ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【NLE】これから生主になろうとしているあなたへ【設定】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【NLE】これから生主になろうとしているあなたへ【設定】

2015-02-25 00:10
    こんばんは

    というわけでNLEの設定について書きたいと思います
    本当は放送をしようかなと思ったのですが、具合が悪いので今日は放送を控えてこれを書きたいと思います

    まずはNLEをインストールしてください
    え?ダウンロードからインストールまでやらないの?と思う方々もいると思いますが、やりません
    さすがにインストールからやっていると、保存先までこちらで指定しないといけないような説明になります
    保存先などは人によって違います
    デフォルトではCドライブへの保存ですが、私はCドライブにSSDを積んで、Dドライブに1TBのHDDで、とても重要なソフト以外はDドライブに保存するようにしています
    なので、一応説明は皆様がCドライブに保存したという話で進めていきます
    とりあえず、インストールを何とかしてください




    インストールして起動しましたら、ログイン画面が待っています
    メールアドレス欄が白くなっていますが、切り抜きました(自分のメアドが書いてあるため)
    まあログインしてください
    プレ垢じゃない人はまずプレ垢にしましょう




    ログインできると最初は真っ暗になっていると思います
    とりあえず一つ一つ解説していきます

    出力設定
    画質重視とコマ数重視の真ん中辺りに白のバーが見えますね?
    それを動かすことによってFPSを下げたりあげたりできます
    FPSというのは、簡単に言うと画面のヌルヌル度です
    全然静止画しかないような配信は画質重視全振りでもいいです
    逆に、ゲーム配信のような動くゲームなどは20FPS辺りが無難です
    15FPSでゲーム配信をすると、見てる側が疲れてきます
    レトロゲームなどは15FPSでもいいかもしれませんが・・・

    アスペクト比は配信環境に合わせてください
    例えば、アマレコなどでキャプチャしているゲームが16:9の画面設定であればそれで合わせて16:9のがいいですし、レトロゲームなどは4:3なので4:3での配信にします
    PCゲームも東方とかは4:3です

    解像度ですが、断言します
    640x360以上にはしないでください
    プレイヤーが640x360ぐらいまでしか対応してないぐらいの小さいプレイヤーに対して、そんな解像度をあげて配信をしたところで、むしろユーザー側に求められるスペックというものがすさまじいものとなるだけです
    確かに、画質は良くなりますが、そんな解像度で配信をしたければ外部にて配信をしてください
    解像度は自分のキャプチャサイズ・アスペクト比に合わせてください
    16:9は640x360
    4:3なら512x384 で配信するのがいいと思います

    映像設定
    左下の映像ソースとは、あれです
    カメラ、画面キャプチャ、テキスト、更には画像も直接このツールで映すことができます
    これについてはなんとも言えません
    とりあえず、ここの設定とアスペクト比は合わせてください

    音声設定
    右上の音声設定
    これもユーザー側の設定によって変わるので特に解説なし
    ステミキとかはこのデバイスで指定します

    スピーカキャプチャは音量です
    リスナー側で聴こえる音量がこれでかわります

    右下のシーン切り替えでデバイスの登録とかをしたものを複数、シーンとして保存しておけます
    例えばシーン1では静止画、シーン2ではwebカメラという風なわけ方をできます






    右上にある詳細設定のタブから詳細(そこまで細かくないが)な設定ができます
    起動中にAeroをOFFにしないというのは、普段Aeroを切っている生主さんには関係ありません
    配信の項目だけ今だけは解説します
    品質ビットレートとありますが、ここの設定によって映像と音声へのビットレートの割り振りを変えることができます
    20:00~1:30までは384kbps、2:00~19:30までは480kbpsでの配信が可能ですので、カスタムで自分好みに割り振りを変えてもいいかもしれません
    あまりにも映像にビットレートを振りすぎると、音割れするような配信になりかねないので、ある程度は音声に振りましょう

    エンコード設定ですが、これを書くには今の体力ではちょっと書ききれないので、次回にします
    次回は、プリセット編集について書きたいと思います

    お疲れ様でした
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。