統合開発環境Visual Studioを導入してみます
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

統合開発環境Visual Studioを導入してみます

2017-10-24 13:11
    ソーラー「統合開発環境Visual Studioを導入するには

    理想の世界から

    日本マイクロソフトOfficial Home Pageへアクセスします





    ここでダウンロードセンターをクリックすると


    このような画面が表示されますので

    開発者ツールをクリックすると




    の画面が開かれます

    ここから

    Visual Studioをダウンロードします
    白丸の中の 

    ダウンロードはこちらから

    をクリックすると
    Visual Studio Community
    Visual Studio Enterprise
    Visual Studio Professional
    のどれかを選択するよう表示されますので
    Visual Studio Communityを選びます

    すると



    と表示され

    Visual Studio

    のダウンロードが始まります

    ダウウンロードがおわると



    が画面左下に表示されます

    アイコンをクリックすると

    Visual Studioのインストール開始画面が開かれます




    続行をおすと
    Visual Studioのインストールがはじまります




    このインストールには大分時間がかかります


    ソーラー「やったね! ついに ここまで来ました


    はい こちらが憧れの麗しの統合開発環境Visual Studioのスタート画面になります





    新しいMicrosoftアカウントの作製を選び

    自分のアカウントとパスワードを作製します

    その後

    自分のアカウントとパスワードを入力すると



    と表示されるので

    サインインします

    すると次のような画面が表示されます







    ここで 新しいプロジェクトの作製を選択します




    すると次のような画面が開かれるので


    青印を選択すると


    が表示されます


    赤丸の部分にチェックをいれて




    変更をクリックすると




    のように
    VisualC++のインストールが始まります

    Visual C++とはプログラミング言語C++の統合開発環境のことですが

    C言語をつかってプログラムをくむことができ

    C言語の統合開発環境でもあります

    VisualC++のインストールが終了すると


    が表示されるので




    赤枠内の

    起動ボタンをクリックします

    いよいよ

    統合開発環境Visual Studio Community が起動されます

    やったね。






    こちらが
    統合開発環境Visual Studio Communityのスタート画面になります

    いろんな文章がならんでいます

    が 難しいことはありません


                                       つづく







    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。