ソーラーたちは ついにVisual Studio内のC言語でプログラムを作製できるエディタ画面にまでたどり着きました
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ソーラーたちは ついにVisual Studio内のC言語でプログラムを作製できるエディタ画面にまでたどり着きました

2017-10-29 08:35








    マックス「随分シンプルな画面じゃないか」

    ソーラー「このなにも表示されていないところから

    どうやってC言語をつかってプログラムがくめるようになるのか楽しみだね

    ええと・・・続きは・・・







    ソースファイルを右クリックします 右クリックです 左クリックではありません。

    次に表示される小ウィンドウで

    追加を選び

    さらに表示される小ウィンドウで

    新しい項目を選択します。」




    ソーラー「すると このような画面が表示されます。

    マックス「おおっ なんだか順調に進んでるじゃないか。

    成功しそうな予感・・・」

    ソーラー「このように  C++ファイル(.cpp)にカーソルが合わさっている状態で


    下の名前欄にある

    Source.cpp

    をprogram1.cに変更します。」

    C言語のファイルであることを示すために
    C言語のファイル名に拡張子と呼ばれる.cがつけられるように

    C++言語のファイルであることを示すために
    C++言語のファイル名には拡張子と呼ばれる.cppがつけられます

    cppは c plus plus (c プラス プラス)の略です。

                            solarplexussより


    ソーラー「拡張子.cというものをprogram1につけるというのがポイントみたいだね。」

    マックス「拡張子.cをつけるという時点で

    大分C言語のプログラムが組めそうな気がしてくるな(´▽`*)」

    ソーラー「ほんと、楽しみです」

    ぶーにゃん「にゃおお~ん 」

    ソーラー「この状態で右下の追加ボタンをクリックすると・・・

    以下のような画面が表示されます








    マックス「一見すると今までの画面と同じであまり変化してないように

    見えるが・・・」

    ソーラー「そうですね。」






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。