# 0626_Hearts of Iron 4 生放送AAR(第4回)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

# 0626_Hearts of Iron 4 生放送AAR(第4回)

2016-07-05 23:47

    更新遅くなりましたが、HOI4イタリアプレイの第4回目。今回で最終回です!

    ギリシア出兵を契機に第2次世界大戦に突入してしまった独伊両国であったが、イタリアの目まぐるしい働きでパリを陥落させることに成功した。地中海には未だイギリスの影響力が残り、アフリカの広大な戦線は連合軍とのにらみ合いが続いている。果たしてイタリアは宿敵イギリスとの戦いに勝利することができるのか?
    というのが前回までのあらすじです。


    今回は1939年7月から。
    1940年中のブリテン島攻略を目標に進めていきます!

    1.地中海戦線

    マルタ、クレタ、キプロスと攻略していったまでは順調でしたが、サルデーニャ島、コルシカ島、リビアに連合軍の上陸地点ができており、安全な地中海への道はまだまだ遠い。

    これらを逐次撃破しつつ、連合軍の戦力を削いでいきます。
    順調に掃討が進んで、イギリスの陸軍戦力は80個師団から50個師団程度まで減り、ブリテン島上陸を目指すイタリアとしてはシメシメです。

    そう思ったのもつかの間
    ポコロココココ!!!(イベント音)


    ファッ!!
    まさかのローマ陥落である。
    幸い上陸兵力が軽微ですぐ取り戻せましたが、首都が陥落したら終了なゲームなら死んでましたね…。

    2.海上掃討

    イギリスおよびフランスの海軍は依然健在で、友軍ドイツがイタリア半島からアフリカに陸軍を送るたびに輸送船が撃沈されてしまい、枢軸の未来に暗い影を落とします。

    しばらく指を咥えて見ていましたが、近接支援機の数がそろってきたのを機に、空と海の両方から海上掃討を始めました。

    圧倒的じゃないかわが軍は!
    敵主力艦を合計20隻くらい沈めたんじゃないでしょうか?
    これでブリテン島上陸に向けて弾みがつきました。

    3.友軍状況



    ドイツは律儀にも1939年9月にポーランドに宣戦布告。
    アフリカに援軍を送っているせいか、ソ連が参戦した後も侵攻のスピードはゆっくりでした。

    その後ベネルクス方面にも手を出しましたが、オランダ陥落まで半年以上かかってました。それもこれもイタリアが一向に手伝わないからなんですけどね!

    ルーマニアや日本も続々と枢軸側で参戦。
    やったねムッちゃん、家族が増えるよ!

    4.ブリテン島上陸作戦

    そうこうするうちに空母艦載機の生産が始まり、上陸作戦の研究も進んだため、いよいよブリテン島への上陸作戦決行です。

    歩兵部隊を中心に約20個師団で上陸作戦を仕掛けます。後詰めは軽戦車による機甲師団。上陸地点は毎度のことながらポーツマス。目指せロンドン!
    本当は40個師団まで一度に上陸作戦が出来るんですが、アフリカ戦線に兵を回している都合で数がそろいませんでした…。

    途中イギリスの航空機の抵抗を受けたりもしましたが

    無事上陸に成功!というかポーツマスに防衛兵がいない!
    ブリテン島への上陸成功は、勝利とほぼ同義です。あとはスカスカのブリテン島を北上するのみ。

    ほいの

    ほい!

    無事、悲願のブリテン島攻略を果たしました。
    イギリスの降伏後も連合軍は講和する姿勢を見せませんでしたが、英仏を失った連合軍などもはや枢軸の敵ではありません。世界は我々の手中に収めたも同然である!

    しかし東方では、早くも新たな戦争の火種がくすぶっていた(プスプススス…)

    というわけでイタリアの戦いはまだ続きますが、生放送のAARはこれにて終了です。
    予定外の1938年に第2次世界大戦が始まってしまい、生放送AAR万事休すかと思いましたが、なんとか持ち直しましたね。
    生放送見てくださったみなさんは4回にわたりお付き合いありがとうございました。


    おまけ

    その後無事に枢軸の勝利で第2次世界大戦は終結しました。

    北米(ITALY)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。