サンムーンs6 最高・最終レート2103 全員エースのバシャバトンver2.0
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

サンムーンs6 最高・最終レート2103 全員エースのバシャバトンver2.0

2017-11-11 00:20
    1メガ2ゼット3きのみ構築


    各シーズンのサンムーンの上位の構築にはサイクル要素が多いように感じていた。
    そこで自分が使い慣れているバトンパにサイクル要素を取り入れて構築を作ろうと思った。
    (しかしサイクルをうまく組めたことがないため、枠組みのポケモンが決まってからサイクルっぽい調整を探し、良さそうなのを拝借した。)

    TNは ムーン

    <各ポケモンの調整>




    バシャーモ@メガ石
    性格:わんぱく
    特性:もうか→かそく
    技構成:フレドラ、ビルド、まもる、バトン
    努力値:h252b196s60

    サンムーンではあまり見かけなかったビルドメガバシャ。
    耐久に振っているため安定して3加速以上することができ、耐久に多くの努力値を割いているポケモンにバトンしても十分な素早さを確保することができる。
    ビルドでaを上げれば意地a252メガバシャくらいの火力も出るためアタッカーとしての運用も可能である。
    フレドラの反動があるため3タテは難しいが、バトンで敵を消耗させ最後にバシャで掃除するという展開を意識しつつ戦うよう心掛けた。


    技構成の意図
    ・1ウェポンのビルドバトン
    ・ミミッキュ、テテフへの打点としてとび膝蹴りではなくフレアドライブを採用

    努力値配分の意図
    ・hb…陽気ガブリアス(a130のタイプ一致)の地震耐え
    ・s…1加速でゲッコ抜き、2加速で陽気スカガブ抜き




    カビゴン@フィラのみ
    性格:いじっぱり
    特性:くいしんぼう
    技構成:恩返し、炎のパンチ、のろい、リサイクル
    努力値:h148a12b252d92s4

    いろんな人が使ってた調整。
    半分回復木の実1匹目。
    回復技を持っているためバトン先として運用できるほか、サイクル要員としても活躍することができる。
    あまり加速をバトンしても恩恵は少ないが、2加速でアシレーヌやポリ2、クチートを抜くことができる。
    大切なことはビルドアップの能力上昇をバトンで引き継ぐことであり、のろいを積んだ状態のカビゴンがHP満タンで木の実持って出てくることは相手にとって脅威だったと思う。
    2ビルドでバトンしたら試合が終わることもあった。


    技構成の意図
    おんがえし、のろい、リサイクルまでは役割上確定
    追加効果によってワンチャンをつかめ、ナットやカグヤへの打点にもなる炎のパンチを採用

    努力値配分の意図
    ・hb…1段階アップで特化メガバシャの膝を耐える
    ・hd…眼鏡テテフのサイキネで確3(らしい)



    テッカグヤ@イアのみ
    性格:わんぱく
    特性:ビーストブースト
    技構成:ヘビボン、放射、やどりぎ、身代わり
    努力値:h252a4b132d84s36

    いろんな人が使っていた調整。
    持ち前の耐性と耐久からバトン先にもサイクル要員にもなることができる。
    半分回復木の実2匹目、同じ効果を持った木の実をptに2つも入れられるのはサンムーン特有のことだなぁと思った。
    ビルドアップを積んでバトンすれば大抵の物理は止まる上、その後ボルトやリザ、ガモスなど不利なポケモンに引かれてもやどみがで上から削り倒していけるため一番使いやすいバトン先だった。
    バシャを受けに来るクレセリアやカバルドンに対しても強いためビルドバトンには欠かせないポケモンだと思った。

    技構成の意図
    木の実と相性の良い身代わり、ビルドと相性の良いヘビボンは個人的に確定
    今回は身代わりと相性がよくサイクルにも向いているやどりぎ
    最後にナット、カグヤ、ガルドへの打点となりうる放射を持たせた


    努力値配分の意図
    hd…テテフのサイキネ確3
    hb…a2段階アップミミッキュのシャドクロZを耐える→木の実発動
    s…余り(2加速でウツロイド抜き3加速で準速スカランド抜き)





    カプ・レヒレ@水Z
    性格:ひかえめ
    特性:ミストメイカー
    技構成:ハイポン、ムンフォ、あまごい、めいそう
    努力値:h44c220s244

    シーズン中はほとんど図太いhbで回していたが環境にあっていないと思ったためシーズン終了2日前に型をcsに変えた。
    耐久にあまり振っていないがメガバシャーモの膝を2耐えするくらいの耐久はあるため、耐性を生かしサイクルに参加することも可能である。
    調べたら数人が使ってた調整。
    カバリザテテフに強く出せる型であるため構築の完成度的にも型を変更して正解だったかもしれない。


    技構成の意図
    ハイポンムンフォめいそうまで確定
    最後にバトンがなくても全抜き体制に入れるようにあまごいを持たせた

    努力値配分の意図
    h…臆病リザYのソラビ耐え
    s…1加速で準速フェロ抜き




    ボルトロス@ラムのみ
    性格:ひかえめ
    特性:ちくでん
    技構成:10万、めざ氷、きあいだま、わるだくみ
    努力値:h228b4c116d132s28

    もともとかくとうZで運用していたが、レヒレの型を変えると同時にカバのあくび展開を透かせ、受けルにも強くなるラムのみを持たせた。
    サンムーンではバシャを止めに来る物理受けの水タイプが黒い霧を持つようになったため、能力を上げていなくてもサイクルを崩せるようなポケモンをバトン先に採用しようと思った。
    ドヒドやレヒレ、ミロカロスなどバシャを止めに来る水タイプに一致電気技が打て、サイクルに参加できるように耐久振りレボルトを採用した。


    技構成の意図
    役割を遂行するために10万と悪だくみは確定
    ラッキーへの打点としてきあいだま、グライオンようにめざ氷を持たせた

    努力値配分の意図
    hd…ひかえめレヒレのハイポンZ耐え
    s…最速カグヤ抜き
    cとb…あまり




    ガブリアス@ドラゴンZ
    性格:陽気
    特性:さめはだ
    技構成:げきりん、じしん、みがわり、つるぎのまい
    努力値:as252d4

    3シーズン前くらいに対戦相手が使ってきて強かった型。
    電気の一貫を切りつつ、バトンをしなくてもそこそこ早くかつ崩し性能もあり、みがわりでいろんな場面でターン調整もできる器用なポケモンだった。
    ビルドバトンが決まればこだわり無しの鉢巻スカーフガブなうえミミッキュのじゃれかげを余裕で耐えるためやりたい放題できた。
    バトンに合わせミミを後出しされたら妖Zを打ってくることが多かったためみがわりで透かしていた。

    技構成の意図
    一致技であるげきりんとじしんは確定
    バトン後の全抜き時にげきりんでこだわるのは怖いため逆鱗Zにした
    残りはZ持ちであることを生かすためみがわりとつるぎのまいをもたせた

    努力値配分の意図
    ぶっぱ




    <構築の使用感>
    今期は馬車バトンが動きやすかったため、バシャ+2体という選出が多くなった。
    ガブリアスやラティが吠えるを持っていた場合や、アシレーヌが滅びの歌を持っている場合はバトン選出では勝てないため、再戦ではサイクル選出を多用していた。
    トリルクチート軸とガルーラ軸にはめっぽう強く、他の構築にも互角以上に戦えた。
    今まで使ってきた構築の中では一番完成度の高いパーティになっていると思う。








    サンムーンお疲れ様でした!









    Special Thanks:きれいな日本語に添削してくれたリスナー




    追記:順位の画像追加(2019/6/11)




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。