【解説】スーパーマリオカート【クッパ城1】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【解説】スーパーマリオカート【クッパ城1】

2020-10-26 22:12
    *注意事項
    一つの記事に一つのコースで解説していきます。
    仕様以外については基本的に個人的な感想です。
    解説内容はタイムアタックのドンキーまたはクッパ使用に限ります。
    基本的に改造コントローラー使用前提です。
    略語を使うので、わからない時は大百科を参照して下さい。
    画像は今は亡きシャカシャカマンボより使用しています。

    クッパ城1

    コース全長:757.57m
    滑りやすさ:5(6段階表記・数字が大きいほど滑りにくい)
    難易度:NORMAL
    任天堂公認目標タイム:1′41″90
    Non‐NBT世界記録:1′26″51
    日本記録:1′25″37
    世界記録:1′25″00



    かなりシンプルな直角系コース。それゆえに同タイムが出やすい。特にラップは0″01刻みで一番シビアなコースかも。ドッスンの周期の解析してる人がいたら教えて欲しいです。
    コース解説
    ①世界記録準拠でスタートダンドリで開始。日本記録では使用してないので、これを越すあたりからの使用でもいいと思う。

    ②1角はクネドリか逆ダンドリのやりやすい方で。スタートダンドリ使用だと逆ダンドリじゃないと間に合わないと思う。

    ③2角は1角で逆ダンドリ使用だとここも逆ダンドリになる。世界記録ではミニターボ発動後LR同時押しからのダンドリしてカーブに入る。

    ④連続ジャンプ板はミニジャンプで飛び越える。世界記録では一つ目をジャンプ強制発動で飛び越えている。

    ⑤Cの部分はカーブ手前の最後のジャンプ板にドッスンが配置されているが、大体中央あたりを通るといいと思う。人によって微妙にコーナリングが違うので、自分の走りやすいのでいいと思う。曲がり終わったら、Hクイックで即発動。

    ⑥Dの部分はCよりやや長いので、カーブ中に少し右入力をして距離を伸ばす。曲がり終わったらHクイックで即発動。

    ⑦2周目以降は最終角のミニターボが切れたらLR同時押しからのダンドリに入るが、上手にやらないと逆に遅くなるので、こちらも日本記録越えを目指すくらいからで十分だと思う。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。