wstt2015
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

wstt2015

2015-11-15 18:05
  • 2
もうこのシーズンがやってきたかと、しかも今年でもう4年目だとか。
時がすぎるのは早いというか毎日必死なのんな。
というわけでレポです。
かつて運営をしていたものとして辛口に行くぞ。

朝四時半に家を出発し、早稲田大学についたのが10時頃だったと思います。
OB(現在2名)の鑑ですね。
会場に入ってまず感じたことは「狭い部屋に戻ってる…」でした。
早稲田祭の申請に関しては私は今までノータッチで、どういう仕組で部屋が決まっているのかはわかりませんが、こればかりはどうしようもないんだけれど、残念でしたね。
とはいえ私は開場とほぼ同時に来場したのですが、既に結構な数の参加者の方がいてくださっていて、とても嬉しく思いました。
期待されているのだぞ、ワセテトの民よ。
今年の新しい催し物としてはテトリスの展示、パーティモードの対戦と、テトアルを用いてのクラシックなスプリントでした。
過去を踏襲することはもちろん大切だけれど、新しい事に挑戦していてとても良いと思いました。
というわけで、当日を項目ごとに見ていこうと思います。
ちなみに「sukutsu@OBだ道を開けろ」という名前で参加しましたが、せふくんに長いからめんどくさいと言われました。
スタッフの鏡です。

<テトリスの展示に関して>
試みは面白かったのだけれど展示の体をなしていませんでした。説明書き等が一切なくゲーム機が無造作に置かれているだけにしか見えず、極論来場者の持ち物と区別がつきません。「これ触ってもいいのかな?」とお客様同士が話しているのを聞いて、私が案内を何度かしたぐらいです。

<パーティーモードの対戦に関して>
難しいねこのゲーム…
ガチ対戦の前のイベントとしてふさわしかったのではないかと思います。
午前午後を同じルールでポイント加算して行うとどうしてもダレてしまっていたので、今回の方式は上手く行っていたように思えました。
<テトアルのクラシックスプリント>
最高でした。
今回これを用意出来たの事は一番の賞賛点だと思います。
普段馴染みがないルールでユーザーに試行錯誤させる感じ、非常に良かったです。
本当に楽しめました。

<午後の対戦、足テト>
決勝戦が熱かったです。
見てても、やってても楽しめる最高のものでした。
来て良かったです。
OB的視点で見ると滞り無く運営できていたのかなと思います。
ただ通称あしゅぺこシステムは渋滞を引き起こすので、入り口から離れた場所で行うか、別の方法を探したほうがいいと思いました。
足テトは例年同様でしたが、過去のテトリス展示があったのでスペースを考えると展示はどちらか一方にしたほうが良かったかもしれません。

<駄目出し>
まとめて書くぞ^^
前提として、お客様は誰か、ということを考えて欲しいと思います。
私は文化祭でスペースを借りている以上、テト勢だけではなくテトリスを知る知らないに関係なく、来場される全ての方に楽しんでいただくことがスタッフの役割だと思います。
そういった意味で不親切だった点があったのかなと思います。
・説明不足
ブログでこんなことをする、と予め告知はなされていました。しかしながら来場される方でブログを見てくる人は半分以下でしょう。当日のタイムテーブルやゲームのプレイ方法などを提示してあげる必要があったと思います。そういった説明が一切なく、説明するスタッフも置かずちょっと不親切だと思いました。
・スタッフはどこにいるの?
前々から散々言ってきたことだと思いますが、スタッフと来場者の区別が一切つきませんでした。
参加者もスタッフも名札を首から下げており、せいぜい赤い紐で判別できる程度。
しかしそれも部屋が混雑した時にはそれはもう完全に意味をなしていません。
おまけに名札を外して過去作で遊んでいるスタッフもいる始末。
ユーザーが少ない時は補欠として試合に参加するのは結構だが、混雑時にまで大会に参加する
のは違うのではと思います。
参加者が来場者を案内する異常な自体が起こっているということは、スタッフが足りていないということですよね。
中途半端なことはやめて下さい。

運営は運営で、参加者ではありません。
いい加減にしてくれ。
・新入生への引き継ぎ
事前準備時にどの程度役割の分担、説明をしていたのかはわかりませんでしたが、何をしていいのかよくわかっていないように思いました。
受付を一人は新人にやらせて来年へのノウハウを積んでもらう等、もっともっと仕事を投げてあげればよかったのではと思います。
新入生に限ったことではありませんが、タスクは分けておきましょう。
既存のスタッフばかりがメインの仕事をやっていてちょっぴり次回が不安です。
・仕切り屋の存在
仕切り屋、つまり会場の全体を見て状況に応じて指示を出す役割の人が欠けていました。
昨年までは私とこれ円さんがマイク係とこれを交互に行っていたと思いますが、今年はこれ円さんがマイクをずっと握っていたため、人材がおらず状況対応が不十分だったと思います。
この仕事に関しては私はほぼ無意識に行っていて、参加者として見て初めてスタッフに欠けている事に気づいたもので、その手法に関して引き継ぎが全くできていませんでした。
その点は申し訳なかったです。
今一度イベントを行う際に、どういう役割の人が、何人必要なのか考えてみてもらいたいです。
アレだったらOBたちに聞いてくれてもいいしな。

<総評>
色々不満ばかり書いてきたように見えますが、愛です(先輩の常套句)。
それに楽しかったです、ワセテト。
実際の所、参加者としてみるといろいろ感じる点が多く、面白かったです。
運営をしていると必死で見えないものは多いなと感じました。
本当に運営って必死なんですよね。
特にメインの進行なんかをやっていると。
なので今回別視点でイベントを見るというのはとても勉強になりました。
でも正直運営やりたいです。
参加するよりあくせく働いている方が楽しいというか、向いているみたいですね。

今年でもう四回目ということで、月日の経過とぷよテトの発売もありユーザー層が変わったなと感じました。
ワセテト皆勤賞の人は片手ぐらいだったのではないでしょうか。
学生が社会人になり、またテトリスから別の趣味へと移っていく。
当然のことですが寂しい気持ちはやっぱりあります。
ですが新しいユーザーが増え、オワコンオワコン言われ続けていても来場者数はそんなに例年と変わらないのではと思います。
興味を持って足を運んでくださるのは幸せなことです。
自分自身も社会人になり、テトリスからは離れがちですが、毎回こういったイベントに来るとやっぱりテトリスって楽しいなと思います。
楽しいよね。

最後になりますが、良いイベントを本当にありがとうございました。
来年も頼むぞ。






広告
×
愛ゆえに長い
39ヶ月前
×
睡眠導入にどうぞ
39ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。