オンゲキ、ゴールド&プラチナレートへの道
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

オンゲキ、ゴールド&プラチナレートへの道

2020-07-03 23:44

    はい、何か前回の記事が1100参照数とかいただいたので調子に乗って続きを書いてます。

    オンゲキでやっておいた方が良いことを思いついた限り、
    つらつらと書いた記事です。

    まず初めに自分は2020/7/03時点でレートが15.10です。
    格別上手い方ではないですが、そこそこやってますし、
    自分がレートを上げるために意識したことをつらつら書くれす。



    首都さいたま()某所でプレイしているので、
    長身で不細工、薄毛のオッサンがいたらワイなので、
    生暖かく見守ってください。

    ターゲットとする層は難易度10~11でS~SSが取れるレベルぐらいです。
    それ以下の方は好きな曲で自分の難易度にあった曲を好きに繰り返して
    遊んでください。
    楽しんでいればのんびり上達します。
    私もオンゲキ稼働当初からやっていて上記ぐらいです。

    ということで、今回はほぼ文章ですが結論から。
    AAA~Sぐらいのスコアが取れる曲を2~3曲、
    Sが余裕で取れるがSSは取れないぐらいの曲を3~4曲見繕って
    練習に励んでください。
    基本その繰り返しをしていればゴールドレート(14~14.49)が
    普通にとれるようになると思います。

    上記についてですが、好きな曲をプレイする方が上達が早い、
    少し難しい曲をいくつか、比較的楽にできる曲のスコアを高める。
    という条件を満たす中でのバランスを選択しました。

    難易度12ぐらいまではカバー曲が多く、新規で始められた方で
    最近上達してきたけど伸び悩むというところがフォローできると思います。

    1曲だけずっとやるというのも上達はしますが、譜面のパターン把握の
    幅が広がらないのでこのように書いております。

    難しい曲にひたすら挑むのも、認識と反応が上がりますが、
    中々処理できる連動性を上げるのが難しいというところからの
    私の発言になります。

    ということで、好みというものを度外視すると、参考になる譜面が
    たくさん詰まった曲をひたすら練習するのが、効率としては
    一番良いのですが、それだと楽しみが失われてしまいます。
    好きな曲をひたすらプレイするのはモチベーションは失われませんが、
    自分の上達という意味で効率が良いかというのは疑問です。
    その二つをマイルドにしたのが自分の感想です。

    もちろん、私が提案する方向に向かって進んで疲れたときに
    自分が好きで自分の腕に見合わない(上下はどちらもという意味で)曲を
    プレイするのは自由でいいと思います。

    結局つまらないと続かないですし、上達がずっとしないのもモチベが
    上がらないと思いますので、その間を取る感じですね。

    明日またゲーセンから帰ってきて気が向いたら、
    さらにその先、音ゲーに必要な要素の分解について
    適当に書いていこうと思います。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。