ミックス修行 - ACTIONS / Devil's Words
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ミックス修行 - ACTIONS / Devil's Words

2020-02-26 23:33


    今回は新しく購入したbx_console Focusrite SCを使用しました。(全チャンネル)

    試験的にミックスバスのルーチンを変更


    ・Pultecのシミュを外す(もう使わない)
    ・bx_consoleからbx_townhouseと繋ぎ、コンソールで100Hz以下と10kHz以上を1dBブースト。250Hzあたりを1dBアッテネート。通すだけで少しドンシャリなサウンドに。
    コンプも使って、レシオは1.5:1、アタック早めリリース遅めで音楽的じゃないピークを捕まえる役目。一度リダクションを通しでモニターして、大きく、常にリダクションをしないレベルのスレッショルドに設定しました。
    Townhouseは-8dBぐらいのリダクションの音をパラレルで混ぜ込みバンドサウンドっぽい一体感を。

    また今回もACTIONSというバンドのマルチトラックデータを使わせていただいてますが、毎度ドラムが非常に難しい。

    ・オンマイクで録ってるのがスネアとタム
    ・キックは段ボール叩いたようなクリック音
    ・他はオーバーヘッドに全部まとめて(しかもスネアのセンターがズレてる)

    というわけで、アタックは良いとしてもキックのロー成分はオーバーヘッドから持ってこないといけないし、EQで持ち上げてクリック音と組み合わせてもあまりいい感じになりませんでした。
    そこでクリック音をmidiに書き出して、AddictiveDrums 2に差し替えました。
    そのまま書き出すだけだとベロシティがめちゃくちゃになったので、一度ファストアタックできつめにコンプをかけレベルの平均化、バウンスしてから置き換えました。

    今回、わりとそれっぽいサウンドになったんじゃないですかね(適当)



    -bx_console Focusrite SCのレビュー-

    アナログコンソールのシミュレートなので、音はさておき、操作性ってのはあまりよくない(出来ることが限定される)ってのが常だと思いますが、実際これも多くの事が出来るわけではありません。
    自分の使い方としては、例えばEQはブーストのみ、所謂素材の下ごしらえ(FixではなくExpand)に使うのが、このプラグインの良さを出せるのかなと感じました。
    SSLよりも"コンソールの音"感があるので、もしITBでアナログっぽさを手軽に取り入れたいならおすすめなのかもしれません。

    アナログっぽさってなんだよ(反逆)

    あと、SSLにあるコンプのオートゲインが無いので逆に使いやすい。今後も使っていきます。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。