『あらすじ魔法少女TRPG』ルールブックⅢ(SRSとの違い、変更点)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『あらすじ魔法少女TRPG』ルールブックⅢ(SRSとの違い、変更点)

2017-02-02 12:23


    ルールブックⅠへジャンプ

    ルールブックⅡへジャンプ


    5、SRS(スタンダードRPGシステム)

    SRSとの変更点についての説明

    SRSベーシックの書き換えについて(SRS利用規約より引用)

     SRS利用上の約束事として、コメント欄以外の文章は書き換えることは避けてください。

     どうしてもSRSベーシックに書かれていることと異なったルールを採用する場合は、

    元のテキストを掲載した上で、変更する内容を記述してください

     特に問題になりそうな箇所については、あらかじめコメント欄に注意書きがしてありますが、

    それ以外の箇所も同様に処理をしてください。

     なぜこのようなお願いをするのかというと、SRSベーシックを使用したさいに、元の文章を残すためです。

     SRSベーシックを個人利用する人は、不特定多数になるであろうと推定できます。

     つまり、それぞれが自由にSRSベーシックを利用することになるわけです。

     そうして出来上がった作品に対して、ゲームを利用する人が、

    それぞれのゲームデザイナーが、SRSの基本的なルールに対してどのような変更を加えたのか、

     なるべく分かりやすくするための工夫として、このような約束事を定めたわけです。


     上記の通り、ここでSRS本文との変更点を下記で説明します。

     SRS本文《変更点》という形で表記します。



    SRS本文と変更点

    まず、全ての文章を丁寧語に変更しました。理由は、このゲームの世界観を大切にしたい、という点と、より読みやすくするためです。この先では丁寧語に変更している部分の説明は省きます

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

           SRSベーシック(Ver.1.01

    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

     はじめに《”0、はじめに”としました。番号を振って分かりやすくするためです。この先の見出しについても同様です

    ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

    =======================================

    用語集とは?

    =======================================

    『あらすじ魔法少女TRPG』の中で使用するゲーム用語やルール処理の原則について、必要な情報をここにまとめて解説しておく。

    《”『あらすじ魔法少女TRPG』のルールを読むのに必要なTRPG専門用語の説明をします。 としました


    ルールの処理

    端数の処理

     割り算などの計算の結果として端数が発生した場合、基本的に切り捨てとする。


    ダイスの読み方

     『あらすじ魔法少女TRPG』では、キャラクターの行為がうまくいったかどうかや乱数を表現するためにダイス(6面体のサイコロ)を使用する。『あらすじ魔法少女TRPG』では、ダイスには次のふたつの振り方が存在する。《”ダイスには”を”ダイスに”に変更しました

    ・nD6

     n個(nは1以上の整数)のサイコロ(DはDiceの略)を振って出た目を合計すること。2D6とあった場合、2~12の結果を得られる。
    (nは1以上の整数Dはダイスの略称という記述にし、文章の最後にもっていきました

    ・D66

     サイコロをふたつ振り、一方を10位、もう一方を1の位として読む振り方。1166までの結果を得られる。

     D66を行なう際は、あらかじめどちらが10の位(もしくは1の位)であるかを決めてから、ダイスを振ること。

    ROC

     ROCとは Roll Or Choice(ロール・オア・チョイス)の略で、表の項目についてダイスを振って決定しても、任意に選択してもよいことを表わす。もちろん、振った後に改めて選択しても構わない。

     チャートなどで、ROCするとあった場合、前記のようにして項目をひとつ決定することを意味している。また、表に0のようにダイスでは出ない数値に項目が存在する場合、その項目は任意に選択しなければならないことを意味している。《いくつかの文を省きました


    表記形式

     『あらすじ魔法少女TRPG』では、本文中で次の記号を使ってゲーム用語を表わしている。これらの用語が計算式などに使用されている場合は、その数値を代入して式とすること。


    ・能力値、戦闘値名は【 】 例:【体力基本値】

    ・ダメージ属性は〈 〉 例:〈炎〉

    ・計算式、及びゲーム用語として使用する言葉は[ ]

    例:[達成値]、[1+レベル]分

    用語集《用語集の順番を入れ替えてあります。また、あらすじ魔法少女TRPG独自の説明を追加してあります

    GM

     ゲームマスターの略。このゲームにおけるホストプレイヤー。ゲーム中の演出やさまざまなデータ処理、ルールの裁定などを行なう。

    NPC

     ノンプレイヤーキャラクターの略。GMが管理するPC“ではない”キャラクターの総称。

    PC

     プレイヤーキャラクターの略。プレイヤーの扱うキャラクターのこと。基本的にひとりのプレイヤーはひとりのキャラクターを扱う。

    クラス

     キャラクターの戦闘におけるノウハウ、能力、種族を表わす。

    攻撃

     武器や特技などを使用して、対象にダメージなどを与える行動のこと。使用する武器や手段によって複数設定できる。《武器、特技が存在しないため魔法としました

    シナリオ

     『あらすじ魔法少女TRPG』をプレイするために、事前に設定するプレイ進行の指針。

    セッション

     デザイナーが制作したゲームの、1回のゲームプレイのこと。

    特技《あらすじ魔法少女TRPGには特技が存在しないため記述していません

     キャラクターの持つ、魔法や特殊な技を表わす。対戦格闘ゲームにおける必殺技、コンピュータRPGにおける魔法や特殊能力のようなもの。

    能力値

     キャラクターの力の強さや頭のよさなどを表わす数値。

     6つに分けることを推奨する。

    プレイヤー

     このゲームの参加者のこと。プレイヤーごとに個別にキャラクター(PC)をひとり担当して、セッションに参加する。

    レベル

     強さの段階を表わす数字。高い方がより強いといえる。


    ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

     キャラクターセクション《1、キャラクターセクション(PC作成)としました

    ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

    =======================================

    キャラクターの作成《PC作成について としました

    =======================================

    -----------------------------

    キャラクターとは?

    -----------------------------

     『あらすじ魔法少女TRPG』を遊ぶためにはPCを作成しなければならない。そこで、まずキャラクターを定義しよう。キャラクターとは、PC、NPC、ゲームの障害となるエネミーといったセッションに登場するあらゆる人物を指す言葉である。《用語集で解説している部分と重なるため、別文章にしました


    キャラクターの種類《用語集で解説している部分と重なるため、省略しました、ここから、キャラクター作成方法まで

     『あらすじ魔法少女TRPG』でキャラクターといった場合、PCとNPCの二種類に大別できる。

    プレイヤーキャラクター(PC)

     プレイヤーが管理を受け持つキャラクターである。PCと略されることがある。

    ノンプレイヤーキャラクター(NPC)

     GMが担当するキャラクターのこと。

    キャラクター表現

     キャラクターは、クラス、能力値、戦闘値という三種類のデータ、及びパーソナルデータという設定を基本として表現される。

    クラス

     クラスはキャラクターの持つ、魔法の才能や戦闘の才能、あるいはノウハウを表わすものだ。

    能力値、戦闘値

     能力値とは、キャラクターが身体能力、あるいは知的能力をどの程度、得意としているかを数値の高低で表わしているものである。これらの能力値から算出されるのが、戦闘値である。戦闘値は、主に戦闘の際に使用される。

    -----------------------------

    キャラクターの作成方法

    -----------------------------

     キャラクターの作成方法には“コンストラクション”と“クイックスタート”の二種類である。各プレイヤーはGMの指示に従って、どちらかの方法でキャラクターを作成すること。《それぞれの項目のみ用意し、この部分は省きました


    コンストラクション

     コンストラクションでは、クラスの選択や特技など、ゲームで使用するデータをプレイヤーが決定する。そのため、PCがどんな外見をしていて、どのような能力を持っているのか分かる程度には、ルールやゲームの背景世界を知っている必要がある。

     もちろん、参照するデータやページなども大量になるため、作成には時間がかかる。《コンストラクションとは?の項目と合わせて1つの説明にしました

    クイックスタート

     クイックスタートとはあらかじめ用意されたサンプルキャラクターの中からひとつを選択して、パーソナルデータを肉づけしてPCを完成させる方法である。

     クイックスタートの最大の利点はキャラクター作成にかかる時間の短さである。プレイヤーがキャラクターに使用されるデータをルールの中から検索し、選択する必要がないため、短時間でキャラクターを作成できる。《クイックスタートとは?の項目と合わせて1つの説明にしました

    パーソナルデータ

     キャラクターの性別や年齢、容姿、その他について。キャラクターの出生や前歴などの設定部分を決定するのが、パーソナルデータである。キャラクターの肉づけという意味でも、重要なキャラクター作成の一部となるであろう。

    =======================================

    コンストラクション

    =======================================

    -----------------------------

    コンストラクションとは?

    -----------------------------

     クイックスタートに対して、コンストラクションでは、より自由にデータを選択して決定する作成法だ。

    -----------------------------

    クラスの決定

    -----------------------------

     クラスは、キャラクターの才能や種族あるいは能力値の傾向を表わすもので、能力値や戦闘値を決定するもっとも重要な要素だ。このクラスをキャラクターひとりにつき合計3レベル分選択する。バラバラであってもよいし、同じものを重複して選択してもよい。


    レベル

     レベルとは、キャラクターの持つクラスの熟練の度合いや力量を数値で表わしたものである。《この文章は省きました

    クラスの選択方法

     クラスの選択には次の三種類がある。《この文章は省きました

    一種類のクラスを選択する

     クラスレベルは3となる。

    二種類のクラスを選択する

     片方のクラスレベルは1、もう片方は2となる。

    三種類のクラスを選択する

     すべてのクラスレベルは1となる。


    クラスの記入

     クラスを選択したら、キャラクターシートのクラス欄に記入する。キャラクターレベルに3と記入すること。次に、クラス名と、クラスレベルを記入する。

    -----------------------------

    能力値の決定

    -----------------------------

     能力値は、そのキャラクターの持つ身体や知的能力の高さを数値で表わしたものである。《この文章は省きました



    能力基本値

     キャラクターの能力を表わす基本的な数値。

    :クラス一覧表から能力基本値を抽出する。重複して選択している場合はその回数だけそれを行なうこと。

    :任意の能力基本値に追加の1点を加える

    :①と②を合計する


    能力ボーナス

     行為判定で使用するのは能力ボーナスである。文中で単に【●●(能力名)】と書かれている場合は、能力ボーナスを表わす。

     能力ボーナスは、能力基本値の三分の一(端数切り捨て)である。


    能力値の記入《この文章は省きました。この先●●の記入という部分は全て省き、1つにまとめてあります

     キャラクターシートの「能力値」の欄に能力基本値と能力ボーナスを書き写す。能力値を計算して、キャラクターシートの「能力値」の欄に、能力基本値、能力ボーナス、HPMP、すばやさを書き写します。 としました


    戦闘値の決定

     戦闘値は、主にラウンド進行の際に使用する。

    ベースの算出《この文章は省きました

     各戦闘値のベースを算出する。《この文章は省きました

    クラス修正《クラス修正が存在しないため、この文章は省きました

     各戦闘値には、クラスレベルにより修正を受ける。クラスデータの各クラスのクラス修正表を参照して、みずからの選択したクラスレベルによるクラス修正を確認すること。《この文章は省きました

    -----------------------------

    特技《この文章は省きました

    -----------------------------

    特技の取得《魔法の取得としました

     特技とは、キャラクターの持つさまざまな特殊能力や魔法、技術、特殊な装備などを表わすデータである。

     キャラクターは作成時に特技をいくつか取得する。

     取得した特技は、キャラクターシートの特技欄にそのまま書き写すこと。効果については参照ページだけ記入しておいて、使うたびにルールブックを参照してもよいだろう。《特技の部分を”魔法”として記述し、加筆してあります

    -----------------------------

    アイテムの取得《アイテム、所持品、装備品は存在しないため省きました

    -----------------------------

    所持品と装備品

     『**』ではキャラクターが所持する武器や防具などのアイテムを所持品と装備品に分ける。所持品は、キャラクターが持っているアイテム全般を意味する(つまり、装備品を含むことになる)。装備品はキャラクターシートの戦闘値欄に記入された武器、防具、アクセサリなどを意味する。

    移動距離の決定《移動距離は存在しないため省きました

     PCが一定時間内に移動できる距離を算出する。

    コンストラクションの終了

     これでコンストラクションによるキャラクターの作成は終了だ。あとはパーソナルデータを決定すれば完成である。


    =======================================

    クイックスタート

    =======================================

    -----------------------------

    サンプルキャラクター

    -----------------------------

     クイックスタートは、『あらすじ魔法少女TRPG』を“すばやく”、“楽に”遊んでもらうためのキャラクター作成方式だ。そのためにキャラクターのひな形である、サンプルキャラクターの中から選択して、キャラクターを作成することになる。

    クイックスタートの手順

     クイックスタートでは、次の手順でキャラクターを作成していく。プレイヤーは基本的には、GMの指示に従っていればよいだろう。《加筆修正しました


    サンプルキャラクターの指定と選択《クイックスタートの手順と合わせて記述しました。省略と加筆修正しました

     クイックスタート最初の手順として、シナリオで使用するサンプルキャラクターについて指定をGMから受けることになる。

     他のプレイヤーと相談して、GMが提示した中からひとつを選択し、サンプルキャラクターを得る。


    データを書き写す《クイックスタートの手順と合わせて記述しました

     使用するサンプルキャラクターが決定したらキャラクターシートにデータを書き写すこと。


    =======================================

    パーソナルデータの決定

    =======================================

    -----------------------------

    パーソナルデータとは?

    -----------------------------

     クイックスタートやコンストラクションでキャラクターのクラス、特技、装備などのデータを決めた後、パーソナルデータを決定する。《記述の順序を変更したため省きました

     パーソナルデータは、PCの出自や過去、個人的な目標、そして縁のあった人、さらには性別、年齢、名前などの情報から構成されるキャラクターの内面設定のことを指す。《省略、加筆修正しました


    =======================================

    クラスデータ《別紙の魔法表や、クラス表にまとめたので、省略しました

    =======================================

    -----------------------------

    クラスデータとは?

    -----------------------------

     クラスデータは、次の項目からなっている。それぞれの項目については後述している。よって、全体の見方について解説する。

    クラス名

     クラスの名称である。この名称をクラスレベルの欄に書き込むことになる。

    クラス解説

     クラスについて解説している。クラスを選択する際の参考にする。

    コンストラクションデータ

     コンストラクションでキャラクター作成するためのデータ。

    クラス修正

     クラスレベルによる戦闘値への修正値が書かれている。

    特技取得

     そのクラスを選択したキャラクターがどのように特技を取得するか書いている。

    特技

     そのクラスの特技データ。


    コンストラクション

     コンストラクションでキャラクター作成を行なった場合に使用するデータが書かれている。これらの項目はキャラクター作成時にしか使用しない。

    能力基本値

     クラスを選択することで、得られる能力基本値が書かれている。


    クラス修正表《存在しないため、記述はありません

     クラスのレベルごとの戦闘値への修正を書いたチャートである。横軸にレベルを縦軸に戦闘値への修正を取っている。この表はレベルごとの差分ではなく、そのレベルでの修正値である。書き写す時には、前の修正に加えるのではなく、書き換えること。


    特技取得《存在しないため、記述はありません

     そのクラスを最初に取得した(レベル1の)場合とレベルアップ時の取得可能な特技について書かれている。


    初期取得《存在しないため、記述はありません

     レベル1の場合に、取得する特技について書かれている。

    レベルアップ

     レベルアップ時に取得できる特技について書かれている



    ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

     ルールセクション《”2、ルールセクション”としました

    ▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

    =======================================

    行為判定ルール

    =======================================

    -----------------------------

    行為判定とは

    -----------------------------

     ゲーム中に、キャラクターの取った行動がうまくいったのかどうか判別するためのルールが行為判定である。

     なお、以降の文中で“判定する”、“判定を行なう”とあった場合、行為判定を行なうという意味である。行為判定は、GMがキャラクターの行動に行為判定が必要だ、と考えた場合に初めて行なうことができる。《加筆修正しました


    行為判定の手順

     判定することが決まった場合、左の図《下図に変更》の流れで行なわれる。ここでは、判定中に使用される各用語と行為判定の方法を解説する。


    難易度

     [難易度]は、行なう行為の難しさを表わす指標となる数値だ。データやルールなどによって自動的に決定される時もあれば、GMが任意に決定する場合もある。

     難易度以上の達成値を出すことができれば、行為判定は成功となる。なお、GMは難易度を特に告げず、PCの達成値のみを求めてもよい。


      難易度と行為のイメージ表

        難易度 行為のイメージ

        68 簡単な行為

        911 できるのが普通の行為

        1215 難しい行為

        16 至難な行為


    判定値

     [判定値]とは、判定に使用する能力ボーナスや戦闘値のことである。GMは判定に使用する判定値を決定し、プレイヤーに伝えること。

     プレイヤーは特技や装備などの修正を行なった最終的な判定値をGMに宣言せよ。


    ダイスロール

     プレイヤーは、2D6を振る。この時に振った2D6がクリティカル値以上だった場合はクリティカルが発生する。それに対して、2D6がファンブル値以下だった場合はファンブルが発生する。《クリティカル値、ファンブル値を省き、出目で説明しました


    クリティカル

     振ったダイスの目がクリティカル値以上だった場合、その判定は[自動成功]となる。[自動成功]が成立したら、判定は自動的に成功となる。以降の処理は行なわれない。よって、達成値を算出する必要はない。クリティカル値は12である。《クリティカル値を省き、出目で説明しました


    ファンブル

     振ったダイスの目がファンブル値以下だった場合、その判定は[自動失敗]となる。[自動失敗]が成立したら、判定は自動的に失敗となる。以降の処理は行なわれない。よって、達成値を算出する必要はない。ファンブル値は2である。《ファンブル値を省き、出目で説明しました


    達成値

     ダイスロールを行ない、クリティカルもファンブルも発生しなかったら、出た目に判定値と修正を加える。これが「判定がどの程度うまくいったのか」を表わす数値である。

     この数値を[達成値]と呼ぶ。



      達成値=判定値+ダイスの出目+修正



    行為の成否を決定

     算出された達成値と難易度を比べる。結果、達成値が難易度以上であった場合、行為判定は成功となる。難易度未満であった場合、行為判定は失敗となる。



      難易度 ≦ 達成値 = 行為判定成功

      難易度 > 達成値 = 行為判定失敗



    行為判定の終了

     行為判定は、これで終了となる。GMは、プレイヤーの出した結果を見て、その結果に合わせて行為の成否を演出すること。クリティカルやファンブルの場合は、失敗や成功をより強調して演出するとよいだろう。



    修正を与える

     GMは、状況に応じて難易度、判定値、達成値などに修正を行なうことができる。

     修正は-3+3程度の範囲で行なうこと。

     この範囲を超えてしまうような修正を行なうと、ダイスひとつ分の期待値(3.5である)を上回ってしまい、判定を行なう意味それ自体を失わせる可能性があるのだ。


    ----------------------------

    対決による判定《存在しないため、対決の判定を省きました。省いた箇所を”ここから”、”ここまで”で示します

    ここから”

     [対決]とは、行為を行なうキャラクターに対して、別のキャラクターがそれを妨害した場合に発生するルールを指す。

    アクションとリアクション

     対決を行なう場合、それに関わるキャラクターは[アクション側]と[リアクション側]に分けられる。アクション側は能動的に行動を行なうキャラクター、リアクション側はアクション側に対応して行動を行なうキャラクターである。

     対決はアクション側、リアクション側の順番に判定を行なう。判定値や修正値などは通常の行為判定と同じようにGMが決定する。続いてアクション側、リアクション側の順番で必要な判定を行ない、達成値を算出する。

     もし、対決でどちらがアクション側か決定できないことがあったなら、先に言い出した方をアクション側とすればよいだろう。

    判定ができない

     リアクション側が何らかの理由で判定が行なえないことがある。

     その場合のリアクション側の達成値は、判定値に特技や装備などによる修正を行なったもので算出される。

    勝利

     両者の達成値が確定したら、対決の勝敗を決定する。対決では、より高い達成値を出した方が[勝利]したものとされ、勝利したキャラクターの行為が採用される。

     アクション側の達成値が高ければ、行なおうとした行為に成功したことになる。その行為が攻撃なら、それは命中するわけだ。

     リアクション側の達成値が高ければ、アクション側の行なおうとした行為を妨害し、その影響を受けなかったことになる。攻撃されたのであれば、その攻撃を避けるわけだ。

    リアクション優先

     対決で互いの達成値が等しい場合、リアクション側が[勝利]したものとする。

     これを“リアクション優先の法則”と呼ぶ。

    クリティカル

     アクション側がクリティカルを発生させた場合、リアクション側がクリティカルを発生させない限り、アクション側の[勝利]となる。逆にリアクション側もクリティカルであった場合は、“リアクション優先の法則”により、リアクション側の勝利となる。

    ファンブル

     アクション側がファンブルした場合は、リアクション側は判定を行なう必要はない。

     逆にリアクション側がファンブルした場合は、アクション側の勝利となる。

    ここまで”


    =======================================

    ゲームの進行

    =======================================

    -----------------------------

    セッション全体の流れ

    -----------------------------

     『あらすじ魔法少女TRPG』では、一回のセッション(ゲームをプレイすること)をゲーム準備期間であるプリプレイ、実際にゲームを遊ぶメインプレイ、キャラクターの成長やゲームの後片づけを行なうアフタープレイに分けている。

     メインプレイは、さらにオープニング、ミドル、クライマックス、エンディングの4つのフェイズに分かれている。そして、おのおののフェイズは複数のシーンによって構成される。[シーン]とは、ひとつの場面を表わすゲーム内の時間単位である。実際のゲームはこのシーン単位で進行していく。

    -----------------------------

    プリプレイ

    -----------------------------

     プリプレイでは、ゲームの準備を行なう。そこで、当日までの準備、そしてプレイ当日のプレイヤーとGMが集合し、実際に遊び始めるまでの準備について解説する。


    GMの準備

     ゲームマスター(GM)の準備について解説する。GMは、セッションのためさまざまな準備をセッション開始までに終えなければならない。セッションをうまく進行するためにしっかりと準備をしよう。

     そして、もっとも重要なのはメンタル面での準備である。つまり、これから『あらすじ魔法少女TRPG』を楽しもう、参加するプレイヤーたちを楽しませようという気持ちを持ってもらいたい。人間、何となくやる場合と、明確な目的を持ってやる場合は、成果に大きな違いがある。

     このゲームは、楽しく遊ぶことのできるゲームである。それでも何となく遊ぶだけではなく、楽しもうと思って遊ぶ場合では、楽しさの質、総量ともに大きな違いがある。そして、誰かを貶めたり、辱めたり、誰かを傷つけるためにこのゲームを用いてはならない。これは絶対だ。《メンタルについての記述は別にし、ルールブックの最後に順序を入れ替えてあります


    ルールブックを読む

     まずはしっかりとルールブックを読むこと。GMはこの本を通読して、どのルールがどのあたりにあるのかを確認しておくこと。


    シナリオを作成する

     ゲームで使用するシナリオを作成する。


    用具の準備

     その他ゲームで必要な用具を準備する。


    当日の準備

     それでは、セッション当日、参加者が集合してから、メインプレイの直前までにどのような準備が必要になるのだろうか。そのことについて解説しておこう。


    PCの作成

     GMはすべてのプレイヤーに指示して、その日のセッションに使用するキャラクターを作成してもらう必要がある。

     すでにPCの作成が済んでいるのなら、キャラクターシートに記入されたデータを確認し、記入漏れやミスが発生していないかを確認しておくこと。


    席順の決定

     ここで、席順を変更しよう。GMは、テーブルの長辺の真ん中あたりに座ること。短辺の部分、いわゆるお誕生日席に座らない方がよい。

    自己紹介

     各プレイヤーにみずからのPCの紹介をしてもらおう。今日、一緒に冒険する仲間のことを少しは知っているべきだろう。


    -----------------------------

    メインプレイ

    -----------------------------

     メインプレイでは、実際にシナリオを使用してゲームを遊ぶことになる。メインプレイは前述したように4つのフェイズに分かれている。そして、それぞれのフェイズは、複数のシーンによって構成される。

     そこで、最初にシーンについて解説する。

    シーン

     『あらすじ魔法少女TRPG』では、ゲームはシーンと呼ばれるゲーム内の時間単位で進む。

     シーンとは、分かりやすくいえば、映画やTVドラマなどのひとつひとつの“場面”のことである。セッションは“場面”の連続であり、シナリオとはシーンをつなげるための情報なのだ。もちろん、GMはセッションの進行に合わせて、シナリオにないシーンを創ってもよいし、プレイヤーもシーンの作成をGMに依頼してもよい。GMはどのようなシーンを作成するかの最終決定権を持っている。


    登場と退場

     シーンに参加するためには、そのシーンに[登場]する必要がある。シーンは、舞台のようなものである。舞台に上らなければ役者(PC)は何もできない。

     その逆に、シーンから去ることを[退場]と呼ぶ。キャラクターは、GMの許可を得られれば、いつでもシーンから退場できる。

     GMはシーンに誰が登場しているか、任意に決定できる。もちろん、必要であればシーンの途中に登場してもらう(させる)こともできるし、登場しているキャラクターを退場させるのも任意に決定できる。


    シーンの進行

     シーンは次のような手順で進行される。

    シーンプレイヤーの指定

     GMは、そのシーンの主役となるキャラクターを指定する。これを[シーンプレイヤー]と呼ぶ。

     GMはシーンの開始時にシーンプレイヤーが誰であるのかを宣言すること。シーンプレイヤーは自動的にシーンに登場できる。


    シーンの開始

     GMは、まずシーンの開始を宣言し、そのシーンの行なわれる場所とその目的について簡単に解説する。これは、その後に登場するかどうかの判断材料になるからだ。解説とはいってもそんなに多く話す必要はない。シーンプレイヤーを中心にして一言二言解説すればよい。


    同行者の指定

     シーンプレイヤーは現在一緒に行動しているPCを指定して同時に登場できる。これを[同行者]と呼ぶ。同行者は相手の了承が得られれば何人でも構わない。もちろん、GMは行なわれるシーンの都合に合わせて同行者を認めても、認めなくてもよい。なお、NPCと同行できるかどうかはGMが任意に決定してよい。


    PCの登場希望

     シーンに登場することを希望するPCは、GMの許可を得てシーンに登場することができる。


    ※※ コメント ※※start

     デザイナーは、PCをシーンに登場させる際に、何かの条件を設定してよい。例えば何らかの判定に成功させる、何らかのゲーム上のコストを支払わせる、などである。《登場判定の追加をしました

    ※※ コメント ※※end


    シーンの演出

     GMはそのシーンに必要なだけの演出と処理を行なうこと。


    シーンの終了

     GMは、いつでもシーンの終了を宣言できる。シーンを終了させたら、舞台裏の処理を行なう。続いて、シナリオの進行に従って次のシーンプレイヤーを決定する。そして、次のシーンに移る。


    マスターシーン

     シーンの中には、シーンプレイヤーの存在しない演出が主体となるシーンがある。これをマスターシーンと呼ぶ。マスターシーンでは、誰も登場させないということを含めて、登場するキャラクターをGMが任意に決定できる。


    オープニングフェイズ《名前を”契約フェイズ”に変更、以下も同様

     オープニングフェイズは、このゲームにおける導入部分である。


    ミドルフェイズ

     ミドルフェイズはシナリオで語られる事件の中盤であり、物語が進行するフェイズである。他のPCたちとの出会い、事件によって発生するさまざまなイベントや敵との遭遇を経て、PCたちはクライマックスへと至る。ミドルフェイズの進行はシナリオの内容によって大きく変わる。


    クライマックスフェイズ

     シナリオにおける真の敵、コンピュータRPGなどにおけるボスキャラとの戦いがクライマックスフェイズである。むろん、戦闘でなければならないわけではない。


    エンディングフェイズ

     エンディングフェイズは、セッションのエピローグに相当する。

     どのようなシーンになるかは、実際のセッションの内容によるだろう。


    メインプレイの終了

     これで、メインプレイ(狭義的なセッション)は終了し、アフタープレイに移る。

     アフタープレイでは、プレイヤーのあるいはGM経験点の計算と配布や後片づけなどセッションの後処理が行なわれる。


    -----------------------------

    アフタープレイ

    -----------------------------

     GMがゲームの終了を宣言したところで、今日の物語は幕を閉じることになる。

     そして、アフタープレイが開始される。アフタープレイでは、プレイヤーたちに経験点を配布する、後片づけをするなどゲームを終えるためのさまざまな作業を行なう。


    経験点の配布

     GMは、プレイヤー及びGMに経験点を配布する。


    後片づけ

     経験点の配布まで終われば、後は使用した会場の後片づけである。次回以降のセッションでも家主が快く利用させてくれるようにきちんと片づけを手伝うこと。会場が公共施設であればその施設の規則に従うこと。

    -----------------------------

    キャラクターの成長

    -----------------------------

     プレイヤー、あるいはGMは、みずからが得た経験点をキャラクター(PC)に対して消費して、そのキャラクターを成長させることができる。

     得た経験点は、そのプレイヤーのPCであるなら、どのPCに対して使用してもよい。経験点はキャラクターではなく、プレイヤー、あるいはGM個人に与えられている。

     経験点は一度消費したらなくなってしまう。その時のGMに依頼してレコードシートやセッションシートの経験点欄を書き換えてもらうこと。このように消費した経験点を示すシート類はきちんと保管しておくことをおすすめする。


     以上です。
    『あらすじ魔法少女TRPG』特有のルール、著者が必要と感じた文章を追加し、SRSの記述順序を変更しています。



    ※このルールはSRS、冒険企画局様の各種ルールブック
    魔法少女のアニメなどを参考に作成中です

    ご意見など、お聞かせ頂けると幸いです


    デザイナー:すいりう
    修正案:しゅんぷう
    ロゴデザイン:su_ga様









    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。