すぺくたくらさん のコメント

userPhoto
すぺくたくら
>>asty2000さん
物理演算はCPUで処理をするというのは聞いたことありますね。あんまり詳しことはわかりませんが。
fps4~6となると、動画や静画を作ったりするにはなかなか厳しいですね。最近はCPUのグラフィック機能でも十分処理能力があると聞いていましたが…。

MさんがDirectX対応中という話は聞いています。私としては、人柱はほかの人たちにおまかせして、安定してから使わせていただこうと思っています(´▽`;)
No.2
67ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
MMD用のベンチマークというか、MMDそれ自体でできる、こうと決まったグラフィック性能測定方法を探そうとはしてみたんですが、どうやら標準化されたものは無いようです。結局、昔ながらの「きしめん」(MMDに標準でついてくるダンスモーション)でfpsを測定する方法で、比較することにしました。ざっくりですけど。 使用バージョン:MikuMikuDance Ver.9.10 64bit 旧PC:core i7 2600K + RADEON6950 新PC:core i7 4771 + GeforceGTX760(4GB) ちゃんときしめんにも、ルカさんが参加しているのが、なんだか感慨深いですね。 ◆◆測定結果◆◆ きしめん(Allstar) 旧PC:130~170fps 新PC:220~280fps きしめん(ミクのみ) 旧PC:250~470fps 新PC:400~460fps Allstarではそれなりに差がつきましたが、ミクのみのケースでは、最高値にほとんど差が付きませんでした。性能差を計測するには、負荷が足りないということなんでしょう。 ちなみに、新PCでは画像出力で、10000px×5000pxくらいまではBMPに書き出せました。12000px×6000pxくらいになるとダメみたい。エフェクト乗せると、もうちょっとキツくなるかもしれません。 まあ、道具の性能ばかり良くなっても、それだけで良いものが作れるわけでもないので、生かすも殺すも、私のやる気と研鑽次第ですネ。