ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

帝国特務部庶務課の男 TAKE11
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

帝国特務部庶務課の男 TAKE11

2021-06-16 19:05
    ユイガは全力でその広場へ向かった、「藤島さん、、、、」現場にたどりついた先には
    確かに藤島さんが普段着ている上着がそしてその上着の足元には以前粛清された白服の
    骸が、、、、、ユイガは息をのんだ、既に地元警察が現場検証を行っている、、、、
    ユイガに近寄る男、イタリア月組の一人だ、「ユイガさん今はこれ以上深追いはやめましょう
    一時支部へ今後の行動すべては月組本部からの指示で、、」「くそう、、、俺が甘かったから」多くの野次馬の群れから二人は気配を消してその場を後にした、
    支部へ戻ると月組日本本部から連絡が入っていた、「当分の間敵からの挑発があっても
    動くな!!」そう藤島さゆり中尉を餌にして必ず月組が(向こうが月組とはまだわからない)
    正体を出すと踏んでイタリアマフィアがあらゆる手で挑発してくるのは予想できる、
    だからこそ軽はずみな行動を取るなと言うのだ、ユイガ「しかし時間には限りがある」
    「相手は人なんか平気でやる連中だしかも女性だぞ、どれだけ怖い思いをしているかと
    想像したらいてもたっても、、、、」「ユイガさん、とにかく本部からの指示を待ちましょう
    軍令違反はだめです!!そして翌日早くもマフィアが挑発を起こす、
    地元イタリアの新聞の広告に5人の女性の顔写真が掲載されていた。その中に
    藤島中尉の写真も、、、、記事はこうだ、「これら女性の関係者様へ丁重にわれらが
    保護しておりますが時間がさしせまっております、すぐに会いたいならば
    3日後イタリア○△公園の噴水広場へ白のバラを持参で来るように、もちろん無関係者の
    場合彼女らの安全は保障できない。 と 新聞社も何者かに脅され仕方なく掲載したとの事
    ユイガ「、、、、何を考えてやがる」怒りにすぐにでもあいつらのアジトをみつけだして
    殲滅してやる、、、それくらいユイガは怒りがこみあげていた、、、その時ユイガの背後から
    一人の男性がちかずく、「君がユイガ君か?今回随分大変な事になったねえ」
    ユイガ「どちら様で?」 「はじめまして私フランス大使館の大使の迫水と言います」


                     TAKE12へ続く
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。