ぐだぐだスペイン滞在記-5日目
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ぐだぐだスペイン滞在記-5日目

2019-07-20 11:59
    朝起きて朝食食って学会へ。まあこの辺はもうルーティンなんだけど、今日は学会についたらマシントラブルで記念講演がめっちゃ遅れてたという面白案件があったりした。
     それはともかく、バレンシアは自己責任の厳しいところだなあ……自販機がメトロ内にあるのは前に行ったけど、シンプルなバネ式で、バネが一回転してそこに挟まってる商品が出てくる系。んで、そのバネが回るだけの機械なので、うっかり売り切れの番号入力しちゃうと金だけ払って商品が出てこないという。ひどい。
     メトロのTuiN事件といい、なんでこうも……まあ、それはともかく。
     今回はbioparkとホテルの中間にあるcolon駅から、大聖堂へと向かってみた。相変わらずきれいな町並み、そして平然と町の温度計が指す35度。帰りたい……いやいや、大聖堂は見ないとあかんでしょ。ということで行ってきた。拝観料8ユーロ。
     見応えあったよ。聖杯も見たし。しかし聖杯って世界各地に何個あるんだろうな……自称聖杯、ここだけじゃないよね? たぶん。青森のイエスの墓を思い出した。あと仏舎利を集めるとお釈迦様はすさまじい巨体だったことになるって話も思い出した。
     というか、ガイドの音声が言ってた「この教会最大の聖遺物」と称するものも聖杯じゃなかったしな……マジモンだと思ってたらその位置は間違いなく聖杯だろうから、現地でも信じられてないんだろうな……
     そんなことを考えながらホテルに帰宅。帰ったときにまだルームクリーニングが終わってなかったという若干あれな小ネタも挟みつつ、なんか熱射病ちっくに頭痛かったんで、薬飲んで寝ようとしたが中途半端な時間。このままだと夕飯食えないな、と思って行ってみると誰もいない。出直して一時間後に行ったら「ここ8時からだから」……張り出しといてくれないかなあ、そういうの。
     料理はパスタとサーモンの照り焼きを頼んだのだが、パスタと称して出てきたのは意味不明料理。くっそうまかった。正直びびった。一方でサーモンの照り焼きは、あれだったら日本の方がうまいなあって印象。全体的にバレンシア、やっぱラテンの食いもんがうまい印象。パエリアとパスタとピザが鉄板かねえ。イベリコ豚はあまり印象に残らない。どっちかっつーとチキンが多い感じだった。
     そんなこんなで後は帰るだけ。ここが一番の踏ん張りどころだ……!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。