# 0780_稀勢の里引退
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

# 0780_稀勢の里引退

2019-01-26 17:19

    今場所で稀勢の里が引退しました。
    私は稀勢の里と同郷茨城の出身で、応援したりしなかったりと複雑な気持ちを抱きながら、この15年大相撲を観戦しておりました。

    思い返せば若くして入幕を果たし、人気もあり、将来を嘱望された力士でした。一時期の遠藤なんかと立ち位置が似ています。そして、なかなかその期待に応えることができない力士でもありました。同時代のライバル力士達、朝青龍、白鵬らと比べると、どうしてもここ一番での勝負弱さみたいなものがありましたね。見ている側としてはもどかしさがありました。
    しかし、怪我の少ないことも幸いし、着実に三役常連、大関、そして満を持して横綱へと昇り詰めました。その点は運に恵まれていました。

    常々申し上げているんですが、稀勢の里の相撲人生での大きな実績は、2回、白鵬の連勝記録を止めたことだと思っています。当時は朝青龍が引退し、白鵬がライバル不在の中、破竹の勢いで様々な記録を塗り替えている時代でした。そんな白鵬に一矢も二矢も報いたことは、大いに存在感を示したと思います。

    今後は親方として後進の指導に当たるかと思いますが、現役時代の実績は協会での役職に直結してますので、次世代の力士の育成に、また、大相撲そのものの振興のために尽力してほしいですね。


    本場所の優勝争いに目を向けますと、残念ながら本日から白鵬休場ということで、優勝争いは2敗の玉鷲と3敗の貴景勝にほぼ絞られた形となりました。個人的にはこのまま星を崩さずに千秋楽までもつれてほしい所です。



    今夜の生放送。
    テクスチャーもだいぶ描けてきましたが、もちょっとありますね。じゃんじゃん進めていきましょう。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。