にはすんげぇ厳しくて、その先生の下の名前が「雅美」だったもんだから付いたあだ名が「デビル」(※なんでこのあだ名になったかわからない若い子は「デビル雅美」でググってみよう)。もちろん本人にそのあだ名を言った勇者は多分いない。もちろんデビル雅美先生もいい先生でしたよ。



     高校は特にヤな先生とかいなかったなー。まぁ全体的にゆるい学校だったしね。休み時間とかに学校のトイレでタバコ吸ってる連中(※もちろん見張り体制完備)が文化祭の演芸大会でバンド組んで体育館で歌唱演奏することになって、で、文化祭の催し物なんで事前に先生に申請書出すんだけど、申請書のバンド名が「Heavy smoker(s)」で出して、それで通って(※まぁさすがに「お前らこのバンド名は教師ナメすぎだろw」ってツッコミは入ったとは思うがw)文化祭当日に演奏したんだけど、普通に上手くて演芸大会の大賞に選ばれたはいいが、表彰式の時にそれを読み上げる先生が「えー大賞は…(この名前読みたくねぇなぁって間)…ヘビースモーカーズ」って読み上げたら、80年代ツッパリファッションした連中が一気に立ち上がって「いえーやったぁー!」ってテンション激アゲ状態だったのは未だに覚えてる。(尚、Heavy smoker(s)の最後が(s)になってたのは多分ジュンスカオマージュ。)



     あと4時間目になんかしらの授業があって、その時にやたら寝るヤツが多くて「おいおい今日は寝るヤツ多いな。3時間目なんやったんな。体育?あー、プールか。そりゃーねみーわwもう寝たいヤツは寝ていいぞー。勝手に授業しよるからw」みたいなこととか、高校2年の時に1学期の単位だったか点数だったかが足りなくて他の人より夏休み開始が3日程遅かったことがあったんだけど、その補習の日がクソ暑くてねー(もっとも、あの学校のあったあたりは盆地で夏暑くて冬寒いとかいうドえらい立地の高校で、さすがに冬場はストーブと石油が配られるんだけど、夏場はエアコンも扇風機も無いひたすら暑さに耐えなきゃならん学校だったからなぁ…)。半袖カッター&学生ズボンで通学して、学校で補習用のプリントやってたんだけど、補習開始20分で腕の汗が原因でプリントがふやけて破けてしまって、それを見た先生が「あーお前ら、今日は暑いからもうええわ。今日の分の補習(半日)やったことにしとくけー、もう帰ってええぞ。」って言って学校近くのツレん家行って遊んだりしたし、高3の夏休みの時に「ソ連8月クーデター」が起きたんだけど、起きた当時はゴルビーが病気療養って発表があるかと思えば、実は国家非常事態委員会がゴルビーを別荘に軟禁してて大変な事態になってるわ、そうかと思えばエリツィンが戦車の上でアジってて、この事態を支持する国もあれば、エリツィン・ゴルビー側を支持する国もあるわ、日ごと夜ごとに情勢が変わって行ってて中々大変な事態だったのだが、日が経つにつれどんな事態だったかわかるようになってきてそんな9月のある日、世界史の科目だったか政経の科目だったか忘れたが、その社会科の先生がチャイム後に入って来て「よーし!お前ら今日は教科書もノートも使わんぞ!先月のソ連の一連の騒動についてここに居る全員で語り合うぞー!」って言って1時間潰してずっとその話をしてたりな…。(※もっともこの後、この1件が原因でゴルビーが求心力を失ってソ連崩壊するわ、その時アジってたエリツィンが台頭するし、色々あって国も国民も貧困状態に陥ったり、チェチェン侵攻に突入したりとそっから先のソ連・ロシア情勢はずっと大変なままだったけどね。)まぁゆるかったけどそのゆるさが合ってたし楽しかったな。



     そういや、最近はニュース等で「修学旅行先で引率教諭が引率らしからぬ行為をしてて問題だ。」ってのをちょいちょい聞くけど、ウチの高校の修学旅行の行先って富士山&東京で、初日(木)に新幹線で新富士まで行って、そこからバスで富士山5合目まで行って、何時間か5合目でほっつき歩いて、その後バスで宿泊先に行って、翌朝のバスで富士山近くの宿泊先からバスで東京まで向かって東京で2泊して4日目(日)の昼頃の東京→岡山の新幹線で帰るってスケジュールだったんだけど、初日の富士山5合目ほっつき歩きが終わって、バスで宿泊先に行って16時くらいに着いて、「晩飯まで1時間か1時間半くらいあるから、それまで自分の部屋で待機なー」って言われて男10人か15人くらいの大部屋で「あー結構疲れたわー。トランプでもするー?」とか言ってたら20代の男性教師が部屋に入ってきて「おいお前ら!AV見ようぜ!俺が金出しちゃるけー。」って言って20代の男性教師と10人~15人の男子高校生で修学旅行先でAV見たのもいい思い出なんだけど、今あれをやると炎上するんだろうなー。男子高校生の誰かがSNSで「●●(20代男性教師)が修学旅行先の部屋に来て『AV見ようぜ!』って言いだしてみんなでAV見てる。クソワロスwww」とか書いたら炎上劇スタートだよね。世知辛い世の中になったもんだ。


     あ、ゆるい雰囲気の高校だったけど、一応イジメとか事件とかもちょいちょいあってね。ウチらの代はあんまイジメとかなかったけど、ウチらの2つ上の代の時にイジメが発生してそのまま登校拒否になって出席日数が全然足りなくて1年ダブった人が翌4月に新1年生に交じって登校し始めたんだけど、そこでまたイジメが発生してそのまま登校拒否になって、さらに翌年4月に新1年生としてウチらと同じクラスで一緒に学生生活がスタートしてそこではイジメが発生せずに本来の2つ下であるウチらと同じ代として卒業したって人もいたし、学校帰りの津山線で隣りのユゲコーのヤンキー4人がボックス席からフクコーのマジ坊1人を煽ってたんだけど、その煽られた1人(※マジ坊。てかそいつとは中学も一緒だったけど、ヤンキーとかじゃない。)が突如ブチ切れて車両連結部にある金属の棒(※と言ってもそんな凶器がそのまま置いてる訳じゃなくて、イメージとしてはこんな感じの棒)






    こんな感じ



     少々の力自慢でも引っこ抜くなんて無理そうな金属の棒なんだけど、今の私と大して変わんない華奢なマジ坊が、その棒を力任せに引っこ抜いて(※多分、本当の意味でブチ切れたんだろうな…)そのままユゲコー4人組の中でも一番調子こいて煽ってたやつの所に行ってその金属の棒を頭めがけて十数回ほど振り下ろすように殴打する事件とか。ていうか私はその場所に居たんだよね…。位置関係としてはこんな感じ。






    位置関係



     まぁ、ユゲコーのヤンキーがなんか煽ってるけど、煽ってる相手が誰なのか見えないし、ヤンキー同士のメンチの切り合いだったらそこに参加とかしたくないし当初「あーやってんなー。」くらいにしか思ってなかったんだけど、そんな中で中学から同じマジ坊(※別に親しい訳じゃない)が出てきて即暴力行為。もうその場がフリーズしたよね。多分私以外にも同じ状態だった人は多いと思うんだけど、「金属の棒で頭部を十数回殴られてる!怖い!自分の所に来なきゃいいけど!」とか「ヤツを止めなきゃ!」みたいなそんな感情が出てこない。出てくる感情は「え?え?え?何?なんなん?え?は?えええええ?」その状況が理解できなくてとりあえず理解しようとするだけで必死だから身体もすくむし言葉も出ない。人間非日常すぎる事件とかに遭遇して即行動するなんて無理だわーって思ったなー。そしてその後どうなったかと言うとキレて頭部をボコ殴りにした生徒は即退学。退学になった生徒の担任と副担任はそれから2週間くらい目の下にクマが出来た状態で授業しててさすがにみんなで「先生大丈夫かな…」って心配してたし、殴られた子がどうなったかは聞いてないんだけど、多分…搬送先で亡くなったか、奇跡的に意識を取り戻しても重度の後遺症が残る結果だったんじゃないかな…。その事件があってその次の駅で長時間停車になって駅に来た救急隊員に担架で運ばれる様子もそのロングシートから見てたんだけど、頭部がとんでもないことになってたもん。もちろん医学的にみてどうなのかはわかんないけどパッと見がそんな感じだった。



     そういや、去年9月に元アイドルの人がひき逃げをした事件があってその時の動画が出回った際に「え?ひき逃げがあってそれを放って横断歩道を普通に渡る人はなんやねん!人の心がないんか?」って批判されてたけど、あれ「ひき逃げされた人なんてどうでもいいわー」って思ってたんじゃなくて、あまりに非日常すぎて事態が呑み込めなくて「え?え?え?何?何なん?なんかわからんけど青信号やし渡ろうか…」って狼狽&混乱しまくった結果の行為じゃないかな。なんかそんな気がする。あれはそういうことを処理する職業(警察とか)に就くか、たまたまそういう経験を数度した人とかじゃないと、初見であんな事態が起きた際に誰が見ても文句を言われない対応をするなんて相当頭が回って度胸のある人じゃないと無理なんじゃないですかね…。



     ていうかさっきの暴力事件の時、殴られたヤンキーが座ってたボックス席には同じユゲコーのヤンキー仲間がもう3人いたけど、その3人もフリーズしてて殴られてる最中も一切の手出しもキレたヤツを止めるとかも出来なくて、殴られてグッタリしてるヤツに声を掛けたり車掌を呼んだりっての、キレたマジ坊が去って10秒20秒経った後での話だしな…。



     まぁ、今回はこんな感じで。(-_-)ノ


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。