ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

いちご大福で一喜一憂した話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

いちご大福で一喜一憂した話

2016-05-07 00:15
    どうも、水分です。
    GWも終盤に差し掛かってきましたが、実際10連休を取れる人はどれぐらいいるのでしょうね。
    私はしっかり平日仕事でした。

    そんなわけで、今日はそんな中私の休み中に起こった出来事について話したいと思います。

    お前の休みなんて知らんこっちゃって方はそのまま腕立て伏せでもしてください。

    その出来事があったのは5月5日世間一般ではこどもの日と呼ばれる日。
    その日、私は部屋で惰眠を貪り、パソコンを触り、飯を食ってトイレをするという完全にただのウンコ製造機に成り下がっていました。
    そんな中母親から届いたラインには



    そう、私がパンチラの次に好きな言葉のいちご大福が無数に書かれていました。
    いちご大福に目がない私は急いで自室がある2階から降り、1階でいちご大福を2.3個漁りまた自室に戻りました。
    きっと親からは往年のギャグ漫画さながらのドヒューンという効果音が聞こえていたことでしょう。
    女子高生のようにテンションブチアゲで自室に戻り、包みを開けると



    これまた私のテンションをゴリアゲするココナッツパウダーがかかっていました。
    病気になる前に食べたミスタードーナツを髣髴とさせる容姿と香りに私はもう部屋中をのたうち回りながらサッカーのサポーターさながらの狂喜乱舞をしました。
    とはいえ、一人で騒いでいても近所の方に「やだ。またいちご大福だわ」と思われるだけなので、一旦冷静になり食べました。

    感想を言うならメチャクチャ美味かったです。
    中の餡が非常に甘くイチゴの甘酸っぱさと相まってとても素敵なハーモニーでした。
    ちなみに、ココナッツパウダーは邪魔でした。

    大切にとっておこうと思ったのですが消費期限があったため素早くおいしく頂きました。
    食べたあとに気付いたことですが



    中に生クリームが入っていました。
    通りで、やけにおいしく感じました。

    夜は下痢をしましたが決していちご大福のせいじゃないと第二の脳と呼ばれる腸に言い聞かせました。

    とまあこんな感じで、簡単ですがいちご大福で一喜一憂した成人男性の話でした。
    こんな調子で残りのGWも楽しみたいと思います。
    短いですが今日はこの辺で。
    それではまた。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。