映画【聲の形】見逃し配信や無料でフル動画を視聴する方法も【金曜ロードショー・地上波】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

映画【聲の形】見逃し配信や無料でフル動画を視聴する方法も【金曜ロードショー・地上波】

2020-07-31 15:35



    金曜ロードショーの夏アニメ2020第1弾の作品「聲の形」が2020年7月31日に地上波初放送されます。

    第40回 日本アカデミー賞優秀賞など数々の映画賞を受賞し、世界各国で絶賛された感動作

    京都アニメーション製作、少年と耳が不自由な少女の切なくて美しい感想必須の青春物語です。


    本記事では、映画「聲の形」の再放送情報や、動画を無料でフル視聴できる方法について調べてみました。

    放映日に見れなかった人は見逃し配信で無料視聴することをおすすめします!


    ↓ U-NEXTなら聲の形が無料視聴可能↓



    面倒な説明はいいからすぐに無料で視聴がしたいという方は以下のボタンからU-NEXTの31日間無料体験に登録して映画「聲の形」を視聴してみてください!

    ※31日間以内に解約すれば違約金等かからず解約が可能です。





    本ページの情報は2020年時点のものです。

    最新の配信状況は U-NEXTトにてご確認ください。





    映画『聲の形(こえのかたち)』の地上波放送日はいつ?再放送はある?

    • 日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』
    • 放送日:2020年7月31日(金)
    • 放送時間:よる9:00~





    映画「聲の形」の再放送はある?

    「聲の形」再放送の予定は今のところ未定です。これだけの名作なので、今後再放送はあると思います。


    金曜ロードショーは21:00からなので、意外とじっくりゆっくり観ることはできません。録画忘れの可能性もあります。

    できれば映画「聲の形」をあとからゆっくり無料視聴できる方法はないでしょうか?




    映画「聲の形」の見逃し放送が見られる動画配信サイト



    地上波での再放送は今のところ未定ですので映画「聲の形」をじっくり楽しむなら、U-NEXTの無料期間+無料ポイントでの視聴がおすすめです。


    ↓ U-NEXTなら聲の形が無料視聴可能↓







    実写映画 「聲の形」は「U-NEXT」で 無料視聴が可能!おすすめの理由も紹介


    おすすめポイント


    • 31日間の無料期間があること
    • 130,000作品が見放題
    • 無料期間に600円分のポイントがもらえる
    • ポイントを利用して漫画も読める
    • イマイチだったら無料期間中に解約すれば料金は不要
    • 動画取扱数国内No.1
    • 新作も無料ポイントでいち早く視聴できる
    • 有料会員になると課金額の40%がポイントに還元
    • アニメ・ドラマ・映画・アダルト作品・雑誌・漫画等沢山のメディアが充実


    上記の通り、U-NEXTは無料期間が31日と長期間です。


    また、見放題の作品数も多く、無料期間でも600円分のポイントがもらえるので、ポイント利用で有料作品や漫画も楽しむことができます。




    U-NEXTは動画だけじゃない!漫画も充実!


    U-NEXTではコミック漫画シリーズもたくさん読めます。


    無料体験の600ポイントをコミックに使うこともできますし、


    継続時は毎月1200ポイントももらえるので追加費用なしでコミックやスターターブックなどを楽しめます。


    さらに、ポイント超過分も他に類を見ない40%のポイント還元で圧倒的に安く読むことができます。


    これを機会に懐かしいお気に入りのシーンをもう一度読み見返して見るのはどうでしょう?当時には気付かなかった発見があるかもしれません。


    U-NEXTで観ることができる聲の形以外のアニメ作品


    • ワンパンマン
    • 七つの大罪
    • 鬼滅の刃
    • 黒執事
    • スタミュ
    • アサシンズプライド
    • 僕のヒーローアカデミア
    • 五等分の花嫁
    • ハイキュー!!

    • のんのんびより




    U-NEXTを実際に使っている人の感想


    好きだった、はたらく魔王さま!をUNEXTで見つけてからずっと見てるんだけど、こんなにも1クールが最高に良かったアニメってなかなか。2クールとか、二期もなく、1クールだけで完結させてある意味すごくイイ終わり方だったなぁ… しかし2013年だったことに軽く呆然 オタク…全然成長しない


    AKIRA見放題にしてくれるunextは最高に空気読んでる


    U-NEXTはイナズマイレブンGOが全話入っているのでおススメです





    映画「聲の形」のあらすじ





    ガキ大将の小学6年生・石田将也(松岡茉優)は“退屈すること”を何よりも嫌うクラスの中心的存在だった。ある日、先天的の聴覚障害を持つ少女・西宮硝子が転校してくる。硝子に興味を持った将也は、その日から退屈することがなくなった。自分の想いを上手く伝えられない二人はすれ違い、分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。

    その日以来将也は周囲から孤立してしまう。孤独や自己嫌悪と闘いながら過ごす日々が続く中、5年の時を経て、二人は別々の場所で高校生へと成長する。固く心を閉ざしていた将也(入野自由)は、ある決心をして硝子(早見沙織)の通うろう学校を訪れる…。

    出典:金曜ロードショー


    映画「聲の形」の見どころ

    映画「聲の形」は2016年に劇場公開されました。

    制作は京都アニメーション。「けいおん!」シリーズなどで知られる山田尚子監督の長編映画3作目。

    それまで京アニは「けいおん!」「響け!ユーフォニアム」など主に人気テレビシリーズの劇場版を手がけてきたが、本作は1本で完結する単独作品。

    本作をひと言でいえば「命を絶とうとした少年と、耳が不自由な少女の物語」。こう書くと何だかロマンチックに聞こえるが、両者の関係はいじめをした側とされた側。5年の月日を経て再び顔を合わせた二人の心の交流が、少年側の視点でつづられる。

    聲の形は京都アニメーションの作品ということですので、作画がとっても良いで有名です。作画のみならず美しい色彩で私たちを楽しませてくれることでしょう。絶対にエンドロールはカットせずに見て下さい。

    この映画が気になった理由は、主人公の女の子が耳が不自由であるということです。

    こういう障害のあるキャラクターが出てくる作品は本当に少ないですよね。

    等身大の子供から、学生時代はとうの昔という大人でも心揺さぶられる作品です。

    制作が京都アニメーションのであることでも有名ですが、日々どこか他人事で時間だけが虚しくすぎていく私の様な大人が観てもどこか涙腺が緩んでしまい、どこか懐かしさもあるところがとても見所です。



    映画「聲の形」のキャスト・スタッフ・声優

    声の出演

    <石田将也> 入野自由

    <西宮硝子> 早見沙織

    <西宮結絃> 悠木碧

    <永束友宏> 小野賢章

    <植野直花> 金子有希

    <佐原みよこ> 石川由依

    <川井みき> 潘めぐみ

    <真柴智> 豊永利行

    <石田将也(小学生)> 松岡茉優

    スタッフ

    <原作> 「聲の形」大今良時(講談社コミックス刊)

    <監督> 山田尚子

    <脚本> 吉田玲子

    <主題歌> aiko「恋をしたのは」

    <音楽> 牛尾憲輔

    <アニメーション制作> 京都アニメーション




    映画「聲の形」の世間の感想

    今日金曜ロードショーで
    「聲の形」やるから
    見てない人マジで見たほうがいい
    コレはホントいい映画

    #聲の形 本日金曜ロードショーで放送

    繊細な心理描写、美しい作画と風景と音楽。
    そこから何か感じ取るものが、絶対誰しもあるはず。

    それは人によっても変わってくるし、時間によっても変わってくると思う。

    初めての人も、一度見た人も、自分の目で見て、それぞれの聲の形を感じて欲しいです。

    今夜放送の『 #聲の形 』、よく周りに布教してるんだけど本当に大好きなので同じ気持ちの方が増えたら嬉しいなあ

    漫画からハマったから最初映画化不安だったのですが映像化が素晴らしかったので更に好きになりました。゚(゚´ω`゚)゚。

    今日夜9時から金曜ロードショーにて聲の形だね
    苦しく辛いストーリーだけど、他人と上手くいかないのは聴覚能力の有無だけが原因じゃないことを教えてくれます。特に最後のシーンは頭がハッとしたのを覚えている。全人類必見ですよ!



    映画「聲の形」の続編「聲の形2」はあるの?

    映画「聲の形」続編の可能性ですが、残念ながら無い可能性が高いです。

    映画は原作7巻の途中で敢えて終わらしています。映画の続きが気になる方は原作の7巻を読む事をおすすめします。







    聲の形 感想

    両親の事を思い切り侮辱されたいじめっ子は、悪徳教師にこの作品は、大今良時氏の漫画「聲の形」をこの段階ではっきりと立ち位置が変わっているでしょ?会いに行く相手が入れ替わっているんだよね。だけど、それを阻害するのが代理の存在なんだよ」主「でもさ、シンゴジラの時も語ったけれど、賛否両論の映画はいい映画なんだよ。どうなるかはわかりません、“会わないほうがよかった”となるかもしれません。それでも、会ってみたい、そのことが、友人の救いになるかもしれない……。差別みたいなおはなしかな?って思ったけどそんな感じじゃなかったし映画の完成度はとても高いが、それぞれのキャラクターの背景ストーリーが2時間という映画の枠では絶対に表現しきれない。その粗がとても目立っている。腑に落ちない部分が多すぎる。映画は必ずしもエンタメである必要はないと思います。作り手はそうではないかもですが。だからさ……深読みだけど『私は私が嫌いです』というのは、実は植野も同じだったんじゃないかな?って」

    聲の形 ネタバレ

    リアルではいじめられた子がその加害者達とハッピーエンドなんてありえないのですよ。ハッピーエンドにして喜ぶのはイジメられた事のない人間の脳みそお花畑モードなのです。それは明確な……意味を持った、音ではないかもしれない。同一化が行われた瞬間。先の場面と対になる自己や他者を肯定でき、よりよいコミュニケーションができるようになるだけでなく、いじめや自殺をこの世から少しだけ減らす“力”を、この映画は持っています(←断言)。あれはそこだけ見ると意味がわからないよ?人がいるからやめたのか、怖気づいたのか……そう受け止められかねないけれど、その理論を適用すればわかると思う。いじめの話と聞いて、「辛い作品なんだろうな」「鬱になっちゃったらどうしよう」と身構えている方はたくさんいるでしょうが、そう思った人にこそ観てほしいです。劇場でも視聴しましたが、いろいろと考えさせられることの多い作品だったため、繰り返し視聴してからレビューしたいと思い、BD購入後のこのタイミングでレビューします。

    聲の形 声優

    要するに考えが机上の空論過ぎるから半分にしかいたらないんだなと感じました。そう断言できる人がどれだけいるだろう?初めまして、ブログ主様。聲の形、感想の記事、読ませて頂きました。公開からかなりの日数がたっていますが、近所の映画館に2週間限定で上映が決まり、ほとんど奇跡的にたまたま、今日、この映画を見る事が出来ました。予備知識なしだったので、映画を見る前は、「君の名は」を夏に見ていたので、似たような恋愛もののお話で、「同じように感動出来たら良いなぁ」位に思っていました。ところが、感想の記事にもにもあった通り、この作品の伝えようとしていることが、当にプリズムの分光の様にどっと、押し寄せてきて、物語にどんどん引き込まれていきました。それぞれのキャラクターにそれぞれの理由があって、近づいたり、離れたり、そんな青春期の葛藤の中で、成長したり、できなかったり、そんな一人一人がはっきりと、人間関係の立ち位置を持っていて、それが変化してゆく...主人公の二人にあっては、確かに一度見ただけえは、あの時どんな気持ちで、この言葉を発したのだろう?、どうしてあんな表情をしていたのだろう?と、沢山考えさせられました。見ている視聴者に、もっと彼らのことが知りたい!と思わせる、そこが、本当に良かった点でした。そして、それが知りたくて、他の方の感想が知りたくて、ブログ主さんの記事を読ませていただきました。流石、4度ご視聴されただけありまして、丁寧な解説や考察が、彼らの魅力をグッと引き立たせていると、思いました。是非、友人にも勧めたい素晴らしい作品ですね!長文になりましたが、本当に良かったです。ありがとうございました。

    聲の形 主題歌

    『君の名は。』を震災後映画の文脈で語るに際して【ネタバレ注意】もしかしたらみんな気がついていることもたくさんあるかもしれないけれど……聲の形に関しては、最も『深い』無料ブログを自称したいので、片っ端に書いていこうと決意したわけですよ」そういう気持ちになる少年少女はたくさんいます。そうして傷ついた子どもたちに、ぜひこの映画を観て欲しいです。小学生であれば、どんな道徳の授業よりもいじめを“してしまう”心理を学ぶことができ、その問題解決の方法を探すことができるでしょう。植野さんのゆうとおりにできない自分が悪いんだって思っちゃいそう。。主「それ以外の友達もたくさんいるけれど、多くの出番が削られてしまった。その分、比較的目立ったのがこの4人の描き方だよ。だけど、それができなかったことが、最大の問題じゃない?」石田は自殺に向けた生活を過ごしたのだろうが「生」への執着すら感じた。学校でクラスメイトからのいじめを受け、家では実の兄からの虐待に耐える日々を送る中学生の朝霧彩(あさぎりあや)。いつも死ぬことばかり考えていた彼女は、ある日、不気味なWEBサイト「魔法少女サイト」と出会い、魔法の力を秘めた”ステッキ”を手に入れる。彩は魔法の力を手に入れたことで、同...

    聲の形 作者

    自分自身の経験からも「そういうことが絶対にない」と言い切れない・・・。『別に謝ってほしいわけじゃない』ってはっきり言っているにも関わらず、硝子はごめんなさいと言って、さらに『私は私が嫌いです』というわけだ。ひどい仕打ちをする、後半は惨劇が続いていくといったように、主人公が、いじめのことを引きずるのは分かるし、硝子そして将也は硝子をいじめ続けていくのですが、「子供のイタズラ」では済まされないある一線を越えた行為をきっかけにして、大きな代償を支払うことになります。特に親子で硝子の母親に謝りに行くシーンで、将也ママが体の一部にある傷を負うくだり、このねじれた「因果応報」っぷりのキツさったらありません…。ここ、原作では非常にさりげなく(気づかないほど)さらっと描かれてたんですが、映画ではバシッと強調されてましたね。たったワンシーンで、人々のドロドロに絡み合う心情を一発で表現する手腕は見事というしかありません。

    聲の形 漫画

    自分のそのままの気持ちを、そのまま打ち明ければ良かった。早見沙織は素晴らしかったし、一部酷評されている松岡茉優も祭り上げられて調子に乗ってしまっていた石田をうまく演じていたと思う。逆に西宮さんが石田に惹かれたのは、石田とは反対の理由で、人の声を聞かずとも天真爛漫に振る舞い、周りを賑わし、周りが付いてくるという力が魅力に映ったのかもしれない。まず、この2人って共通点が非常に多いんだよ。それを箇条書きで上げていくとカエル「多分ね。だからあんなに怒ったんだと思う。そんな答えじゃ会話にならない!という思いもあったと思うけれど……それだけじゃないよ、きっと」逆に西宮さんが石田に惹かれたのは、石田とは反対の理由で、人の声を聞かずとも天真爛漫に振る舞い、周りを賑わし、周りが付いてくるという力が魅力に映ったのかもしれない。将也に対する好き、は伝わらなかったけれどさ、そのあとの……ごめんなさいとかはさ、みんなに伝わったよ。だからあれだけの爆発になったんじゃないかな?」



    • 前の記事
      これより過去の記事はありません。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。