艦これ-島嶼防衛強化作戦-決戦!南太平洋海戦-最終ゲージ破壊
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

艦これ-島嶼防衛強化作戦-決戦!南太平洋海戦-最終ゲージ破壊

2020-08-11 03:10
    えっと。
     今回イベ、攻略サイトがあまり機能してないので、単純な備忘録だけじゃなくて「どうやってこういう艦隊を組もうと思うに至ったか」まで含めて、細かめに書いておきます。
     甲種勲章まであと一歩のところで手が届いていないプレイヤーは参考になるかも。

     まず、今回から制空権シミュレータを使い出しました。
     なんでこれを使い始めたかというと、友軍なしでE7-2に挑んでいたときに、そもそも相手にならなかったから。とにかく地獄のような対空で、攻略サイトと似た編成組んでるはずなのに見事に赤城が枯らされてしまったり。
     で、なにかがおかしいと思って、なにがおかしいのかを洗い出すためにいつもの制空権計算機を使って洗い出してたら、原因は「水戦がひとつ足りてない」ために、「道中優勢が取れてない」ことだった。
     これにちょっとショックを受けた僕は、もうちょっといい計算してくれるサイトを探して、結果としてシミュレータでいいやとなったわけだ。最初面倒そうと思ってたが慣れるとすごく使いやすいサイトだったね。

     で、今回ぜかましを中心としていろんなサイトのおすすめ編成を見ながらラスダン突っ込んでたんだけど、ぜかましもwikiも今回、本当に頼りにならなくて。まず、wikiの方にあるのは長門陸奥低速と高速編成で、低速の方をお勧め。ぜかましも同じ。ぜかましは当初はたしか空母は無難に枯れにくい編成で、後に枯れやすいけど強い噴式採用戦法に切り替わったわけだけど、どちらもやってみたけどA勝利すらできない有様。そもそもこの戦法だとボスにたどり着けないことも多く、たどり着けてもだいたい10隻中大破くらいする。夜戦前に第二が4隻くらい残ってて、友軍がその第二を殴って一向に第一が削れず、ボロボロになったこちらの第二がどんだけ殴ろうが相手はびくともしないし、そもそもカットインが発動しない。そんだけなら運がよければワンチャン行くと思うんだけど、運に頼るにしてはこの空母構成、シミュレータによると25%以上爆撃機が枯れるんですわ。彗星江草と爆弾岩でも、だよ? なのでいろいろ考えて、問題点を挙げていった。

    1)長門と陸奥の胸熱砲はたしかに強いが、その後この二隻は置物になる。しかも旗艦を占拠するのでかばう対象の指定が奪われる。さらに第四を選べない。このデメリットに胸熱砲の威力が見合うかどうかがまず微妙。発動判定失敗もあるし。
    2)隼鷹は特効火力あるんだけど、特効火力を活かせたのを見たことがなかった。これも微妙。そもそも第一に運頼みの攻撃艦が空母3隻だけなので、敵第一に有効打を与えられる可能性に乏しい割には攻撃を食らったときの無力化率が高い。割に合わない。
    3)問題は雷撃戦前に敵第二を枯らせないことにあるので、第二の方に火力艦を置いた方が明らかによさそうなのにこの編成だと駆逐4を要求されてきつい。
    4)この編成だとZ1を通ってしまい、専用対策が求められる。が、対策できる余裕がある海域ではない。

     以上の考察から、他の攻略法を探してみた結果、艦これ速報のE7攻略記事のコメント番号443~445の編成に目が留まりました。ただ、その通りの編成はできなかった。
     なぜかというと、E6でゴトランド使ってるから。このコメントの肝のひとつはゴトランドに大型探照灯を使わせて夜戦箱にすることのようなので、それができないとなるとうーん。と考えていたとき、そういえば先制雷撃の攻撃判定は味方⇒敵なので、先制雷撃でナ級を黙らせる戦法ってあったな、と思って電撃的にひらめいた。まだ夕張使ってないじゃん!

     以上で攻略方針は決まった。まず第一は翔鶴、瑞鶴、サウスダコタ、鈴谷(サブ)、アトランタ、日進。鈴谷は筑摩でもいいかも。乗せているのは、翔鶴は天山村田、景雲、彗星江草、烈風十一。瑞鶴は天山村田、橘花、爆弾岩、52熟練☆10。鈴谷と日進は水戦箱。シミュレータの計算結果、これで翔鶴瑞鶴の爆撃機の枯れ率が10%程度まで抑えられる。爆撃機が枯れにくいことは繰り返し挑戦できる回数に影響するので、鈴谷を下手に火力として扱うよりは有効だと判断した。
     なお、下三隻がただの置物である。が、それがデメリットと思えることはなかった。胸熱砲が一回減っただけだし、そもそも敵は上三隻がかなりの確率で枯れるので、先に第一艦隊を無力化するメリットはあまりない。そういうことも加味すると、下三隻の「的」がいいガードしてくれるのは純粋にありがたい。割合削りも馬鹿にならない。
     第二は風雲、夕張、雪風、金剛、鈴谷、熊野。風雲と雪風はカットイン。金剛鈴谷熊野は連撃。鈴谷熊野には夜偵と三式弾、金剛は三式徹甲、風雲はD改三搭載。で、重要なのが夕張で、「魚雷魚雷甲標的探照灯電探」と積む。電探は射程を伸ばさないもので、穴開けてないならタービンでいい。これはカットインをするためではなく、開幕甲標的でナ級を黙らせることを目的とした装備。
     正直第二のこの並びはあまりよくなかった。今回随伴を無力化できる可能性は低いので、火力艦を問答無用で上に、夕張を一番下に配置するべきだった。なんでそうしなかったかって? 試行錯誤する前に割れちゃったからだよ! この編成にしてから二回目のボス到達で勝利でした。味方が強すぎて負ける気がしなかった。
     基地航空隊は攻略サイトテンプレ通りの劣勢2拮抗4です。敵対空がアホみたいに高くて七面鳥状態なので、陸攻はもうほぼ期待できない。野中だろうと容赦なく枯れます。だからこれがおそらくは最適解。

     最終戦では、翔鶴の彗星江草は枯れるし、友軍も鳳翔入りの弱いので、正直あまり目を感じてなかったのだが、770以上残ったボスに風雲カットインが突き刺さり、中破雪風も刺さって40ダメ入れ、最後に金剛が敵ボスHP130くらいのところを136ダメでぶち殺した。よくやった!

     というわけでとりあえず甲種勲章いただきです。第三ゲージをウイニングランとか言った馬鹿は出て来い。友軍なし第二よりよっぽどきつかったわ! イベント前燃料20万それ以外も13万はあった資源が、燃料5万ボーキ4万まで減ったよ! バケツも300しかねーよ!
     ま、落ち着いたらよっちゃん掘りに行きますか。今回のイベントは大勝利! でした。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。