ソシャゲをやった感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ソシャゲをやった感想

2013-08-25 02:32

    最近流行のソーシャルゲーム(以下ソシャゲ)についてちまちまと書いていきます。

    まずは簡潔に結論から書くと、かなり簡単でプレイしやすく1プレイがさほど長くならないので、やってみるとかなりハマりますね。 最近は絵も可愛いし、声もついていて、俗に言う無課金でもコツコツやってりゃ割と色々できるのも魅力的です。 しかし、ゲームとして考えると「好きなときに好きなだけやる」というのが非常にやりにくいため、一般的に言うゲームとは違い、ソシャゲに生活を合わせる必要性があるのが困り物だと思いました。

    ということで、ある程度書いたところで、自分がやったゲームや友人から聞いた話をダラダラ書いていきます。

    自分がやったソシャゲはmixiアプリのスパロボとリンドリの2つですが、まずはスパロボからいきましょう。

    スパロボは携帯電話でしかプレイできず、PCではプレイができませんでした。 最近は両方対応しているものも多いのでは?と思うのですが、mixiアプリは片っぽのみってのが結構ありますね。 そして、たんにポチポチするだけかと思いきや、スーファミでいう第三次と第四次の間くらいの質で戦闘アニメがあってびっくりでした。 ただ、戦闘のたびにそれなので、スキップするのが面倒でしたけども・・・。 後はユニットの相性など結構考えるところもあり、気長にプレイする分には結構楽しめるのではないかと思いました。 自分はそこまでやりこんでなかったので適当ですけどね。

    で、これは次に書くリンドリでもそうなのですが、俗に言うマラソンイベントが嫌でやめました。 簡単に説明するとイベント期間中にポイントを稼いだ順位によってもらえるレアアイテムが違うっていうものです。 mixiアプリはさほど人が集まっているわけではないので、無課金でも必死に張り付けば何とかなるのですが、必死にやればやるほど「なんで俺はゲームのために1~2時間おきにポチポチやらなきゃならんのだろう」って思ってしまうんですよね。 これが、自分の好きな時間に好きなだけやるなら、自分は割と作業ゲームが大好きなので辛く無かったんでしょうけどね。 もちろん、『ゲームをするための体力ゲージを回復するアイテム』ってのは課金アイテムなので、それを湯水のように使えば、好きな時間に好きなだけできるのですが、それではいくらお金があっても足りないので、社会の底辺には無理なプレイ方法ですね。

    あと、自分はスパロボで言うと版権アニメ、ゲームのロボットよりもサイバスターなどのオリジナルロボットの方が好きなので、それらがでていないmixiアプリ版のスパロボにどうしてものめり込めなかったっていうのもありますね。

    続いてリンドリ。正式にはリングドリームという、TRPGのガープスマーシャルアーツからの派生が元ネタのソシャゲになります。 自分はレッスルエンジェルス(のPS2版)が大好きだったんで、それのキャラがでてるってことと、mixiアプリでYahooモバゲなどに登録しなくても良いということで初めてみました。 そもそもは「ソシャゲなんてクソゲーどころかゲームですらねぇわ!」とか、散々声高に叫んでいたのですが、始めてみるとかなりガッツリはまってしまいましたね(汁
    メイン絵師のHALさんの絵も好きですし、美少女キャラがプロレスをするシチュエーションも大好きですし、レア度の高いキャラは自分が結構好きな声優さんの声がついてますし、育成を進めると自分(マネージャー)にドンドンなついてくれるしで、まさしく自分の時間をゲームにあわせてやっていました、というかこれはハマっちゃいますよね。
    さらに、好感度が最大まであがった状態でレアアイテム(消耗品)を使うと、キャラが告白してくれるものまであり、「あ~この子はどんな告白なのかな~」なんて思いつつ、ひたすらに育成をがんばってました。 そしてスパロボとは違い、最初からネットゲームでいうギルドのようなものがあるので参加してました。 そのギルドでのコミュニケーションも楽しく、先行して稼働しているYahooモバゲー版と両方プレイしている人からいろいろアドバイスももらえたりなど、あーだこーだ言いながらプレイするのが非常に楽しかったです。

    しかしながら、最初からひどい面も多く、まず手に入れたカード(レスラー)を練習で使って消費するのにも関わらず、選択をドラッグ&ドロップで行わなければならず、「腱鞘炎になるわ!」みたいな状況がずっとでした。 カードも4枚集めて合成しないと意味がない(さらにパラメータの上を目指すなら6枚ないし8枚必要)のにも関わらず、トレードシステムが実装されず中止になる始末。 mixiアプリ版は最初の週以外はずっとイベントが行われ、そのイベントで手に入るカード(レスラー)が次のイベントに必要(というか、効率よくポイントを稼ぐのに必要)だったりとひたすらにゲームに張り付けようとするので、休む暇がありません。(まぁ、自分が強迫観念的にとらえているところがあるかもしれませんが・・・) 自分は回していませんが、課金のガチャで出るカードが定期的に変わるため、一度に大量の金を使って回さないと4枚手に入れられないかもしれないということなど、やる気をなくすというか、そこそこに楽しませる気があるのかという作りになっています。

    挙げ句の果てには、2週間におよぶマラソンイベントがきたので、さすがについていけずにやめようとログインせずにいるのが現在の状況です。

    ニコニコ動画のアプリで「僕らのサーガ」をやったとき同様で、気晴らしでプレイしているはずのゲームが、ゲームが基準に生活を組み立てねばならないってのはおかしいんですよね。 まぁ、そういう中毒性に対し、きちんと自分を律し、生活をしていくのが大事なんでしょうけどね、自分にはできません!(断言)

    なので、未だに後ろ髪を引かれる思いですが、ソシャゲはやらないようにしようと思います。 1ヶ月前くらいから「艦これ」が凄く流行っていて自分もプレイしたいのですが、たぶん上記の用にゲームが基準の生活になりそうなのでやらないようにしておきます。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。