劇場版プリパラ み~んなあつまれ!プリズムツアーズ 感想【ネタバレ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

劇場版プリパラ み~んなあつまれ!プリズムツアーズ 感想【ネタバレ】

2015-03-17 03:16
    劇場版プリパラ観ました。
     ルート1、ルート4、ルート2と3回観ました。
     以下のテキストは本編の内容についてネタバレを含むので未見の方などはご注意ください。



     ▼▼▼

     劇場版プリパラと銘打たれてはいましたが、蓋を開けてみれば昨年公開の映画、「プリティーリズム・オールスターセレクション プリズムショー☆ベストテン」のリメイクとも言えるような作品でした。
     過去のプリズムショーを回想し続けるという構成もそうですが、特にメタ要素の配置が前作と同様である点が特徴的でした。今作のオールスターセレクションの扱いは前作のマジカルみおんと対応していますし、客席に座って上映中の注意を聞くキャラクタ(ジュネの溢れる髪)も昨年と同じです。映画の最後に次シーズンの登場人物・あろまとみかんが登場するのも前作でらぁらが登場したのと対応しています。

     前作との違いはどこにあるかというと、それはもちろんプリパラ勢のプリズムジャンプであり、あいら・みあ・なるのプリパラ式ライブです。プリティーリズムからプリパラへの『継承』と『感謝』。これがこの映画のテーマだと感じました。

     今作でプリティーリズムとプリパラという2つの作品の繋がりが厳密化されたのは、両方のシリーズのファンである人にとってはたまらなく嬉しいことだったと思います。
     2つの世界の繋がりについては、プリパラ本編中でもコスモやめが姉ぇの存在や、セインツのシルエット、マスコットの墓場などで仄めかされていましたが、今回の映画によってその繋がりがより詳しく描かれました。
     セインツの3人は過去作の3人とは別人(オールスターセレクションの3人とも別)であることがわかりましたし、プリパラのコスモとマイデザのコスモについても同様に別人であることや、ファルルとりんねが出会うことがあり得る、つまりプリパラの世界がプリズムワールドと繋がっていることなどが今回明らかになりました。
     また、そふぃがコスモへ言い放った「マスコットの地獄にいたんだ~」は3DSゲームの売上についての言及ともとれますし、プリティーリズムの世界崩壊の際のあいら達の台詞である「もう踊れなくなっちゃった」については、筐体の稼働や関連商品の展開もなくなってゆくプリティーリズムというコンテンツを踏まえての台詞であると私は捉えました。
     消えてゆくプリティーリズムというコンテンツの遺伝子がプリパラへと継承されることによって、プリズムの煌めきを伝えるというプリティーリズムのキャラクターの持つ使命が果たされて救われていく…という、コンテンツを取り巻く環境を織り込んだメタなシナリオがこの映画の醍醐味で、このシナリオは青葉譲にしか書けないものだなと感じ入りました。

     しかし、9割くらいの部分でこの映画のシナリオに感動して涙しつつも、残りの1割で、劇場版『プリパラ』なのだからもっとプリパラの要素を掘り下げて欲しかったな…と思いました。ですがプリパラはこれからもっと盛り上がってどんどこ何度も映画が作られるはずなので、その期待は森脇監督主導で制作される映画のためにとっておくこととします。

     最後に。ルート4にリソース割きすぎでしょ!!!!!未見の人は這ってでも行ってください。それでは。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。