艦これ-第二期-いつもの任務とレベリング
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

艦これ-第二期-いつもの任務とレベリング

2018-09-09 16:02
    備忘録と、最近始めたor再開したひと向けとして、いろいろ書いておこうと思う。


    1)第二期でできなくなったこと
     まず、経験値がボスマス高め、それ以外低めに変更された。
     それに伴って、3-2-1レベリングやリランカレベリングといった従来の高効率レベリングは軒並みできなくなった。
     また、2-xの潜水艦対策が強化され、オリョクルは過去のものになった。
     5-4も敵が大幅強化されているので、かつてのような天国ではなくなった。
     以上ができなくなったこと。


    2)代替(1):オリョクルについて
     まず、オリョクルのいいところは、潜水艦によるエコ編成で空母と補給艦を大量に狩れるところであった。
     完全ではないがこれについて代替できるものがある。
     まず、補給艦については、2-2を軽空母3潜水3で回る。すると、補給艦2を含む雑魚編成と戦って、その後ボーキサイト拾って帰還。完全羅針盤固定なので、デイリー補給艦任務はこれを二セットで終わる。ほぼダメージはない。
     次に空母については、2-1を潜水6で回る。輪形が多いのでダメージを割と食らうが、最後まで行けば確定で空母4隻倒せるので便利。なお、ボスまで完全羅針盤固定なので、南西任務もはかどる。
     南西任務が終わった後の潜水艦は7-1が便利。


    3)代替(2):レベリングスポット
     有力視されているのは5-2-1レベリングと7-1ボスレベリング。
     両方とも経験値が大きい。また、5-2-1レベリングの場合、これは空襲戦であるため、摩耶や秋月型×2あたりを連れて行ったり、噴進砲回避を使ったりするとほぼノーダメ。もちろんまるゆ単艦でもノーダメ。
     7-1は軽い艦を大量に連れて行けるのがメリットだが、潜水艦相手なので、対潜能力が低いと事故る。先制対潜ができる軽巡駆逐合計4(軽巡は1まで)を用意し、これに育成艦を旗艦にして突貫。事故要因は1戦目に潜水艦が5隻出てきた場合(ほぼ無傷だが)と、2戦目に雷撃戦で大破した場合(これは割とある)。どちらも、それほどリスキーに感じない程度の難易度なので、駆逐艦はここでレベリングするのがよい。
     なお、軽巡駆逐以外の要因を連れて行くと事故る。その場合には4隻にすれば雷巡や海防などをレベリングできるが、ボス前で逸れる可能性が若干生じる。


    4)余談:あ号作戦
     1-1を駆逐単艦で行くとかなりの割合でボスに行きます。
     12隻にフルキラ付けるとあ号が終わる。


     以上で。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。