世知辛い浮世ですなぁ…。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

世知辛い浮世ですなぁ…。

2014-10-12 16:00

     ※写真や画像が貼られている場合、いくらか縮小された画像が貼られています。クリックすれば大きい画像や写真がみられるのでよければどうぞ。



     …退職愚痴全開日記は、一応書いたんですが、読み返してみると、なんというかいくら実名を伏せてるとはいえ、こんなえぐい話を公開してええんかいなって思いがふつふつと(※まぁ親戚血族から受けたいじめ・虐待よりかは幾分マイルドだが)。なんで、PCのDディスクに入れて封印しておこう。なんかあった時はウチのPC開いて見てみてくれ。まぁ過去に書いてない話を軽くまとめると「この会社で頑張ってもムダ」。うん。実績積んでも評価なんかされないし、プラス評価はされないがマイナス評価は他の人より多めだし、いやがらせはエンドレス。もう無理。あそこで働くくらいなら餓死した方がマシ。うん。



     あと、前の派遣先の頃からウチのTwitterアドレスがどっかからバレてて(※バレた原因は多分アイツやと思うんやけどなぁ…。)、ウチの会社で見せない顔(と言っても別にリアルとネットで性格を分けてることはないけどね。長い付き合いの人ならわかると思うが。)を知ってるってだけで得意顔で接してくる年下のバカが若干名いたのがなぁ。そして前の派遣先と今の派遣先でバレてる以上、今後どこの派遣先に行ってもそれが付いて回るんだから、派遣会社を辞める以外に防御方法ないもんコレ。干支1回り以上年下でも平気で俺のことをクン付けしてくる異常極まりない職場だったし。ていうか向こうがウチのTwitter知ってるってだけで得意顔になるんだったら、もう会社辞めたことだし、そいつらの実名をここに挙げてやろうか。また発作が起きたらそういう日も来るかも知れません。



     そういやTwitter関連で言えばここ数年「連中にこのアカを監視されてる」前提でつぶやいていたこともあったので、関係ない人にはわからないことも多かったろうし、誤解されることもしばしばあったと思いますが、今後はそれも無くなると思います。具体的に1つ挙げると「30過ぎたんなら親元を離れて独り暮らししろ!いい年こいて親離れも出来ない甘ちゃんにナメられるいわれはねぇよ!」的なこととか。コレ実は具体的にモデルがいました。何人か。もうそんなこともしなくていいんだねぇ…。それだけで少し気が晴れます。あ、その時にも補足を入れてましたが、親に甘える同居ではなく、親を支える同居であればそれは充分自立だと思います。片親であったり両親が自分と一緒で支えないとならないのであれば、それは同居すべきだとは思いますし。まぁウチみたいに虐待・いじめが重なった状態だと親を助けようなんて微塵にも思いませんが。



     病んでるうんぬんについては、会社に辞めるって言った後の話なんだけど、近所の高架橋を通って歩いてコンビニに行こうとした時に、その高架橋ってのが地上3階くらいの高さなんで、以前はなんてこともなく通れたのが、急に「もしこの橋が壊れたら俺死ぬ」って考えが頭の中でいっぱいになって、ガクブル状態になってその場でヘタっちゃったのね。実際に壊れたら即死確実な高さだし、可能性も0%ではないが、そんな非現実なことで足腰ガクブルになるほど精神的に追い詰められてたのかと思って余計にガクブルになったことが。その後通行人がこっち来そうだったので、なんとか橋の地続きの面まで壁にもたれながら行ったのだが、正直、今後どうなるかわからんなコレ。その後も車で川に掛かる橋を通る時にそればっかりが頭の中を占めてしまって怖くなります。次の勤め先がみつかるまでに少しでも良くなればよいのだが。



     あと業務連絡だが、年末の冬コミ&冬オフは基本行けないものと思ってて下さい。もちろん時間とお金に余裕があれば行きますが、両方をクリアすんのはもう難しいかもなぁ。ましてや18きっぷフル活用であっちこっち行きまくるとかもう無理だな。



     まぁ辞めた会社の話はそのくらいにして、今週入ってきたデカいニュースと言えば「三国志大戦」と「AnswerXAnswer Live!!」が来年1月でサービス終了。全国津々浦々にある筐体は全撤去となるらしいですよ。とうとうこの日が来たか。



     まぁ、三国志大戦は今や主流は戦国大戦に替わっていて、そっちに流れたプレイヤーも多いだろうし、AnxAnも他社ではあるがQMA(※まぁこっちは時系列的にはQMAの方が先だけどね。)があるから、系統が全て潰える訳ではないが、それでもモノガナシイものがありますね。QMAじゃ早押しクイズが出来ないしね…。



     三国志大戦は一時期やってました。良い思い出悪い思い出で言えば悪い思い出の方が勝ってる気もするのですが、悪い思い出の大半は人間関係(やりはじめた頃、知り合いのヘタクソが超上から目線で指導してきたり、独りでやってても見知らぬヤツが勝手に「そのデッキならこのカードはこっちのカードを使った方がいいですね。交換してあげましょうか?」と偉そうに話しかけてきたりとか諸々。)で、ゲームとしては良くできてた感が。あとカードがキレイで、プレイ自体は相当前にやめているのだが、カードは何枚か残してます。





    R周瑜(ver.3)とSR周瑜(ver.2)



     私は魏呉蜀でいえば呉の大ファンだし、武将でいえば、周瑜が大好きなのでいつのデッキの中心にいたのは彼(※主に赤壁の大火持ちのR周瑜)演義では劉備と諸葛亮の当て馬でしかないが、実際には器量もよく、あんな短気でもなく、智謀に関しても荊州・益州を攻略して魏との天下二分の計を発案し実行する寸前だった(※その計画を本格化させる前に病死。まだ30代での早死にだった。しかも彼の後を継いで大都督になった魯粛が劉備との融和政策を取った為にそのへんを孔明にガッツリ持っていかれた感じに)。のだが、いや実にもったいない。歴史を語る際に「もしも話」を煙たがれる人もいるかも知れないが、彼と孫策がもうちょっと長生きしてたらどうなってたろうなぁとは思います。



     ああ、そうそうゲームの話でしたね。あとカードとしても知力10の伏兵持ち高威力ダメージ計略「赤壁の大火」が使ってて楽しかった。その分使用士気も高かったのだが、コレ一発で戦況をひっくりかえせる破壊力が良かった。ゲーム序盤はSR河賊甘寧やUC孫呉の武淩統の高武力槍兵でちまちま小競り合いをしながら、士気を貯めて赤壁の大火一発で敵陣粉砕とか爽快やったなぁ。(※もちろん上手くいけばの話だがw)



     今でも覚えてるのが、敵が援護兵召喚持ちのR徐盛とその他は知力低め&武力高めな弓や槍のデッキなのだが、最初の20カウントくらいお互い小競り合いをしながら私が一旦場内に撤退、敵が戦場中央に戦力を集結させていた(多分、知略昇陣をそのへんに敷いてたのだろう)徐盛の援護兵2体を含めてこのまま知略昇陣を発動させて一気に攻め込まれてたら確実に負けてたのだろうが、序盤の小競り合いの際にR周瑜の伏兵が踏まれてなくて伏兵のまんまだったわけですよ。当然時間をかけて画面中央にR周瑜を持ってきて、1か所に集まってる敵兵を「消し去れい!!」と赤壁の大火発動。知力8のR徐盛以外こんがり焼けていて、R徐盛だって兵力わずか。しかも弓兵だから移動も遅い。当然そこを一斉に攻めたてて、城壁を叩いて適当なところで撤収し、あとはこっちが自陣に敷いた奥義「知勇兼陣」と計略「若き王の手腕」「河賊の粘り」「孫呉の武」で守り切って勝ったのはなぁ。あれは心底楽しかったw



     あれももうなくなっちゃうのねぇ。寂しくなるなぁ。…え?戦国大戦はやらないのかって?お金と時間がないです。ただ、欲しいカードはあるからカード屋行って安ければ買いたいですね。SR官兵衛とかSS官兵衛とか、あとちゃっちゃ初GO!な浅井三姉妹の絶チル版SS3枚。あのあたりはほしいな。うん。





    八神ひろき版三国志大戦カード



     これですよ。特に金ピカの大喬・小喬はその見た目と実際の異名「江東の二喬」をもじって「江東のキャバ嬢」と呼ばれてましたね。さすが八神ひろき先生。エロい。服のしわとかがもう本当にエロくて見事です。





    管理人さん、SWEET魯粛、丹下段平



     この3枚は漫画のキャラが三国志大戦に参戦したもの。漫画のキャラが三国志大戦や戦国大戦に参入することは多く、これ以外にもたくさんあるが、個人的にあまり興味のない漫画なのと、私が三国志大戦やめて以降に出たカードに関してはノータッチ。さっきも書いたが、絶チル版の浅井3姉妹はいつか買いたいと思ってるんですがねぇ。





    管理人さん



     まずは、「魂の管理人・大喬さん」これがまぁ色んな要素を含ませているというかなんというか。大喬も管理人さんも結婚後すぐに夫を亡くした未亡人、そして五代クンと結婚後の名前の五代響子(ご だいきょう こ)のもじり、計略の「会えてよかった」、セリフの「お願い…1日でいいから、あたしより長生きして」そして五代クンと結婚した当時の年齢27歳にちなんで武力2知力7、あとこの写真ではちょっとわかりづらいが、襟元の模様がPIYOPIYOのひよこ仕様と、一切合切盛り込んだカード。



     ちなみにこのカードはビッグコミックスピリッツの付録カードで、コンビニに行ってその漫画雑誌を買えば簡単に手に入れることが出来て、なおかつコスト1にしてはなかなか高スペックで、計略も士気5で範囲内の味方かかる計略効果の打消し+武力ダメージによる軽減といたれりつくせりな1枚で、そのビックコミックスピリッツが出てから2週間くらいはカード使用率ランキングでもかなり上位をキープしていた。



     あと、二つ名である「魂の管理人」の「魂」の部分は他のスピリッツ系の多数の漫画からもほぼ同時に三国志大戦に参入していて、そのカードの二つ名は「魂の~」で統一されている為。ただ、漫画のキャラとしても「あんな優柔不断で男を振り回す女のどこがいいのよ?」と特に女性から言われる評価ではあるが、まぁ、それはそれとして。実際に自分があんな振り回され方なんぞされたらホンマたまらんなぁとは思いますがw





    演義同様、ただのお人よしで終わっちゃった人



     そして、他のキャラの参入を期待しつつも、結果的にSWEET三国志からの唯一の参入となってしまった魯粛さん。できれば華佗あたりも出してほしかったんですがねぇ。もちろんセリフは「わたしの専門は外科だー!!」。カードのスペックとしては可もなく不可もなくって感じかなぁ。柵持ちだから伏兵は無理だとしても、魅力くらいは付いても良かったのでは?あとコスト1.5だから仕方ないのだろうが、魯粛は弓馬関係も達人で、実際には武力4じゃ足りないのだが、まぁ、カードイラストがコレで武力が7も8もあったらそれはそれで違和感があるからいいか。(※ただ、魏の武将になるが、R郝昭の知力4は未だに納得いかない。)



     ちなみに魯粛も周瑜同様に演義では人物が矮小化された感がある(※呉の面々は基本そんな感じだよなぁ。呂蒙の「呉下の阿蒙にあらず」「士別れて三日なれば刮目して相待すべし」の成長エピも正史にはあって演義にはないし。演義は劉備・関羽・張飛・諸葛亮という正義の軍団が主人公だから、関羽を敗死させた呂蒙の成長物語は構成上難しいのかも知れんが。)ちなみに演義でもSWEETでも単なるお人好しとしてしか描かれていないが、実際はあんなヌルい人物ではなく、演義では孔明や劉備が4郡返還に際してあんな屁理屈で魯粛をごまかそうとしているが、そんなことしようものなら魯粛に一喝され、そうなれば劉備も孔明もビビってしまい二の句も継げないくらいの人物



     まぁ、SWEETはギャグ漫画だからいいとして、演義のあの展開は呉ファンとしては中々納得できないものがありますなぁ。



     それと、片チンのSWEET三国志はギャグ漫画として完成度が高い。よくできてる。三国志はあまりよく知らないけど、興味があるって人にはオススメ。SWEETを読んだ後に横山光輝版三国志を読んで、その後にSWEETを読めば面白さが一層増しますw





    立て!立つんだ!



     知らない人はいないだろう、あしたの丹下段平さん。なんで夏候惇なのかはイマイチ謎だが。裏面の説明書きには「曹操にとってはセコンドのような存在だったのだろう」とあるが、さすがにイササカ苦しい感じが。カードとしては…、使ったことはないが、魏単か2色の歩兵中心デッキであらば使えるカードだと思う。武力は+5だが、効果時間も長めだし。勇猛もなく歩兵だが、コスト2.5で武力10知力5はスペックとしては高い。



     ちなみにカードを持ってて使ったことがないってのはアレですよ。魏の武将カードだから。ゲームやらなくなった時点での三国志大戦.netの勢力使用割合が呉100.0%それ以外の勢力は0.0%。呉以外のカードをゲームで使ったことが1度もないんですよ。いやコレ本当に。別に魏や蜀が嫌いって訳でもないけど、やるなら徹底的にやりたいし、こんな感じに。



     この8枚は未だに持ってるし多分ずっと持ち続けると思う。記念に。



     まぁ、三国志大戦に関してはこんな感じかな。続いてはAnswerXAnswer。QMAは初代の稼働当初からやり続けている(※キャラリストラがあったQMA7はボイコット)AnxAnの歴史は7年あるが、ここ3年くらいしかしてないです。なんでかって言うと時間もお金もなくQMAですら月に30~50クレ程度だったのに、そこにAnxAnも入れると分散してしまうから。で、やり始めた理由ってのがさっきも触れたQMAのキャラリストラでQMA7の時の1年間丸々やらなかった時に、じゃあカードを作らずにゲストプレイでもするかってことでやり始めたのがキッカケ。で最初はたまにゲストプレイをする程度だったのだが、ゲストプレイだと最下位リーグで似たような暇つぶしでクイズをやる人ばかりで、基本圧勝してしまうので退屈だったので、カードを作りました。





    …。うんキモいのは自覚してる。



     なんでこの名前にしたかと言うと、別に大した意味はなく、これはこれとしてちょっとやって慣れたら「MESH」でカード作ろうかな?って思ってたくらい。だが、海野ゆかりカードでウルトラクイズ関連のイベこなして、ウルトラクイズの解答台やSEを手に入れたあたりから、それを手放したくなくてずっと使い続けることに。まぁ、その解答台やSEももうじきなくなるけどね…。



     まぁ、そんなにやらなかったけど、それなりに色々ありましたね。もうメンドいのでそんな写真を一気に羅列。





    会社が10日くらい機械のメンテで休みで、その間に取ったC級5位。





    全国王者とタイマン(とうぜん負けた)



    「」

    問題採用1回目





    問題採用2回目





    問題採用3回目





    海野ゆかりvs竹達彩奈





    テクノランドの店舗王者





    全ラウンド1位(但し私以外は全員COM)





    ウィニングアンサー





    完全優勝(これも相手はさっきの2位のCOM)





    現在の解答台(背景以外はウルトラクイズ仕様。)





    小道具を持った状態





    最終的にカードは7代目で終わるかな?





    結局、この「安藤」はどの安藤なのか。





    S級7位





    アキバのレジャラン2号店に昔あった、とっても押しやすい早押し機



     こんな感じかな。また思い出したら貼ります。それにしても悔しいのが「今日の問題」が尻切れトンボになっちゃったこと。もうちょっと前に投稿し始めていたらなぁ。最初の1回が去年の年末で、それは別に本気で投稿していこうと思ってたわけじゃなくて、なんとなく。2回目以降は9回採用されて「今日の問題皇帝」のタイトルを獲ろう!と思って投稿し始めたのだが、来年1月までに残り6回とかもう絶対無理やんwこれはもうちょっと早めにやれば良かったかな…。なんていうか、久々にハガキ職人の血が騒いだのだが…。



     それももう終わってしまうのか…。三国志大戦やAnxAnに限らず最近のゲーセン業界の衰退っぷりがハンパないなぁ…。全国的にバンバン潰れてる。今年4月の消費税5%→8%でも大ダメージだったのに、10%になったらどうなるんだ。そしてAnxAnが無くなるもの痛いが、今後QMAまでサービス終了になったら、もうゲーセン自体1か月に1回行くか行かないかレベルになると思う。麻雀格闘倶楽部も昔ほどハマってる訳じゃないし、音ゲーもQMAやAnxAnの合間にやる程度やし。スマホやモバゲー・DMM・ブラウザゲーの台頭恐るべし。ゲーセンにお金をかけるのがバカらしいって考えの人も増えたしね…。メダルゲームのSTARBOATもやったけど、あれやるくらいなら実際のレース見てた方がいいな。競艇知らない人に競艇を知ってもらえるいい機会にはなると思うけど。



     これはQMAは頑張ってお金注ぎ込まないとね!もちろん身の丈に合う範囲で。これがなくなっちゃうと、誰かとクイズをやる機会なんてないもん。ぼっちでやってる身としては。競技クイズはレベルが信じられないくらい上がってて今更あの場にお邪魔しようとも思わんし。あとまぁ、過去にも書いたが、こっちの見た目がナメられやすいからとえげつない口ききさらすガキとかいるしな…。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。