ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

朝の桜と姫路城
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

朝の桜と姫路城

2016-04-02 11:50

     今週も無事夜勤が終了しました。
     ちょっと体力が余ってるなあと思ったら、今週は休みと雑用出勤で実労3日。どうりで楽だと思ったw

     ついでに居残りをしていたらすでに太陽もけっこう昇っていて、敷地内の桜の木が満開になっていたのに気がつきました。もうそんな時期なんだねえ。
     というわけで、まっすぐ駅に行くのももったいないし、今日はこの1週間では貴重な晴れの日らしいので、寄り道決定。余分に15分歩いて、あの城に向かうことにします。
     

     途中「十二所前線(じゅうにしょまえせん)」という西行き一方通行の途中にある十二所神社の入り口。
     この神社を知らなくても、いちま~い、にま~い…と皿を数えるお菊さんの「播州皿屋敷」の話は聞いたことがあると思います。そのお菊さんが祭ってあるのが、この神社なのです。城観光の前後に余裕があれば寄ってみてください。

     こちらは逆に東行き一方通行、国道2号大手前交差点。さすがに土曜の朝6時半、車いねぇw
     
     さあやってきました姫路城。光が右横から照っているのでコントラストがいまいちですが、桜はパッと見いい感じになっています。次の雨を過ぎてしまうとちょっとグリーンが浮き出すかも。
     今頃、この辺はどっと人が繰り出していることでしょうねえ。

     ちなみに大改装前の昼間、キャノンAE-1で撮った2009年バージョンはこれだ! クリックで拡大どーん。

     最後に山陽電車・山陽姫路駅前よりJR姫路駅方面。
     左:2008年、右:今朝。JR高架化とともに駅前の都市計画が進み、フェスタ(旧ステーションデパート)は駅ごと消えてピオレに姿を変えました。
     行き交っていた一般車も閉め出され、片側3車線あった道の大部分は広い歩道に。
     今道路を走れるのはバスとタクシーだけです。

     朝の姫路駅前よりお伝えしました。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。