ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

帝国特務部庶務課の男 TAKE10
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

帝国特務部庶務課の男 TAKE10

2021-06-15 01:38
    イタリアでの初任務を終え 司令部に戻るユイガ、「うまくいってよかった」
    イタリア支部のメンバーより葡萄酒を頂いた、うまい!!とついついユイガは飲みすぎて
    しまったwさて 時同じく某建物内では白服の一人が粛清されていた、、、、
    「どうしても相手の素性はおろか肉眼では見つけられなかったのです、、、、」
    残る白服がしゃがみ込みある男の前で命乞いともいえる感じで謝るばかりである、
    チェバ「おいおい俺らはファミリーだぜ?身内から死人が出るなんて俺は悲しいぜ」
    「お前ら息子を信じて今回は任せたんだ、で相手を始末せずはおろか逃げてきた?」
    「親不孝な息子たちだ、、、だがファミリーのメンツを汚す者は家族ではないな」
    「ファザー、、、、もう1度だけチャンスを下さい、、、、」「いいだろう、だが」
    とチェバが片腕を上げた、その瞬間に二人の白服が気を失った、おいこのバカ息子らに
    薬をいれとけ、次は命がけで動くだろうよ、、、、二ヤリとあざ笑う男の姿があった。
    数日後、ユイガの元に衝撃的な情報が入る、「何!?藤島さんが誘拐?拉致られた?」
    イタリア支部からの連絡が入る、ユイガは急ぎ支部へ駆けつける、
    どうやら藤島一人で単独でGファミリーの件で捜査に出ていた矢先、Gファミリーの
    何者かに捕まったと思われると支部の諜報部員の話である、で?情報は?
    「今のところ何も情報は、、、、」ユイガは考えた、どうして藤島さんがそう簡単に
    素性がばれたのた?月組と向こうはどうわかったのか?内部の誰かが漏らしたのか?
    色々と考えていても結論が出ない、、、、その時別の諜報部員が急ぎ足でこちらに
    向かってきて、「ユイガさん、、、今イタリアの某広場の柱に藤島さんが着ていた
    上着が張り付けられてて、、何!?ユイガはその広場に向けて走るのであった。


                     TAKE11へ続く

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。