THE@TER BOOST!感想~三姉妹カフェお客さんを巡る莉緒Pの話~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

THE@TER BOOST!感想~三姉妹カフェお客さんを巡る莉緒Pの話~

2018-01-30 01:29
  • 2

THE@TER BOOST!での一か月にわたる選挙戦が終了しました(今更)
各担当Pの皆様、お疲れ様でした。

百瀬莉緒は運良く三姉妹カフェのお客さん役での勝負に加わることができ、速報値ではジュリアに対して票数をリードしている形で終了しました。
(不正票でどうなるかはわかりませんが…)

選挙中はネコ・次女・探偵・キングあたりが注目されていましたので、お客さん側でどんな動きがあったのか知らない方も多いかもしれません。
今回は莉緒Pとしての観点から、三姉妹カフェのお客さんの票の流れを記述していきたいと思います。



【前回(TA)のおさらい】
THE@TER BOOST!の前にGREEでTBと同様の投票形式で行われた
THE@TER ACTIVITIES


・役柄
剣と魔法のファンタジー:勇者、魔王、妖精、四天王、村人A
任侠:風来坊、お嬢、子分、悪徳組長、用心棒
学園ホラー:普通の子、幼なじみ、転校生、部長、霊

百瀬莉緒は剣と魔法のファンタジー四天王に票が集まるもののトップ争いには食い込めず、結果は3位。

・四天王(最終結果)
1位:亜利沙 63390票
2位:奈緒 62418票
3位:莉緒 14171票
4位:歩 11919票
5位:茜 11668票

基本的に集約できるような役がなく、残念ながら見せ場すら作れずに終了。
「次に来たときには、せめて役争いには加わりたい」
と思っていた莉緒Pは多かったと思います。
(自分も序盤に四天王莉緒姉に入れた後は票を貯めて、終了直前で霊花さんに入れました)

結果的にTAで役を取れなかったことが
TBへの莉緒Pのモチベーション、最終的には得票への追い風になったことは間違いないでしょう。



【序盤戦】
・投票前
「ミリシタ 2017年サンキューニコ生」内にてシアターブーストが発表。

超ビーチバレー:新入生、先輩、キング、右腕クイーン、同級生
三姉妹カフェ:長女、次女、三女、ネコ、お客さん
劇場サスペンス:新ヒロイン、スタア、元大女優、支配人、探偵

その際、出演声優さんたちがキャストを考える企画があり
百瀬莉緒は三姉妹カフェお客さんに名前が挙げられていました。

序盤戦での票割れ展開の原因にもなりましたが、
最終的には役への道筋を示したファインプレーに変化。
本当、何が要因になるかわからんもんだなと今更ながら思う次第です。


・投票スタート~お客さんへの一本化
投票開始時のGREE内にあるコンベンションセンター(以降:コンベ)では、
ある程度お客さんでまとまってスタートしたものの序盤は票割れで苦戦
コンベでは1日目終了時の票数と1位との票差を比較して、
どこに行くべきか再度検討されています。

キング:173(トップとの差:736)
クイーン:70(トップとの差:564)
長女:192(トップとの差:3284)
お客さん:181(トップとの差:599)
スタア:43(トップとの差:890)
元大女優:86(トップとの差:981)

今見てもかなり票割れしてます。さらに長女歌織さんが強い。
キングとか長女とかも見たいよね。自分も見たいし。
コンベでは結局お客さんのまま進むことになりますが、
票割れ分は結局一本化まで行くことは無かったと記憶しています。

1日目終了の時点で莉緒3位
パーソナルカラーでイケメンの要素が強いジュリアが離して1位
同じイケメン要素を持つ2位でその後ろに付く形。

ジュリア :780
舞浜歩 :200
百瀬莉緒 :181
大神環 :123
木下ひなた:113

莉緒陣営は歩を抜いてまず2位の地位を固めるという形で動くことになります。

・プラチナスターシアターイベント開始
Princess Be Ambitious!!のイベントが始まると、
累計ポイント報酬による投票で少しずつ2位と3位の差が開き始めます。

(12/23 0:00時点)
ジュリア :7679
百瀬莉緒 :4403
舞浜歩 :2868
木下ひなた:2419
大神環 :935

ですが、首位ジュリアの背中は遠い。
これはGREE版ミリオンライブをやってる人ほど感じてたのではないか、
と個人的には思っています。

ちなみにジュリアのプロフィールはこんな感じ。

名前:ジュリア
CV:愛美
特技:ギター
好きなもの:パンクロック
経緯:パンクロッカー志望だったが、手違いでアイドルに
持ち歌:流星群、プラリネ、エスケープ、待ちぼうけのLacrima
(Marionetteは眠らない、Eternal Harmony、アイル、brave HARMONY、FairyTaleじゃいられない)

容姿・声・アイドルになった経緯・持ち歌を見ても、
イケメンの数え役満みたいになってますね。
(事実、ジュリア陣営は票割れもなくお客さんに一本化できています)

ミリシタから始めたPはまだ1年も経っていないですが、
GREE版ミリオンライブを初期から始めているPは
もう4年以上ジュリアのイケメン姿を目の当たりにしてますからね。
この王道イケメンに正面からぶつかってもまず勝てない。
そんな思いが自分にもありました。

そんな中、とある計画が水面下で始動する…。

・莉緒姉Discord鯖設立~票を貯める我慢の時間
12/23のタイミングで現在のRiocordの前身となるDiscord鯖が設立
目的は有志の莉緒Pによる一斉投票
ジュリアに追いつくための票を一気に放出して浮動票を呼び込もうという作戦。
自分もこの鯖に入りました。有効人数的には10名を少し超える程度。
TB最終盤でも20名行くか行かないかくらいでした。

イベント期間中にDiscord内ではどのタイミングで一斉投票するかの話し合いが行われ、
最終的に12/30 11:00~11:30の間(イベントランキング報酬配布直前)での投票が決定。
投票券の備蓄を開始します。

一方でプラチナスターシアターイベントも後半戦に突入。
ジュリアとの差はイベント前半では3000前後で安定していたものの、
後半戦開始2日で6000前後まで離されてしまいます。
「なんとか勝負が決する前に12/30になって欲しい…」
危惧していた差もなんとか6000前後をキープした状態で、序盤戦最大の山場を迎えます。

・序盤最大の山場 有志による一斉投票
12/30 11:00。有志の莉緒Pによる一斉投票決行
自分もこのタイミングで134票を投票しています。
https://twitter.com/staygoldzz/status/946926629208518657

結果としてこの30分で1257票を獲得。どこの上位争いよりも速い30分速を記録し、
30分で94票しか入らなかったジュリアに対して一気に1000票以上差を詰めることに成功
https://twitter.com/imas_ml_td_b/status/946931407804252160

12:00以降もうまく作った流れに乗り票差を詰め、
最終的に1日で6000→3000まで差を詰めることに成功します。

このタイミングで票差が広がっていたら、その後の2度の一斉投票最後のアピールも不発に終わっていたでしょう。
まず莉緒をお客さんにしたいと活動する莉緒Pが大きく減っていたはずです。
ここでジュリアとの差を詰めた事が中盤以降の並走に繋がり、
その後の逆転劇に繋がりました。

この一斉投票はそういった意味で、地味ながら大きなポイントになりました。



【中盤戦】
・地味に広がっていく票差
年末年始のシアターショータイム期間前後、莉緒側は有効な宣伝を打ち出せず
ジュリアとの差はまた6000前後まで広がります。

1/4には3rdライブ幕張DAY1のニコ生があったので、
ジュリア側が一気に攻勢を仕掛けてくるやもと恐れていました。
(結局特に何もなかったですが…)

そんな流れの中、HOME, SWEET FRIENDSHIPイベント。
ここでも差は広がっていき、一時差は7500まで増えます。

差が10000を超えたら完全に浮動票が入らず
競り合いから独走状態になるだろうと考えていたので、
このタイミングから次の一斉投票の議論がDiscord内で始まっていきます。


・一斉投票前、踏みとどまる票差

Discord内で一斉投票の議論を行っている中、コンベでは真美Pからこんな質問がありました。
「他アイドルの配役関係無しに、劇中、劇外でお客莉緒に期待しているものは何ですか?」
これに対して何名かのPが自分なりの答えを書いています。
こういった地道な活動や、初星演舞での「埼玉県のちくわP」百瀬莉緒役の山口立花子さんを思い出させる謎のファインプレー影響があったのか票差が広がらず並走状態に。

前回のシアターイベントでは後半戦開始2日で3000開いていた差が、今回はほぼ維持
ジュリア一辺倒だった流れが変わる予感がしました。

流れを莉緒に引き寄せたい。

そんな思いからDiscord内で一斉投票の時間を1/8 17:00~17:30に急いで決定。
今回はコンベやTwitterにも情報を拡散し、少しでも規模を大きくして出来るだけ差を詰める流れを作れる形に持って行きました。

・決意の一斉投票
1/8 17:00~17:30に一斉投票実施。自分は194票を投じます。
https://twitter.com/staygoldzz/status/950278564863029248

この時間帯で莉緒は3901票を獲得。対するジュリアは426票
6800の差を3300まで詰めますがここから差は停滞。前回の一斉投票と同様、3000からの差が縮まらない状態に。

「また前回と同じ状態で終わったら…」

正直この一斉投票で追い付けなければ、勝ち筋はほぼ無いと感じていました。

1、莉緒側が一斉投票というカードを切っていること
有志で行った一斉投票を含めると2回目一斉投票となり、
今回は時間的に急だったとはいえ宣伝を行っての実施。
ここで追い付けなければ今後の莉緒Pの士気に関わることは明白でした。

2、ジュリア側が一斉投票を行っていないこと
莉緒側は一斉投票を行っていましたが、ジュリア側は全く動いていない状態
全く動いていないということは、それだけまだ票を隠し持っているのと同意であると考えていました。こちらの票の伸びが一段落した段階で、カウンターの票を入れることは十分に考えられる展開でした。

自分は何とか追いついてほしいと祈るような思いで票の行方を見ていました。

ただここで一つの偶然の風が吹きます。同じ三姉妹カフェネコで競っていた美也が志保に追いついたのです。ここでいつも以上に三姉妹カフェに注目が集まり、お客さん2位にいる莉緒への浮動票の力も借り再び加速。

ちょうど日付が変わるタイミングの前後でついに1位に躍り出ます
https://twitter.com/imas_ml_td_b/status/950381736512204800

今回のTB投票のターニングポイント
ここでジュリアを捕らえていなければ、そのままジュリアの逃げ切り勝ちの可能性が高かったと思っています。



【終盤戦】
・百瀬莉緒、ジュリア共に一斉投票へ
莉緒が追いついた後は一進一退の攻防が続く両陣営。
コンベ主導で両陣営の一斉投票が決まります。

百瀬莉緒:1/11 19:00~20:00
ジュリア:1/11 20:00~21:00

この時Discord内ではまとまった票を備蓄しておき、
最終盤の大事な所で一斉放出しようと方針を決定しました。
(最終的にその「へそくり」は1000票程度で、
最後の戦いへ臨む票としてはあまりにも小さいのは後で判明するのですが)

この一斉投票ですが自分の中では、
「一斉投票を行っていないジュリアの方が票数は上回るだろう。
なんとか票差が2000票くらいまでで収まってくれれば…」
と自分の中ではイメージしていました。そんなこんなで一斉投票が始まります。

(1/11 19:00~21:00の票数)
百瀬莉緒:8377 → 5157 → 3888 → 1389
ジュリア: 341 → 857 → 12823 → 1724

30分速ではジュリアが上を行くものの、持続的な票数では莉緒の方が上。
この時間での投票数では莉緒が18811票、ジュリアが15745票となり。初めて明確なリードを奪います。

この結果は莉緒Pの士気を大きく高めることとなり、
ここからジュリアに勝つための莉緒Pの大きなうねりが始まっていきます。

・大人組応援企画開始(#ゴーゴーレッツゴーアダルト)
ハッチポッチで「おとなのはじまり」を歌った4人(歌織、風花、莉緒、このみ)を応援する企画を、アダルトの日にちなんで1/15から開始。
対するジュリア側は#ジュリア投票ロックフェスアンコールで対抗する形に。

投票期間終了後どうアピールするかはDiscord内でも話していたのですが、
結局開始するまでには至らずこの企画に乗る形をとりました。
横のつながりで多くのアピールの機会を得たこの企画は、終盤で見事に嵌ったと感じました。


・各所へのダイマ、票取りへ動く

投票券獲得期間が終了した所辺りから、投票ダイマ要望やアンケート実施などの動きが増えていきます。これに対し莉緒Pはかなり積極的に情報を発信していきました。

今回莉緒Pが一番頑張ったのは、ここの部分だと思っています。
実際この活動で結構な票数を確保できていたはずです。
(ただこの件についてはやり過ぎだった面もあり、適度にやろうといった意見がコンベで発言されたくらいでした)


・ジュリア新曲視聴、百瀬莉緒イベント出演

奇しくも同じようなタイミングで公式での動きが発生。
ジュリア側でMS06の「スタートリップ」が視聴開始されると、
莉緒は新曲イベント「昏き星、遠い月」に抜擢。

間違うと逆風になることも十分考えられたイベント抜擢でしたが、
この「昏き星、遠い月」が最終的に大きなアピールの場になり、莉緒への追い風となりました。

・最終盤、最終日のラストスパート
莉緒側は名前にちなみ、最終日の100分前からの
ラストスパート投票を計画(#莉緒のお・ね・が・い)。
一方のジュリア側はコンベ内で「アイル」チームでの応援企画を模索するも頓挫。
最終的には1日かけた通常の一斉投票に。

ここで莉緒側の積み重ねたアピールが最後に花開きます。
一斉投票開始前の10000の差をさらに広げ、最終的には30000程度まで伸びた状態で終了。
最終的な票数はわかりませんが優勢の状態で投票期間が終了しました。



【総評】
「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

莉緒には偶然の追い風が沢山吹いていたように思う。
でも、そのワンチャンを莉緒Pは今回掴めた。途中で諦めずに頑張った結果だと思う。


【最後に】
百瀬莉緒のコンベを見ていただくとわかるのですが、
今回のTB投票、莉緒P以外の数多くの方々も応援してくれていました。
それに支援絵を描いて下さった方々を始め、Twitterで情報拡散にご協力下さった莉緒P。
さらにリアル側で票の確保に動いていた方や、SNSやってないけど投票してくれた人もいると思います。

皆様のおかげで、莉緒は最後まで戦うことができました。
本当にありがとうございました。

長かった。
胃が痛かった。
でも、楽しかったよ!


広告
×
記事作成お疲れさまです。
細かく経緯が綴られていて興味深い内容でした。
中でも最初の一斉投票は不思議に思っていましたが
狙いが分かって、ひとつ納得できました。

もうひとつ不思議なのは1/11 の一斉投票で
自分もジュリアがドーーンと伸びて引き離されると思ったのですが
むしろ莉緒が伸びる驚きの結果。
ここの不思議は謎のままなんですね。

ともあれ、莉緒が役を取れそうなのは嬉しい限りです。
莉緒陣営の頑張りと応援して下さった方々に感謝と祝福を。
本当に、本当に、お疲れさまです。
そして、ありがとうございます。
36ヶ月前
×
あたみさん、コメントありがとうございます。
1/11の一斉投票での伸びについては見解が難しいですが、1/8の一斉投票で莉緒が追い付いたことで莉緒への投票の後押しになったのかなと。浮動票の一部が応援票に変わり票が回ってくる+浮動票も割と入るみたいな感じで好循環になったのではないかと考えています。
36ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。