ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【ストーリー解析】キルラキル 第23話「イミテイション・ゴールド」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ストーリー解析】キルラキル 第23話「イミテイション・ゴールド」

2014-03-24 21:17
  • 36

キルラキル第23話「イミテイション・ゴールド」のストーリー解析を行う。→前回 →次回
記事一覧

■評価
★★★ スタンダード


[ニコニコ本編]http://www.nicovideo.jp/watch/1395322597

■総評
第23話は、原初生命繊維を潰すバトル回。ストーリーは単純で、どちらかというと視覚的面白さがメインだろうか。目まぐるしい戦闘や、はさまれたギャグ、キルラキルらしいアニメーションと言えるだろう。今回は流子たちの完勝だったが、これはあくまで前哨戦。次回は両者が全力でぶつかるため、もう少し波乱がありそうだ。

■基本情報
原作 TRIGGER、中島かずき
監督 今石洋之
脚本 中島かずき
アニメーション制作 TRIGGER
->Wikipedia

■登場人物
[主人公]
  纏 流子(まとい りゅうこ) - 小清水亜美
  神衣・鮮血(せんけつ) - 関俊彦
[ヌーディストビーチ]
  美木杉 愛九郎(みきすぎ あいくろう) - 三木眞一郎
  黄長瀬 紬(きながせ つむぐ)- 小西克幸
[満艦飾家]
  満艦飾 マコ(まんかんしょく まこ) - 洲崎綾
  満艦飾 又郎(まんかんしょく またろう) - 藤村歩
  満艦飾 薔薇蔵(まんかんしょく ばらぞう) - 堀内賢雄
  満艦飾 好代(まんかんしょく すくよ) - 福井裕佳梨
  ガッツ - ?
[本能字学園生徒]
  鬼龍院 皐月(きりゅういん さつき) - 柚木涼香
  蟇郡 苛(がまごおり いら) - 稲田徹
  猿投山 渦(さなげやま うず) - 檜山修之
  犬牟田 宝火(いぬむた ほうか) - 吉野裕行
  蛇崩 乃音(じゃくずれ ののん) - 新谷真弓
  伊織 糸郎(いおり しろう) - うえだゆうじ
[鬼龍院家執事]
  揃 三蔵(そろい さんぞう)- 野島昭生
[REVOCS社]
  鬼龍院 羅暁(きりゅういん らぎょう)- 朴ロ美
  針目 縫(はりめ ぬい)- 田村ゆかり
  鳳凰丸 礼(ほうおうまる れい)- 藤村歩  

■ドライバー分析
第23話のメインドライバーは2つ。

①流子たちが総出で原初生命繊維を潰す(E-G)
②縫の新羅纐纈が完成し、流子達の前に羅暁が立ちはだかる(E)

またサブドライバーとして、

③マコや四天王が太陽丸を守る(E-G)
④四天王が皐月を守る(E-G)
⑤マコや部長たちが太陽丸の動力となる(P=E-G)

などがある。
第23話のメインストーリーは、対羅暁の前哨戦(①)。ストーリー展開は単純で、流子たちが原初生命繊維を潰す話である。具体的には、裸の太陽丸上の流れ(③)である、

巨大COVERSが登場する(E)

それをマコが迎え撃つ(G)

しかし、次第にマコが疲れてピンチ(E)

そこに、四天王復活(G)

と、原初生命繊維上の流れ(①)、

流子と皐月が羅暁に攻撃する(G)

しかし攻撃は効かず、羅暁が仲間達の乗った太陽丸を狙いはじめる(E)

そこで、流子と皐月がトリックを使い羅暁を出し抜く(G-E-G)

怒った羅暁が皐月を狙う(E)

そこに四天王が現れ、皐月を助ける(G)

流子が原初生命繊維の中心部を攻撃するが、中々歯が立たない(G-E)

それに対して、マコたちが太陽丸を使って手助けする(G)

遂に原初生命繊維撃破(G)

から構成されている。ストーリー展開は単純で、これらは戦闘ものによく見られる、ピンチ→解決の繰り返し構造(E-Gの繰り返し)になっている。(ちなみに、この構造は第21話(流子説得回)と同じである。)

[羅暁に攻撃を仕掛ける流子と皐月]

見どころとしては、流子の使ったトリックや、四天王が皐月を助けるシーン、マコたち部長が太陽丸の動力になるあたりだろうか。特に、流子の使ったトリックは、別のストーリー展開に見えてハラハラする。画的に刺激が強いためか、事前に流子が合図を出して作戦だという示唆が与えられている。

[流子の胴体切断トリック。非常に刺激的である]

また、他2つのシーンはいつもながら、仲間の絆が感じられる良い演出である。原初生命繊維の中心部を破壊するために、みんなの力(物理)が後押しになるというのも分かりやすいテーマだ。

[新極制服に身を包む四天王たち、その後皐月を助けに行く]

[流子を後押しするため、タービンを回すマコや部長たち]

ストーリー展開的には、最後にラスボス的存在の“神羅纐纈”が登場し、いよいよ最終回という感じの引きで終わっている。今回は流子達の完勝だったが、次回はもう少し苦戦するかもしれない。現状の戦力では羅暁に分がありそうなので、次回は何らかピンチとなり、覚醒したり秘密兵器が登場する可能性が高いだろう。また、ストーリー展開的には、流子と父の問題が若干残っている感じもするので、そのあたりも期待である。

[遂に完成した神羅纐纈。巨大な服、ラスボスとくれば小林幸子しか思い浮かばない]

[次回はいよいよ最終回である]

■残された伏線

①鳳凰丸には何か秘密が?
仕上げと言ってなぜか神羅纐纈に吸収された鳳凰丸。単なる厄介払いかもしれないが、ちょっと違和感がある。それに、神羅纐纈が人を吸収するというのも重要な設定かもしれない。神羅纐纈がCOVERSを吸収するとか、何かやばいことが起こるのだろうか。また、鳳凰丸がただの人間ではないという可能性もあり、少し引っかかる。

[神羅纐纈に取り込まれる鳳凰丸]

②原初生命繊維は倒された?
流子たちによって中心部を破壊された原初生命繊維。しかし、羅暁はまだ「天種繭星降誕を止めることは出来ない」と言っており、羅暁の計画はまだ続いているらしい。当初の筋書きでは、原初生命繊維が電波塔から電波を発信するという計画だったが、それを神羅纐纈が肩代わりするのだろうか?ストーリー展開的には、電波が発信されてしまう可能性は十分あり、そうなれば流子たちにも何か手立てが必要になるだろう。

[中心部を破壊され墜落した原初生命繊維]

また、前回に引き続き、

③純潔と鮮血、そして片太刀バサミの関係は?
④覚醒したCOVERSを止める方法は?
⑤流子からあふれ出た光は何か?/流子と皐月が衝突した際の光は何か?
⑥羅暁の背中の傷は何?
⑦鮮血にはなぜ大人しい意志が宿っているのか?
⑧一身が流子に伝えようとしたこととは?
⑨キヌエとは何者なのか?
⑩黄長瀬の美木杉に対する“借り”とは?

などの伏線が残されている。

■おまけ
今週のベストショットは皐月の後ろでちょっと照れている流子ちゃんです。

[今までの立ち位置じゃないから落ち着かない模様]

[流子ちゃん本当によかったねー(モグモグ)]

[おっと、カップは割らなくていい!]

[それ、結構高いからな!(マコの影響で庶民派になったようです)]

■ストーリー詳細

(裸の太陽丸)

G マコが二つ星極制服で登場し、999連式急急救命吸引具でCOVRESを攻撃する。

G 四天王も裸のままCOVERSに挑む。

(本能字学園)

E そのころ縫は“シンラコウケツ”の制作に躍起になっていた。

(海上)

G 一方で、流子と皐月は羅暁と原初生命繊維の元に到着する。

E 激しい攻撃を仕掛ける流子と皐月だったが、羅暁は中々手ごわい。

(裸の太陽丸)

E 原初生命繊維が方向を変え、裸の太陽丸に攻撃を仕掛ける。

E COVERSも次々と乗り込み、マコに限界が近づく。
G そこに四天王が新しい極制服を引っさげて登場する。

G 四天王がCOVERSから人々を救出していく。

(海上)

E 羅暁と原初生命繊維が裸の太陽丸に接近する。

P 流子は皐月に合図をする。
GE 流子が羅暁に特攻をかけるが、逆に胴体を切断される。

GE 皐月が羅暁に攻撃を仕掛けるが、逆に羅暁に捕まる。

G しかし、それらは作戦で、羅暁の隙をついた流子が原初生命繊維の中心に突入する。

EG 怒った羅暁が皐月を攻撃するが、そこに四天王が集まり皐月を守る。

GE 流子が原初生命繊維の中心部を攻撃するが、中々切り裂けない。

P 裸の太陽丸の動力は人力だったらしい。
EG 人力の限界になっていた太陽丸だったが、マコや部長たちが歯車を回し、太陽丸を原初生命繊維に突入させる。

G 太陽丸が流子を後押しし、流子が原初生命繊維を貫く。

(本能字学園)

E 針目縫が“神羅纐纈”を引っさげて登場し、羅暁は縫の元に引く。
E 羅暁が縫の腕を修復する。

(裸の太陽丸)

P 皐月は流子たちは、最後の戦いの前に全員で紅茶を飲む。

(本能字学園)

E 羅暁が神羅纐纈をまとって現れ、鳳凰丸を吸収する。

G 流子と皐月たちは、最後の戦いに挑む。

(つづく)

次回に続く。

→前回
→次回
記事一覧


広告
他26件のコメントを表示
×
欠点こそ悪の根拠。しかし、バキは弱い。男が弱いのは欠点であるッッ!!。悪いのはバキ自身だッッ!!!!!
欠点だらけだが、世界最強者である父親は本当に悪か?
倒してしまえば、父親は弱く、しかも欠点だらけなので本物の悪として終わってしまう。
二人とも死んでしまえば、スーパーキャラクターの消滅は作者の失敗と言えなくも無い。本当に何もかもが終わってしまうから。
実際「子連れ狼」で、作者は主人公たちを殺したコトを後悔しているとの発言を何度もしているのでそれを踏まえてでしょう。
そうなった時、二人とも生き残って、バキと勇次郎との空気感を描いて、読者に投げるのは必然だった。
ドライバーなんて選んでいません。複雑な親子の空気感を描いただけだと思います。いかがでしょう!!!
85ヶ月前
×
>>34
>キャラクターの情動あってのストーリーですし、また、設定も出来事も全て情動の流れに分解されると説明した通りなので、あなたが言った「世界」とは空気感であると言い換えても宜しいですね?
私は、『設定も出来事も全て情動の流れに分解される』を公理として採用しません。(偽であるという意味ではありません。)ここが最大の違いのようですね。情動でないものが含まれる以上、「世界」は「空気感」ではありません。「空気感」は「世界」の一部です。

>まずあなたのドライバーの定義がテキトーなのです。
ドライバーの定義はこちらにあります。見失うといけないので、コメントはキルラキル23話のページにお願いします。
http://ch.nicovideo.jp/story_analysis/blomaga/ar364035

>作者視点(作者の世界→ドライバー→ストーリー)と読者視点(ストーリー→読者の世界→ドライバー→ストーリーの成立)と差があったり、・・・
ドライバーがストーリーと世界を成立させるということには差はありません。スタートの違いは、ストーリーがすでにあるかないかの違いです。作者にとってストーリーは作るものですが、読者にとってはストーリーは読むものです。

>もしドライバーがL(欲求)だけならば、ストーリー=ドライバーと言えるのではないでしょうか?設定や出来事も細かいLドライバーです。
これは、『設定も出来事も全て情動の流れに分解される』が成り立たなければ言えません。私の立場は、これを採用しません。

>設定、出来事における、情動を全く伴わない"何か"について考慮に入れようと言うような、わからないコトに対して思考停止があるような、あなたのドライバーとは違うのです。(私は細かいのが好きなので、厳密にしたいのです!)
私の立場は、『設定も出来事も全て情動の流れに分解される』を採用しません。情動を全く伴わない“何か”を認めない方が思考停止ではありませんか?

>前者は、
出来事:「アンパンマンが登場する」
意味:アンパンマンが事件を解決してくれる。
後者は、
出来事:『「アンパンマンが登場する」-Gドライバー』
意味:登場したのは、アンパンマンである。

これはあたなの誤読です。正確には次のものです。

出来事:「アンパンマンが登場する」
意味:アンパンマンが事件を解決してくれる。
出来事を成立させるドライバー:Gドライバー

出来事:『「アンパンマンが登場する」』
意味:登場したのは、アンパンマンである。
出来事を成立させるドライバー:Pドライバー
85ヶ月前
×
>設定、出来事における、情動を全く伴わない"何か"について考慮に入れるべき
"何か"について考慮に入れない私を思考停止だと言い放ったあなたに是非"具体例"を挙げてもらいたい!!
当たり前だが、読者の無意識が反応する"何か"も情動である。

>スタートの違いは、ストーリーがすでにあるかないかの違いです。作者にとってストーリーは作るものですが、読者にとってはストーリーは読むものです。
作者にとってのストーリーAと読者にとってのストーリーAと違いを説明していただきたい
あなたは、No.26に『「キャラクターを脚本やプロットの犠牲にしてはいけない」ということでしょう?それには私も同意します。』と書きました。
「キャラクターの情動をストーリーの犠牲にしてはならない」と言い換えても良いでしょう?
それが正しければ、ストーリーAとは、読者に伝える為の、無駄のない、キャラクターの情動の集まりと言い換えても宜しいでしょう?

>これはあなたの誤読です。正確には次のものです。
アンパンマンは悪役(E)を倒すからこそGドライバーになるという特殊な例(単純な善悪のアメコミヒーローなども同じ特殊な例)ですが、
何が特殊かってGである根拠がたったの一つ(悪を倒す)しかないという例外中の例外だから。バキなどの例のほうが良いけど、それを踏まえた上で、
まず、あなたのPドライバーの定義によると、情動的ではないとなっていますが、
No.32に『「アンパンマン大好き!」といった情動を生むかもしれません』と書いてありますがどういうコトでしょうか??
そして、Gドライバーが事件を解決してくれるという意味を導き出したのは特殊例であるおかげです(特殊例以外はムリ)。
また、「やった!」というポジティブな情動を教えてくれたというのはまた別の文脈がなければわかりませんよ。
アンパンマンというキャラが私がNo.34で書いたようなプラスマンのキャラだから、アンパンマンを見た瞬間そういった空気感にさせられる。その時にマイナスマン等を想定した人は、「事件を解決してくれる!」と思うでしょうけれど。
85ヶ月前
×
忙しいようでしたら、あなたと私の主張における最大の違いである"何か"についての具体例だけでよいのでご返信下さい。
私もちょっと今日から忙しくなってるので、返信遅れると思いますが、ご容赦下さい!

>『設定も出来事も全て情動の流れに分解される』を公理として採用しません。(偽であるという意味ではありません。)
どっちや~!!真なら"何か"は無いってコトで良い?
>『設定も出来事も全て情動の流れに分解される』が成り立たなければ言えません。私の立場は、これを採用しません。
>私の立場は、『設定も出来事も全て情動の流れに分解される』を採用しません。
どっちや~。。なぜ真なのに採用されないの・・?
85ヶ月前
×
てか二日三日位なら待つのでごゆっくりどうぞ!!

ついでに、想定している回答の一つで、例えば、ロリ声だらしなく甘えた歌い方をする女性歌手の歌に対して、女性視聴者であれば、下品に感じたり、清清しい男気のあるオトナの女性に感じたりする一方で、男性視聴者はそれと同時にエロを感じる可能性がある。その場合は女性作り手と男性聞き手との違いがハッキリと現れてくる。これは確かに"何か"の具体例があったと言えそうだけれど、作者は想定しようと思えば、想定できたコト。よって、想定できなかったのならば、作者の失敗。若しくはエロで売り上げが上がったのならたなぼた。
また、読者が無知(子供)な場合、日本語が苦手な外人の場合も。こっちは、読者の失敗。
85ヶ月前
×
段々と無遠慮になっていってしまって申し訳ないです。あと論点がズレて言ってる。

GELFPで解説するあなたのやり方でも社会には有益でした。私の間違えです。本当にすみませんでした。あと無遠慮なトコもです。

あなたの方が私のコメント理解していました。というか答えていただいて有難う御座いました。

欲求を悪E対正義Gとその他LFで分けて、キャラによる設定説明Pをさらにその他でつける方が良い考えですね。「バキなどの例のほうが良いけど」などと書いた私はバカでした(他にも結構バカなコメントしてましたが)。それこそドライバーで考えたほうが良い(空気感と一緒ですね)。完全に私が悪い。無駄な時間を使わせたコトをお詫びします。根本的な間違えをしていたのは私でした。
No.9で終わっていますね。No.13で書いている通り「単体のドライバーではなく、ドライバーの組み合わせとしてストーリーを捉えてみてください。」に尽きますね。
No.38の『「キャラクターの情動をストーリーの犠牲にしてはならない」と言い換えても良いでしょう?』も言い換えてはダメですね。何が細かいのが好きですだか・・。
Pによる基本的情動はニュートラルである。すみません。

”何か”については・・とにかく引っ張るようなコトではないですね。非建設的になってしまい、邪魔をしてしまった。反省します。時間を使わせてしまい本当に失礼しました。完全に私が悪い。重ねて謝罪致します。
85ヶ月前
×
また追記すみません、自分のコメントは有益であろうなどという妄想でNo.40まで書いていたので、返信してもらって当然のようなコメントをしていますが、それも撤回させて下さい。恩を仇で返した私はちょっと悪すぎです。反省じゃあ済まされないですね。とにかくすみません!!
85ヶ月前
×
"何か"についても、後から情動が発生する設定ならあるLドライバーは作者と読者で違いますね。

まさに、あなたの指摘する通り、私は読者の立場に偏りすぎていた。というコトだと今頃気づきました。ホントヒドいです。重ね重ねごめんなさい。読んでないからこうなる。。どうでも良い話なのですが、この手の失敗を以前もしました。まだ懲りていなかったようです。同じ失敗を何度もしない人間だと信じていたのですが、Fです。もうこれ以上は自重します。失礼しました。
85ヶ月前
×
>>39 >>40 >>41 >>42 >>43
ご満足いただけたようなので幸いです。
85ヶ月前
×
>>45
本当にすみませんでした。読む程、自分の馬鹿が露呈しているコトが見えてきます。これから5年は、この消えない重い恥を消す為に厳しい禊をしようと思います。浅はかで本当にごめんなさい。では本当に失礼します。良い記事応援しています(書きづらい立場ですが)。
85ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。