記事 11件
  • 経済学のための数学 in 東大

    2016-02-10 01:34  
    2
    https://twitter.com/stairlimit/status/69

    記事を読む»

  • F2Pの競争理論的分析

    2013-12-04 23:47  
    って研究、ないの? なさそうな気がする。 普通に戦略形で課金モデルをうまいことモ

    記事を読む»

  • 均衡予算乗数について

    2013-05-16 02:01  
    まあ、マクロの授業やってて最近いろいろ思うところがあって、ちょっとメモ代わりに。

    記事を読む»

  • パレート最適性の定義

    2013-04-17 17:52  
    http://math.econ.osaka-u.ac.jp/member/center/rcme/seminar.html はい、ここのMordukhovichさんというひとの講義に出席してきたわけですが。 ちょいといま手元に資料がないせいで確認できないんだが、あの講義におけるパレート最適の定義、どっかおかしくない? と思ったので、備忘録的に書き留めておく。 うろ覚えなんでちょっと頼りないけど、

    記事を読む»

  • 行動経済学とか

    2013-04-11 20:15  
    最近ちょっと金が足りないので、定期預金解約して一部を普通預金に変更、残りを投資信託に回してみたんですが。 銀行のおねーちゃんといろいろ話をした上で、最終的に一番リスキーな商品に全額ぶっ込んだ後で、ふと自分の行動を内省してみたわけですよ。あれ、僕こんなにリスクラバーだったっけ? という感じで。 で、まあ表題の話を思い出したわけです。基準点より下がることのリスク回避度と上がることのリスク回避度が違うっ

    記事を読む»

  • 実験の提案

    2013-03-24 19:39  
    ちょっとした実験を考えたのだが、誰かやらないだろうか。 どんな実験かというと、まず被験者は毎回3名ごとのグループに分けられる。この3名は毎回くじびきで変わるし、自分がどのグループに所属しているかは被験者には伏せられる。 3名はパソコンのチャットでやりとりをする。名前は適当にrabbit, fox, catという感じで一回ごとに適当な名前を割り振られる。誰が誰であるかは最後まで被験者にはわからないよ

    記事を読む»

  • 研究メモ(要tex語)

    2013-03-21 22:54  
    オーケー。とりあえずメモっておこう。 生産関数をf(k,z)=\sqrt{k}zとしよう。 変数zは[0.5,1.5]上の一様分布に従うとする。 生産量xに対してp(x)=0.8x(訂正:p(x)=0.4x)という資本蓄積ルールを考えよう。 そしてp^1(x)=p(x)とし、p^n(x,z_1,...,z_{n-1})=p(f(p^{n-1}(x,z_1,...,z_{n-2}),z_{n-1})

    記事を読む»

  • 研究の話(未解決問題含む)

    2013-03-13 21:31  
    なんとかならんもんかなぁ…… いやね、いま考えてるのが、h(c)=g(c,z)\int h dL(z) こういう関数方程式なんですけど。 gとLは既知関数で、g(c,z)は正値、L(z)は確率測度として。 この関数方程式が、「zに依存しない」共通の解hを持つためのgとLのわかりやすい条件って、なに? また、その解が存在するとしたら、それは一意に決まる? これが知りたい。 ものすごい悩んでるんだが、

    記事を読む»

  • otani kiyoshiさん

    2013-02-27 22:46  
    http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/0022053183900303 この素晴らしい論文なわけですが。 個人的にすごく助かったし、インパクトもあって、どういう方が書いてたのかなってちょっと興味あるんだけど、探せない。 知り合いの先生によると、「おたに」先生らしいので、それで検索すると、筑波のマクロの専門家がひっかかる。 だけどこの論文は

    記事を読む»

  • 重商主義と中国

    2013-02-24 04:10  
    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1213&f=national_1213_014.shtml まずは上の記事をどうぞ。 で、まあ、言いたいことはいろいろあるんだけど、ふと引っかかった話が、この高官の考え方って「重商主義」なんじゃないか? と、つい最近になってふっと閃いた。http://ja.wikipedia.org/wi

    記事を読む»