誰でも簡単に無料配信~お手軽Vカツ配信ことはじめ~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

誰でも簡単に無料配信~お手軽Vカツ配信ことはじめ~

2018-11-24 22:40
    ※この文章は早くて3分で読める分量です
    前フリ
    誰でも簡単にVtuberになれるという触れ込みでリリースされたVカツですが、私もリリース当日にオリキャラを作ったり、つい最近だとゲームキャラの再現を行ってみたりして、楽しんでおります。

    ところが、いざVtuberとして制作したVRMアバター(キャラクター)の配信を行おうとした場合、制作したアバターはニコニ立体へアップロード→バーチャルキャストで配信という手順になるのですが、このバーチャルキャストの操作はVRデバイス必須だったりします。

    まだVRデバイスは値段がこなれているとは言い難い状態なので、バーチャルキャスト以外の方法でVカツ活動、Vカツ配信を行う方法を幾つか検証しましたので、ご紹介します。
    うんうん、それもまた、Vカツだよね!
    1.バーチャルキャストによるダイレクト配信以外の方法を模索する

    Q:バーチャルキャストからの配信が使えないなら他に何か配信ツールはないだろうか?
    A:あります。そう、N-AIRならね。
    N-AIRはご存知の通り、ニコニコ動画開発総指揮を担当されている戀塚昭彦さんが開発されたニコ生配信ツールです。
    デスクトップ画面から特定のアプリ、画像、動画まで、何でもニコ生に流せます。
    ん?今なんでも流せるって言ったよね?
    まず、最初に考えるのは、Vカツの操作画面をN-AIRでキャプチャしたらどうだろうかと皆さん思うかもしれません。
    私もそう思いました……が、Vカツの画面で会話をしながら


    こんな感じでキャラの口を人力操作をするのは余程のドMでしょう(直球)
    いちいちこんな事を手動でやっていたらきりがありません。
    そこで、こうした会話アニメーション動画を予め作って、いつでもN-AIRから呼び出し、再生出来るようにしたらどうでしょうか?
    下の画像をクリックして見て下さい。


    おかわり頂けたでしょうか?
    予め、使いたいキャラクターの口パク動画(だいたい1フレーズ10秒くらいのループ動画にしておく)をデスクトップキャプチャソフトで作り、それを動画編集ソフトで繋ぎ合わせてそこそこ長い尺の動画を作っておきます。

    同じ要領で黙っているシーンのループ動画を作り、喋っている時と黙っている時とでN-AIRから流す動画をテレビのカメラ切り替えの要領で切り替えます。
    これならワンクリでいけますのでお手軽です。

    後、N-AIRから配信する映像ソースに真っ暗な画像を用意したり、シーンごとにカメラアングルをかえておいたりすると、上の画像の解説にある通り、カメラが切り替わったかのような演出が出来て、動画切り替え時の不自然さが緩和出来ます。

    カメラをポチポチとスイッチングして行くのでスイッチング配信、とでも言う所でしょうか。
    「もっと詳しく教えろ!」と言う人は私のサークルのサイトにやたら詳しく書いた奴があるので合わせてどうぞ。

    2.別に生放送でなくても良くね?

    身も蓋もない話ですが、ライブ配信に拘らなくても良いわけで、既に等の一部VtuberはMMDモデルが配布されており、それを使ったPVも出回っておりますが、これも広義のVtuberと言えなくも無い訳です。

    重要なのは自作のキャラクターを何かしらのコンテンツで活躍させる事が出来れば「うんうん、それもまたVカツだね!」となるんじゃないでしょうか。
    しかし、VカツはモデルデータをMMDのようにローカル環境で自由に扱う事は出来ないのでMMDのような運用は難しいのでは?

    と思う方もいらっしゃるかと思いますが、Vカツには11月24日現在、かなりの量のダンスモーションが実装されている上、背景画像を単色にして、いわゆるBB素材を作る事が出来ます。
    このダンスBB素材を組み合わせるとかなり本格的なPVを作り、Vtuberとして貴方のアバターをプロデュース出来る訳です。

    こちらはNymphiaさんが制作された動画です。
    「綺麗な動画だろ……Vカツのモーションだけなんだぜ……」(某野球選手)




    私が試してみた物(まだ未完成です。すいません許してください!何でもしますんで!)


    こんな感じでMMDのカメラアングルとVカツ側のカメラアングルを合わせて、クロマキー合成をすればMMDのキャラクターと競演させる事も出来ちゃいます。

    とまぁ、こんな感じでバーチャルキャストによるダイレクト配信に比べるといささか勝手はだいぶ変わりますが、活用方法はまだまだありそうです。

    一応、Vカツで作った動画・静止画は個人であれば同人コンテンツぐらいまでは使ってOKとの事なので、色々模索出来そうな感じです。

    一番いいのは、VRデバイスなしでマウス&キーボード操作でダイレクト配信出来る様にしてくれる事なんですけどね(;´Д`)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。