ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

帝国特務部庶務課の男 TAKE5
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

帝国特務部庶務課の男 TAKE5

2021-05-09 22:19
    どうにかこうにか、川田とユイガの二名は無事香港にたどりついた、「いや~ながかった」
    ユイガも相当お疲れ気味である、川田「ちょうどうちの現地組の隊員が迎えに来てます」
    「ユイガさんの愛機も安全な場所へ移動済ですので、」ユイガ「いろいろとありがとうね」
    その足で現地のアジトへ向かう二人、数名の月組香港支部のスタッフが迎えてくれた、
    川田「で 明の現在の状況は?A「はい相変わらずアヘンをはじめ物流の密貿易は続いていますが、何より霊子エネルギーですがどうやら欧州へ数日中に輸送する事が判明しました、
    川田「へえ、アジアにとどまらず欧州へね、」「Gファミリーは今わかっているだけでも
    香港、イタリア、巴里、そしてロンドン、、とそれぞれ拠点を持っているようでして、」
    「しかし国家クラスでしか霊子エネルギーなんか抽出する方法がないはずなのに」
    「世界的マフィアと言えどうやって霊子エネルギーを?」A「いや、背景に国の力があると
    川田「ロンドンかな?」A「可能性は高いです、、、」「何せ巴里で大きな失態をしたと
    巴里支部よりの報告書が届いています」「確かにロンドンはこの賢人機関への参加を
    正式にしていない、独自で霊子鎧と言う乗り物を制作中と聞く、」
    ユイガ「じゃあ独自のこちらで言う人型蒸気を裏で制作中か、、、」
    「まずは蛇柱の組織の解体と明の身柄確保が最優先です」ユイガ「了解!!全力を尽くす」
    次の日からユイガをはじめとした諜報部員による捜査がはじまった、現地の言語?
    そうユイガもかなりのやり手である英語はなんとか片言ではあるが通話できるまでに
    なっていた、あくまで観光客の姿で香港の要所をまわっていった、
    数日後諜報部から欧州への貨物便が特定した、明日の晩だ、川田「向こうさんもかなり
    ピリピリしているらしい」「ユイガさん狙撃に関してはあなたの腕を我々信じるしかない」
    ユイガ「なんとかするぜ、武者震いだなw」そして次の日がきたのであった。。。。


                       TAKE6へ続く

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。