• このエントリーをはてなブックマークに追加

2019/04/01 00:00 投稿

ドラマスペシャル『二つの祖国』 前篇

アメリカ生まれの日系二世・天羽賢治(小栗旬)はロサンゼルスの邦字新聞の記者。日本で教育...

再生 12

コメ 0

マイ 1

ニコニコポイント432pt7日間

あらすじ

アメリカで生まれた日系二世の天羽賢治(小栗旬)は日本で教育を受けた後、UCLAで学び、卒業後はロサンゼルスの邦字新聞「加州新報」の記者として働いていた。賢治は社説で「良き日本人たろうと努力することが、立派なアメリカ市民たり得る」と説き、自らもその生き方を貫こうとしていた。職場の同僚・梛子(多部未華子)は賢治のUCLA時代の同級生・チャーリー田宮(ムロツヨシ)と交際しており、賢治は2人の交際に複雑な思いを抱きながらも、梛子の友人で二世のエミー(仲里依紗)と結婚した。だが、太平洋戦争が始まり、賢治を取り巻く状況は一変する。賢治や父・乙七(松重豊)、母・テル(麻生祐未)ら日系人たちはマンザナールの強制収容所に送られ、不自由な生活を強いられる。やがて、日系人の中からアメリカ陸軍への徴兵を募ることになり、日系二世はアメリカか日本か、どちらの国に忠誠を誓うか、選択を迫られる。賢治の末の弟・勇(新田真剣佑)は日系人部隊に志願し、賢治は情報戦で戦争を早期終結させようと、陸軍情報部で日本語教官や暗号解読の仕事に就く。一方、開戦当時に日本で教育を受けていた弟の忠(高良健吾)は、日本兵として徴兵され、フィリピンの戦地へと送られる。そんな中、賢治も語学兵のリーダーとしてフィリピンへ向かうが…。日本とアメリカ「二つの祖国」の狭間に立たされた賢治を待ち受ける運命とは…!?

2019/04/01 00:00 投稿

ドラマスペシャル『二つの祖国』 後篇

終戦後、賢治(小栗旬)は原爆調査団の一員として、広島に入る。戦時交換船で広島に帰った梛...

再生 18

コメ 0

マイ 1

ニコニコポイント432pt7日間




スタッフ

【原作】山崎豊子『二つの祖国』(新潮文庫刊)
【脚本】長谷川康夫
【監督】タカハタ秀太
【プロデューサー】田淵俊彦(テレビ東京)、北川俊樹(テレビ東京)、藤尾隆(テレパック)、河原瑶(テレパック)
【制作】テレパック
【製作著作】テレビ東京

キャスト

小栗旬、多部未華子、仲里依紗、高良健吾、新田真剣佑、ムロツヨシ、池田エライザ、橋本マナミ、原菜乃華、仲村トオル、田中哲司、柄本佑、甲本雅裕、リリー・フランキー、中村雅俊、余 貴美子、泉谷しげる、麻生祐未、松重豊、ほか