サーキットに向けて適当なメンテナンスを行う
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

サーキットに向けて適当なメンテナンスを行う

2021-01-18 23:26
    ハロ^~栃木の水銀党員だヨ!(こんみや~♪)

    表題の件、いつも通りにガバガバメンテナンスを慣行させて頂きました。

    まずぅ、やはりどうしてもブレーキの鳴きが我慢の限界有頂天なのでなんとかします。
    ドリ車なんだから快適性を捨てろと助言されています。

    まだ純正部品を供給が在って助かったわ^~☆

    リアブレーキシム君。

    人生で初めてリアブレーキにシムを付けましたわゾ!パッドはピストン直押しと相場が決まっておる。今まで付けたことないです。


    そしてフロントもだ。

    セルシオ純正だからすごい豪華なシムキットになっておる。

    シムに矢印→が掘ってあるけど、一体なんの方向を意味しているのか不明。誰か教えて下さい。


    矢印の意味が分からないまま付けちった。とりあえず左右同方向にしてみた。


    ブレーキスライドピンが虫食いになっていたことに遥か太古から気が付いていたので、この期に交換する。

    メッキで光って神々しいと思った。(中学生並みの感想)

    結果ブレーキの感じは・・・、全く鳴きません!成功だ!嬉しくて泣きそう。

    更に、いつ交換したか若年性痴呆予備軍と化して記憶に無い、クラッチレリーズをオーバーホールする。

    ゴムシールがくったくたになっておった。今回やっておいてよかったわ^~☆

    超簡単構造で助かる。

    ちなみに写真真ん中のブリーダーゴムキャップを作業中に無くす。なんで?(殺意)

    これ二人でエア抜きしないと無理があるよね。案の定、師匠にペダルを踏み踏みして頂く。


    フルードの漏れの原因となるから交換しとけと言われてそうする。キャップ君。


    更に更に、予防交換ですサーモスタット。見た目じゃ状態の良し悪しが分からない不思議。


    そういえば1JZってSRエンジンみたいにクーラントのエア抜きブリーダーってないんですかね?


    更に更に更に、エンジンオイルも交換。

    6.5L入ってちょっと足りないので、ロイヤルパープルで薄める。普通、オイルのランク的に逆だと思われる。

    このようにしてドリ車は定期的にメンテナンスを適当に行っていくのだ。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。