# 0375_読書感想文『アナトミー・スカルプティング 片桐裕司 造形テクニック』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

# 0375_読書感想文『アナトミー・スカルプティング 片桐裕司 造形テクニック』

2015-01-25 04:37
  • 3

良い本を読んだので、珍しく読書感想文です。


『アナトミー・スカルプティング 片桐裕司 造形テクニック』
(片桐裕司・著 グラフィック社)

アマゾンで見つけて、妙に評価が高いので少し前から気になってました。内容は、粘土で人物を造形する際の解剖学的な考え方やテクニックを記した本です。3DCGの人物モデリングでも役に立つかと思って購入してみました。人物モデリングやってませんが^p^

人物のリアルな顔を作るために、まず粘土で頭蓋骨を造形します。え?そこから!?
この本ヤバいっすね。ものすごく分かりやすいです。基本的には、解剖学的知識に基づき、骨と筋肉を意識して体の表面を造形していくのだということを述べていて、それ自体は珍しい話ではないと思います。ですが、作例の詳細なカラー写真をこれでもかと掲載されていて、説明の内容がスルスルと頭に入ってきます。難しい筋肉と骨の名前がたくさん出てきても全然嫌にならないよ!

徹頭徹尾粘土による造形の説明なんですが、およそ人体を表現する活動をする人であれば、3Dモデラーだろうが、絵画を志す人だろうが、はたまたMMDでモーションを作る人でさえも何かしら得るものがあるんじゃないでしょうか。
それくらい説得力を感じました。


事後ですが、今日の生放送。

今年はトークロイドする機会が若干少なそうなので、生放送で積極的にトークロイドしていきたい所存です。


広告
×
解剖学に興味がある人の導入にも良かったりするですかね……。

あ、ご無沙汰してます(^ω^)
58ヶ月前
×
タイトルに"アナトミー"と入ってると良書の確率が高いとばっちゃが言ってた。 でもエ○漫画の断面図表現は萎えるんだよなぁ・・・まぁ流行りだから仕方ないねw

あー、ももんがさんだ、ブロマガやめちゃったの? 最近どう?
58ヶ月前
×
>>ももんがさん
うひょ、お久しぶりです!
この本自体は解剖学の本じゃないので、この本で解剖学の知識を身に着けようと思うと失敗します。ただ、きっかけにはなるかと。私はもっと骨や筋肉や臓器について知りたくなりました。

>>nimrodさん
そりゃ杉田玄白さんも必死に翻訳しますよね。
私は断面図最初はダメでしたけど、最近は割とイケるクチです!
58ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。