【19】ワタシアネモネ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【19】ワタシアネモネ

2019-01-11 22:16


    ----------

    たとえ誤ちだとしても
    蕾のままじゃいられない
    私を巡るは赤い花
    あなたを信じて待ち惚け

    それでは歌っていただきましょう
    東北ずん子で「ワタシアネモネ」

    夜風に吹かれ 当てもなく
    ふらりふらりと 愛宕橋
    思い出の品 投げ捨てた
    いずれ頬を伝う涙と 海へ溶けるわ

    あなたへ あげるはずの
    愛が流れてく 広瀬川

    あなた色に染められたいの 
    私アネモネの花 熟れて舞い落ちて
    何度 日が沈めば忘れられるでしょうか?

    恨めども 恨めども尚
    ベッドに染み付いた
    あなたの残り香 香る その度に
    「愛して」と小さくささやいてみるの

    悪い癖よ どんな人にも
    あなたは優しくするのでしょう
    そうでしょう?

    それを見て(私)
    傷ついて(だけど)
    恋は盲目 それでも好きだから  

    「あなたが好き」
    「あなたが好き」

    「あなたへ伝わって」
    「あなたに伝わらない」

    「結ばれる夢よ」
    「私たちの恋よ」

    「どうかこの先で」
    「終わりを告げないで」

    あなたへ あげるはずの
    愛が流れてく 広瀬川

    形のない 行くあてもない
    私アネモネの花 淡く儚い恋
    何度 日が沈めば再び咲くでしょうか?

    悔やめども 悔やめども尚
    赤く染まる海は 太陽を隠す
    夢よ 覚めないで
    いつまでもあなたに溺れていたいわ

    「愛して」と小さくささやいてみるの

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。