【千と千尋の神隠し】ラストシーンで豚の中に両親がいないと分かった理由【考察】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【千と千尋の神隠し】ラストシーンで豚の中に両親がいないと分かった理由【考察】

2020-01-09 22:00
    1.はじめに

    千と千尋の神隠しの最大の謎である「千尋が豚の中に両親がいないと分った理由」について、物語の中の場面、キャラクターの対比に注目しながらまとめることにする。

    詳しくは後に解説するが、この物語のテーマは

    「自分の最愛の人の姿かたちが変わってしまっていても、自分はその人を見つけ出せるのだろうか」というものではないかと考える。


    2.物語の題材

    この物語で題材にしているのは「水」と「人間」である。

    人間にとって水は欠かせないものであり、だからこそ川の神である「ハク」と人間である「千尋」が引かれあうラブストーリーになる。

    まず、「千尋」という名前について考察してみる。

    辞書で「尋」を引くと「水の深さの単位。1尋は1.8m」と記してあり、「千尋」はその1尋の千倍であり、計り知れない深さという意味である。

    この名前からわかるように、千尋はを表す名前である。また、ハクは住んでいた川が埋め立てられた川の主という設定である。千尋は物語の序盤で湯婆婆に名前を奪われ「千」になる。こうして水を意味する名前の部分を失い、千尋もハクもお互いに水を失っている状況であることが分かる。

    この点をふまえて、千尋が竜の状態のハクに乗るシーンを考える。二回あるこのシーンでは、千尋とハクが水の中に一瞬入る演出がある。これは、二人が一緒になった時だけ水の記憶を補い合い補完する仕組みではないだろうか。そして最後には名前、水の記憶を思い出すことができたと考えると筋が通る。最後のシーンは、千尋が川でおぼれた記憶があったという事実が大切なのではなく、広い意味で、人間が水との共存を取り戻すメタファーであろう。


    3.カオナシとハクの対比

    ハクの印象を言うと、清潔感があり、しつこくはないが困ったときに現れ、千尋を助けてあげる。また、千尋におにぎり、服を渡してあげる優男といったところだろうか。

    一方、カオナシはといえば、食べ方は汚く清潔感は皆無。千尋のことが好きで必要以上に付きまとい、彼女に対してセクハラとも取れる行動、パワハラともとれる行動をする。そして千尋にバンダナ、砂金、食べ物を渡す。正確には渡そうとする。

    ここまで見ると、千尋の前に現れたり、何かをあげたりするという点で見るとやっていることは両者同じなのである。

    これは偶然ではなく駿のメッセージが隠されていると考える。やっていることは同じであるように見えるが両者の行動には決定的な違いがある。

    それは千尋の目的の考慮である。

    そもそも、千尋の目的は湯屋で働くことでも、仕事がうまくなるわけでもない。親を見つけて帰る。それだけなのである。

    ここで、もう一度両者の行動を振り返ってみる。

    確かに、ハクは一番最初に両親の居場所を教え、連れてきた場所で渡すものはである。

    その点カオナシは、「欲しがれ」という言葉と共に、金、飯を無理矢理渡そうとする。

    明らかな違いは「千尋が一番必要としているものを理解して行動しているか」である。

    余談だが、これは恋愛においても同じであり、男の人は何かを与えて頼ってほしいと思うあまり、その人の本当に望んでいる物を考えることを放棄してしまうことが多いのではないだろうか。千尋にとってハクはヒーローである。カオナシはヒーローになりたかったがなれなかった男。このハクとカオナシの対比は現代社会のどこにでもいるカオナシのような大人たちに対してメッセージを送っているのかもしれない。

    そして暴走の末、外に出たカオナシに千尋が声をかける。ここでのセリフは印象的だ。

    「あそこにいるからだめになっちゃうの」

    そして水につかったカオナシは打って変わったようにおとなしくなり正気を取り戻す

    また、千尋やカオナシがいた「油屋」そして「水」。ここで油と水の対比が用いられている。


    4.千尋とハクの対比

    有名な話ではあるが、千尋は最初の契約書の文字の「荻」という字の火の部分を犬と書いている。

    本当に書き間違えたか、わざとであるかは定かではないが、これがラストシーンに大きく影響していると思われる。

    ハクは本当の名前を湯婆婆に教えているので脱出できず、千尋は教えなかったから思い出せて脱出することができた、と考えればラストシーンで千尋のみチャンスが与えれられ湯屋を脱出することのできたことの筋は通る。

    この世界では「名前を知っていることで本当の姿を取り戻すことが可能になる」ということは、ハクのうろこがはがれるラスト前のシーンからでも明らかである。

    その証拠にハクのうろこがはがれた後の彼の目の輝き、眉の形など、それまでのシーンとはっきり区別して描かれている

    神隠しの世界では「自分の名前を分かっているということは、自分が何者であるかを分かっている」ととらえてよさそうだ。

    名を失って帰り路がわからないハクと、最後まで名前を完全に失うことなく帰ることができた千尋が対比的に描かれている。


    5.カオナシと千尋の対比

    カオナシというキャラクターの役割はいったい何なのだろうか。

    それは、受動性ということだと考える。振り返ってみるとカオナシは行動すべてが受動的なのである。また、受動性とは自分の欲望よりも他人の欲望に突き動かされる性質のことである。

    ただ橋に立っていたカオナシに千尋があいさつをするという、そもそも出会いからして受動的である。その後、千尋が扉を開けっぱなしにするという形で湯屋に招き入れる。ここでも自分で行動するというよりは受け身である。

    そんなカオナシは湯屋で他人の欲望に出会う。

    はじめは千尋の必要とする薬湯の札、砂金、食べ物、と。このように他人の欲望にあおられて行動し、さらに相手の欲望を引き出すように行動する。

    しかし、そんなカオナシの暴走がストップするシーンが二場面ある。

    一つは、大量に出した札を千尋が断るシーンだ。このシーンの後カオナシは消えてしまう。

    もう一つは、太ったカオナシが千尋を呼び、食べ物を欲しがらせようとするシーンだ。「千は何が欲しいんだ?言ってごらん」と言うカオナシに対して千尋は「あなたはどこから来たの……」と話を続ける。そしてカオナシはうろたえる。

    このように、二つのシーンの共通点は、千尋という「他人」が欲望に煽られず、きっぱりと拒絶する。ということだ。

    やはりここでは、欲望に煽られるカオナシと欲望を拒絶する千尋が対比的に描かれている。

    6.坊&湯婆婆と両親&千尋の対比

    この対比は、この映画を考察し理解する上で最も大切だと考える。

    湯婆婆と坊の関係は、作中ではっきりと明言されていないが、湯婆婆にとって坊は非常に大切な存在であるということは読み取れる。

    そんな坊は作中で姿を変える。本物の坊はネズミになり、その代わりとなる偽物が頭三匹によって作られる。

    この両者に湯婆婆は3度遭遇するのである。

    一度目は、湯婆婆が千尋を太ったカオナシの部屋に呼び出すシーンだ。(この記事のサムネでもある。)この時、姿が変わった坊に対して次のような言葉を言う。「なんだその小汚いネズミは」。湯婆婆は坊が変わったことに気づいていないのである。

    もう一つのシーンは印象的であろう。この物語において非常に重要なシーンである。それは、ハクが湯婆婆の部屋に訪れるシーンだ。この時ハクは「まだ気づきませんか。大切なものがすり替わったのに。」と言い、次に湯婆婆が見る視線の先は坊、ではなく砂金なのである。そして時間がたって物音がして初めて坊を見、魔法を使ってようやく気付く。ここでも1度では坊が偽物だということに気づいていないのである。

    3つ目はラストシーンである。一瞬ではあるが、橋の上で坊(ネズミ)が湯婆婆の元に飛んでいく。ここで、魔法が解け、坊は元の姿に戻り、湯婆婆が抱き着く。特に深い意味は無いシーンのように思えるが、やはり湯婆婆は姿の変わった本物の坊に「気付かなかった」という事実が意味する事は大きい。

    さてここで、千と千尋のテーマを振り返ってみる。「自分の最愛の人の姿かたちが変わってしまっていても、自分はその人を見つけ出せるのだろうか」

    そう、ここではそれを見つけることのできなかった湯婆婆と、ラストのシーンで見つけることのできた千尋が対比されて描かれているのである。


    7.橋のシーンの対比
    ちなみに、「橋を渡る」というシーンにも対比が使われていると思われる。初めはハクに「連れられて」渡り、最後のシーンでは「ひとりで」渡る。個人差があるかもしれないが、この最後の橋を渡るシーンには必要以上に長い時間がとられているように自分は思えた。この対比により橋を渡るという行為で千尋の成長を表現しているのだと考えられる。


    8.千尋が豚と出会うシーン
    千尋が作中で豚と出会うシーンは四度あった。

    一回目は、ハクと出会った後に元の場所に戻り、両親と同じ服を着た豚が飯を食べているところを発見するシーン。実はこのシーンでは、両親が豚になったと千尋は確信していないようにも思える。それを見た後、「お父さん、お母さん、どこ」と探し回るからだ。

    二回目はハクに連れられて養豚場へと向かうシーン。養豚場の前で千尋は眼をぱちくりさせ、ハクがうなずき、両親と「思われる」豚の元へ向かう。この時、千尋は、「私よ。千よ。」と言う。

    三回目は、豚を見回して、どの豚か両親かわからない、といった夢だ。しかしこのシーンは、竜になった傷だらけのハクが暴れるシーンの直前なので印象は薄いかもしれない。夢から冷めた後、千は「分からなかったらどうしよう」という不安を口にしている。

    そして四回目はラストシーンである。

    9.まとめ

    ここまでの考察を踏まえて、なぜ千尋が豚の中に両親がいないと分かったかについて考える。

    豚の中の両親が初め(2,3回目の再開)分からなかった理由は、彼女が「千」だったからであろう。

    この世界では、名前は記号ではなく、自分は何者かということを意味していた。自分の名前を分かっているということは、他の誰かに支配されたり、自分の進む道を誤ったりしないということであろう。

    千尋は自分が何者なのかをわかっていたので、目先の金に惑わされる湯婆婆とは違い、自分の大切なものをまっすぐ真剣に見つめ続けていたからであると考える。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。