• ぐだぐだスペイン滞在記-帰宅

    2019-07-21 18:31
    はい、帰ってきました。
     とりあえず、帰るまでの騒動をいろいろ。まず今日は早めに飯を食って早く出るぞ! といつものレストランの開店時間である6時半ちょい過ぎに行ったら閉まってる。マジか。でもなんかもう面倒になったのでチェックアウト。でメトロでエアポートへ。
     ……まだカウンターやってない。
     仕方ないから待ち。1時間くらい経てチェックイン成功し、ゲートを抜けて奥へ。チケットには2番って書いてあるから2番ゲートの前で待っていたのだが、なんか時間多いし空港をもうちょい見物するか、と立ち上がってふと掲示板見たら「10番ゲートに来てます」待てやコラ。
     はい、あのタイミングで立ってなければ間違いなく乗り遅れてたねハハハ。最後までいい加減だったなバレンシア。
     で、ヒースローへ。前も言ったが、ユーロ圏内を移動する時にはBAは機内食有料なんで、誰が払うかという感じでスルー。でヒースローでチェックイン。この時点で現地時間13時台。肝心のゲートは「14時半にアナウンスします」またかよ。仕方ないので暇をつぶしてから、一番遠いところだったCゲートの61番に行ってみた。しばらくすると並んでくれというアナウンスが出たので並んだ。
     ……そこから1時間経っても動かなかったです。はい。
     後で聞いたところによると、飛行機の空調関係のトラブルで修理してたからって話だった。一応詫び水と詫び菓子を配られたのでまあ、納得いかないけど一応飲み込んどく。
     で、それからのフライトは最悪だった。なにが最悪かって、隣の席と前の席のおばさんどもが両方ともDQN過ぎて。前の席は食事中だっていうのにおかまいなしにものすごく椅子倒してくるし、それで狭くて難儀してたら横から「邪魔だからあっち行け」とかクレームつけてきやがった。ぶち切れそうになったよ。食事の味もひどかったな……
     とりあえずそんなわけで帰宅なのだが、ここでBA、つまりBritish Airwaysの格付けをしようと思う。
     まあ、よかったことと微妙なことと悪かったことを挙げていこう。

    ・良かった点
    1)普通にUSBチャージャーとタッチパネルがあった。当たり前だって? ユナイテッドはなかったんだよ!
    2)緊急時の対応の映像ガイドにブリティッシュジョークを利かせてるのはよかった。無駄に回りくどいジョークで苦笑しか出ないあたりまで含めて、お国柄でいいんじゃないですかね。

    ・微妙な点
    1)機内食4回のうち1回、激烈にまずかったのがあった。なにあれ。本場ブリテンのメシマズを味わわせてやるってこと?
    2)BAのせいじゃないんだが、Brexitのせいでたぶんそのうち便利じゃなくなるだろうなあ、とは思った。将来的にはマイナス。
    3)紅茶とコーヒーみたいなあったかい飲み物が、頼んでからしばらくしないと来ないんだよね……微妙。
    4)なんか日航スタッフとの連携、取れてなくない? 訳すべきアナウンスが流れて来ないんだけど。

    ・悪かった点
    1)4回のフライトのうち、定刻通りだったのが1回しかなかった。その1回は羽田のおかげっつーか、ヒースロー発の便全部ルーズ過ぎだろ。
    2)これも空港のせいだが、どこのゲートから出るかがギリギリまでわからないクソシステムはなんとかしろ。
    3)やっぱ機内食有料はねーわ。いくらEU圏内とはいえねーよ。
    4)手荷物持ち込みのシステムが面倒くさくてわかりにくい。手荷物にタグをつけなきゃいけなかったり、二つまでという制限があったり。知り合い曰く、超過手荷物があると罰金取られるらしい。マジか。

    総合評価:うん……まあ、ファーストチョイスはねーわ。ユナイテッドよりはマシ、アメリカンとはどっこい、後のいままで使った航空会社のどれよりも悪いんじゃねーかな。
     今後注意しよう。

     そんな感じでした。まる。
  • 広告
  • ぐだぐだスペイン滞在記-5日目

    2019-07-20 11:59
    朝起きて朝食食って学会へ。まあこの辺はもうルーティンなんだけど、今日は学会についたらマシントラブルで記念講演がめっちゃ遅れてたという面白案件があったりした。
     それはともかく、バレンシアは自己責任の厳しいところだなあ……自販機がメトロ内にあるのは前に行ったけど、シンプルなバネ式で、バネが一回転してそこに挟まってる商品が出てくる系。んで、そのバネが回るだけの機械なので、うっかり売り切れの番号入力しちゃうと金だけ払って商品が出てこないという。ひどい。
     メトロのTuiN事件といい、なんでこうも……まあ、それはともかく。
     今回はbioparkとホテルの中間にあるcolon駅から、大聖堂へと向かってみた。相変わらずきれいな町並み、そして平然と町の温度計が指す35度。帰りたい……いやいや、大聖堂は見ないとあかんでしょ。ということで行ってきた。拝観料8ユーロ。
     見応えあったよ。聖杯も見たし。しかし聖杯って世界各地に何個あるんだろうな……自称聖杯、ここだけじゃないよね? たぶん。青森のイエスの墓を思い出した。あと仏舎利を集めるとお釈迦様はすさまじい巨体だったことになるって話も思い出した。
     というか、ガイドの音声が言ってた「この教会最大の聖遺物」と称するものも聖杯じゃなかったしな……マジモンだと思ってたらその位置は間違いなく聖杯だろうから、現地でも信じられてないんだろうな……
     そんなことを考えながらホテルに帰宅。帰ったときにまだルームクリーニングが終わってなかったという若干あれな小ネタも挟みつつ、なんか熱射病ちっくに頭痛かったんで、薬飲んで寝ようとしたが中途半端な時間。このままだと夕飯食えないな、と思って行ってみると誰もいない。出直して一時間後に行ったら「ここ8時からだから」……張り出しといてくれないかなあ、そういうの。
     料理はパスタとサーモンの照り焼きを頼んだのだが、パスタと称して出てきたのは意味不明料理。くっそうまかった。正直びびった。一方でサーモンの照り焼きは、あれだったら日本の方がうまいなあって印象。全体的にバレンシア、やっぱラテンの食いもんがうまい印象。パエリアとパスタとピザが鉄板かねえ。イベリコ豚はあまり印象に残らない。どっちかっつーとチキンが多い感じだった。
     そんなこんなで後は帰るだけ。ここが一番の踏ん張りどころだ……!
  • ぐだぐだスペイン滞在記-4日目

    2019-07-19 14:42
    さすがに今日は反省したので、学会行ってから外を散歩することを決意。
     学会は、なんか面白いネタあるかなーと記念講演だけ見たんだけど、結論としては、なかった。分野が違いすぎて意味わからん。
     で、終わってからメトロに。ちょっと小銭追加でほしいなあ、と思ったのもあって、TuiNに5ユーロだけチャージしようとして20ユーロ入れたら帰ってきたのが5ユーロ。15ユーロチャージされとる……なぜに。解せぬにもほどがある。絶対使い切らないしどうすんだこれ。
     それはともかく、bioparkとやらが観光名所として有名で、大学から一駅だったので、まずはそこで降りてみた。カメラをぱしゃぱしゃと。……いろいろやってみて思ったけど、これ、観光名所よりなんでもない町並みの方が遙かに美しいなあこの町。メトロ二駅分、ホテルまで歩いてみたが、まあ見応えあること。裏路地は知らんけど大通りは本当にきれい。ただ乞食多いのがちょっと……それだけはネックだねー。禁止する条例もないみたいだし。
     で、大聖堂を見ようと思って行ってみようとしたのだが、途中空腹でレストランへ。そしたら今度は尿意がやばくなって、大聖堂内のトイレもどこにあるかわからんし、ということで今日は撤退。明日こそは大聖堂を見るんだ!
     あ、レストランのメニューですが、この町で牛肉はやめた方がいいということがわかった。くっそまずい。にんじんとかぼちゃのスープはくっそうまかったのでレストランの質のせいじゃなさそう。
     で、暑さで限界ってのもあってホテルへ。夕方また繰り出そうと計画したが、結局力尽きて寝てしまった。起きたときにはもう、観光客が出るにはハードル高い時間だったよ……仕方ないのでそのまま寝て今に至る。明日こそは大聖堂!