ある村の少年達(仮)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ある村の少年達(仮)

2016-09-19 02:07

    ある所に小さな村がありました。


    その村には二人の少年が毎日勝負していました。


    A「B君今日も勝負をするぞ!」


    B「やだよ!だってお前弱いだろ!」


    A「それでも俺はお前に挑戦してみたいんだよ!」


    B「あ~そっかよ!わかったよ!」


    B「今日も負けてもしらないからな!」


    A「よしなら今日も勝負だ!」


    A君とB君は毎日のように、勝負をしていました。


    けどA君はB君にその勝負で勝った事が1度も無いのです。


    けどA君は毎日B君に勝負を挑むのです。


    そんなA君にB君は、飽きれながらも勝負にこたえていました。


    他の村のみんなもそんなA君とB君のやり取りを毎日見ていたのです。


    何をやっても勝てないA君を陰ながら応援していたのです。


    A君は毎日特訓をしていました。


    その姿も村のみんなはみていました。


    村「Aも毎日頑張るな~」


    村「特訓も勝負もほんとがんばてるよな~」


    村「なのになんで勝てないのだろうか、頑張って欲しいな!」


    B「あいつもあいつで勝てる勝負を挑めばいいのになんで負けそうな勝負を挑めばいいものの」


    B「俺が手を抜いたら抜いたで怒るしな~」


    A君とB君は毎日のように何年のも間、勝負をしていました。


    A君はやっぱり勝てません。


    ところがある日の勝負のことA君は勝つ事が出来たのです。


    それは初めて勝負をしたやつで、勝負をした月日で何と1500回目勝負事でした。


    A君もB君も村のみんなもビックリしました。


    村のみんなも大喜びで村はお祭りさわぎ。


    A君は毎日特訓や努力がむくわれたのです


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。