【ポケモンORAS】犯罪係数over2100構築【シーズン7】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ポケモンORAS】犯罪係数over2100構築【シーズン7】

2015-01-13 12:35
    ソウユウです。
    ORASでS7シングルレート2114になったので構築さらします。
    最終レート2100越えは実はXYのシーズン1以来なのでうれしいです。

    犯罪要素が多いのでこのような構築名にしました。(PSYCHO-PASS好きな人の構築名)




    ゲンガー@ゲンガナイト
    165-*-82-151-96-178
    おくびょう236-0-12-4-4-252
    たたりめ・みがわり・ヘドロばくだん・おにび

    クレッフィ@たべのこし
    164-*-111-*-152-96
    おだやか252-0-0-0-252-4
    イカサマ・でんじは・いばる・でんじふゆう

    ブリガロン@ゴツゴツメット
    195-127-187-*-95-89
    わんぱく252-0-220-0-0-36
    アームハンマー・ウッドハンマー・やどりぎのタネ・ニードルガード

    スイクン@カゴのみ
    205-*-181-111-133-109
    ずぶとい236-0-236-4-4-28
    ねっとう・ほえる・めいそう・ねむる

    ボルトロス@いのちのたま
    155-*-90-174-100-179
    おくびょう4-0-0-252-0-252
    10まんボルト・めざめるパワー(こおり)・きあいだま・でんじは

    ドリュウズ@きあいのタスキ
    185-187-81-*-85-154
    ようき0-252-4-0-0-252
    じしん・アイアンヘッド・がんせきふうじ・どくどく

    ※スイクンとボルトロスは理想個体じゃないので実数値ちょっと低い


    ○個体解説

    ゲンガー
    よくあるゲンガーの調整ですが、こいつはシーズン2からずっと使ってるやつ。
    調整はどこかで拾ったやつですが使ってる時間はだれにも負けないと思うのでこのゲンガーの起源主張したい()
    Bに12振るだけでもアローのハチマキブレバの乱数が大きくずれる。
    僕の中では身代わり>>>道連れで
    ・鍵やボルトの電磁波+みがわりのコンボで祟り目2発のポケモンも倒せる
    ・おにびダメの蓄積でガブを倒しやすい(おにびダメ2回+たたりめでだいたい落ちる)
    ・あくびカバやラグにはめられにくい
    ・後出しバンギにメガ身代わりキメておいうちされても逃げれる
    など利点がたくさんあるので抜けない。


    クレッフィ
    韓国語でんじふゆう入りという犯罪係数高いポケモン。
    地面タイプがあと投げで出てくること多いので、有利対面で交代読みいばるして浮遊すれば
    だいたいあと投げしてきた地面タイプ倒せて、裏のポケモンに電磁波を入れれる。
    でんじはさえ入ればいいので相手がヒードランだろうがバシャーモだろうがこちらの有利対面。
    オボンで使っていた時期もあったが、食べ残しにすることで相手に身代わりあると思わせられる場面があったと思うので、正解だったと思う。



    ブリガロン
    親名うげうげ(co2055664)とかいう犯罪係数高いポケモン。
    ガルーラミミロップランドロスあたりがツラかったので入ってきた裏選出用のポケモン。
    こいつとスイクンだけで詰むptも多い。有利対面でやどりぎ打ってるだけで強い。
    S実数値89ならマリルリ抜いてるよね・・・みたいな記事の配分パクった。
    後続に負荷かけたり、ミミロップ等にごり押されそうな場面も多いのでアムハン>ドレP
    じしんとか岩技欲しい場面多すぎるけどほかに抜く技がない。



    スイクン
    ねっとう急所+やけどを引く犯罪係数高いポケモン。
    ブリガドラン?
    時代はブリガスイクンだ。
    ブリガロンが無理なアローやヒードラン、バシャーモ、特殊全般を相手する。スイクンが無理なキノガッサをブリガロンが後出し余裕。
    ブリガスイクンでもきついのは電気全般と高火力フェアリータイプ。こいつらを相手するのがツラいためスイクンにミラーコート入れるのも一考。


    ボルトロス
    ボルト式ねこだましする犯罪係数高いポケモン。
    いじマンダを上から処理できる臆病CS珠。馬車サンダーナット相手は、馬車に電磁波、サンダーはD振り奴以外10万でゴリ押し、ナットは10万+きあいだまでいける。
    ゲンガボルト選出でバンギが重くなるのを防ぐきあいだま。
    ガルーラにきあいだま打つのは最後の手段でできるだけブリガバック。


    ドリュウズ
    沼。自分がこんなのに当たったら間違いなく「なんなんこのキチガイ○ね」と発狂しそうなやつ。
    採用理由は型破りどくどくでこのptが詰んでるメガヤミラミに異常状態を入れれる&ブリガスイクンで重い電気とフェアリーに弱点をつけれるため。
    ORASではいろいろなオフ記事でウルガモスが多く、ウルガモスのほとんどが控え目CSだったので陽気最速が生きることが多かった。
    とりあえず有利対面でどくどく打ってるだけでバックしてきたポリ2やクレセに刺さっておいしかった。


    ○選出パターン
    クレッフィ+ゲンガー+ボルトロス
    基本選出。バシャとかゲッコウガとかボーマンダとかいるptにはこの選出。初手ガブが読めそうな時はクレッフィ出して積極的にでんじふゆうしていきたい。

    ブリガロン+スイクン+@1
    裏選出。ガルクレセドランランドスイクンガッサ(ゲンガー)のXY結論pt?のようなやつにはこの選出。ゲンガーに気を付ければブリガロンスイクンで倒せる。

    ドリュウズ+ボルトロス+ゲンガー
    リザードンやウルガモス、サンダーなどが重いため苦しまぎれの選出。



    ○最後に
    ここまで読んでくださってありがとうございます。
    今シーズンはニドクイン入りに始まり、カバリザ、バンギランドルカアローといろいろなpt使いましたが、結局自分に合うのはたたりめゲンガーみたいです。
    来シーズンは最終レート2200めざしていきたいです(毎シーズン言ってる言葉)




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。