• # 0810_ミクさんカレンダー2020

    2019-12-27 00:40

    何かと忙しい年の暮れですが、なんとか冬コミにミクさんカレンダーが間に合いました。


    表紙込で7枚のカレンダーですが、新衣装のミクさんで揃えてみました。1年かけてじっくりご堪能ください。

    あと、Vtuberミクの方もコミケ向けにグッズ作りました。


    LStypeミクプレイマット。60cm×30cm。デカい!
    ちょうど今日私の自宅に届いた所なんですけど、サイズが大きい割に印刷もキレイな感じ。
    コミケに持っていく枚数は少ないですけど、2020/1/3までBoothでも注文できるようになってるので、冬コミに来れない人はこちらからどうぞ。
    https://lentebox.booth.pm/items/1746858

    というわけで、毎度のことですがコミケ参加情報の詳細です。

    ----------------------------------------
    参加イベント:コミックマーケット97

    参加日   :2019/12/31 (4日目)
    サークル名 :すぺくたくら
    配置    :西4ホールD20a
    Webカタログ :https://webcatalog-free.circle.ms/Circle/14814015

    新刊①ミクさんカレンダー2020 300円
    新刊②LStypeミク プレイマット 4500円
    既刊 トークロイドの本    各300円
    ----------------------------------------

    ご来訪お待ちしてます!


    追記

    今週の生放送

    コミケ前にモデリングは片付いたので、フツーにMMDします。


  • 広告
  • # 0809_初音ミクは運命

    2019-12-02 02:41

    Vtuberミクの新作動画をYoutubeに投稿しました。


    https://www.youtube.com/watch?v=lW9X2cwR1xk&t=1s

    今回冒頭でミクさんがラップしてます。レンテさんからもらった台本に「ラップ」って書いてあるわけですけど、すぺくたくらさんにそれを作らせるのは無茶ぶりが過ぎる。リズムや音程は初音ミクではなくマスターさんが表現するものなのであって、リズム感も音感も無いマスターからはそんなもの生まれてこないんですよ!
    というわけで、うまくいかないなりに四苦八苦してみましたが、想像していたよりは好評みたいで、やれるだけのことはやるものだなと改めて思った次第です。

    さて、今回1曲目に紹介させていただいた、きさらさんの「ルナリウム」はすぺくたくらの推薦です。


    動画でも紹介させていただいた通り、ご本人から「まるでもともと私の曲として作られたみたいにしっくりきたのが印象的でした」というコメントを頂きました。すぺくたくら好みの穏やかで優しい曲調もさることながら、このコメントで図らずも胸キュンしてしまい、紹介せずにはいられませんでした。そうなんです、初音ミクは歌わせる側にそういった運命みたいなものを感じさせるところも魅力なんです。リスナーにはリスナーの、楽曲製作者には楽曲製作者の、それぞれミクを愛する理由があるんですね。
    楽曲そのものだけでなく、こういう初音ミクあるあるを紹介していけるのもLStypeミクの活動の良い所だなって思ってます。


  • # 0808_Vtuber楽曲リクエスト、やっぱりミクさんは女神だったんや

    2019-11-15 02:17

    すぺ「もし1000件くらいリクエストが来ちゃったら見きれないですね」
    れん「いやせいぜい10件くらいでしょwww」

    などと会話したのが9月の末頃だったかと思いますが、フタを開けてみれば450件もリクエストをいただきました。1000件は行かなかったけど、規模感としては当たらずとも遠からずといった風ですね。

    リクエストしていただいた曲は一通り聞かせていただきました。お馴染みの曲も多くありましたが、初めて聞かせていただいた曲もいろいろあり、楽しいひと時を過ごさせていただきました。不特定多数の人からタダでとっておきの良曲紹介してもらっているようなものですからね。ありがたや。

    リクエストいただいた曲の幅も広くて、古参新参偏りなく幅広いリクエストを頂けたとともに、LStypeミクのファン層の広がりと言うか、2019年現在も初音ミクは幅広く愛されているのだなと実感しました。

    さてブロマガでも既述の通り、当初は動画で紹介する曲やコメントを視聴者さんからもらえてラッキーなどと軽い気持ちで構えていた私ですが、いただいた曲への想いやエピソードを拝見していくにつれ、これは軽々しく扱っていいものではないなと思うようになりました。

    今年の8月末、ミク誕の少し前に、ミク界隈ではお馴染みの朝日新聞記者丹治吉順さん(通称朝P)が、withnews(朝日新聞系webニュース)に記事を書いてらっしゃいました。ボカロに救われた若者たちへのインタビューといった内容で、浅はかな私は「殊更そういった経験のある人たちを選んでインタビューしてるのかな」などと、どこか遠くの世界のことのように思っていたんですね。
    それがいざ自分たちが色んな人のボカロエピソードを聞く立場になってみると、同じようにボカロに人生を救われたという話がバシバシと届くわけです。学校、友人、家族、恋人…、様々な人間関係に苦しんだ日々を、その当時聞いていたボカロ曲によって勇気づけられたといったお話です。他人事のように思っていたことを目の前に突き付けられる形となってしまい、私の顔は見る見るうちに真顔に変わっていったというわけです。
    ボカロには(音楽には)大きな力があるんですね。人の人生をも左右するような。ミクさんは救いの女神、ボカロPはエヴァンジェリストといったところでしょうか。

    もちろん、そういった救いのエピソードだけでなく、大好きがいっぱい詰まったメッセージもたくさん届きました。皆さんの熱い想いが動画作りのエネルギーに転化され、また皆さんの元に返っていくことでしょう。Vtuberミクの今後の活動に請うご期待!


    なお、ランキング上位曲は、アオイチャンとアカネチャンが紹介してくれているので、良かったら見てください。


    https://www.youtube.com/watch?v=bu9XihOJvoc&t=1s

    1位はかなりダントツでODDS&ENDSですが、素直に好きだから選んでくれたって人と、LStypeミクチャンネルで取り上げるのにうってつけだなって思ってくれてる人と両方いるように思います。なんとなく、LStypeミクを通して視聴者が思い描いてくれている初音ミク像みたいなものが伺えますね。