アリスの不思議のダンジョンを更新しましたVer1.2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アリスの不思議のダンジョンを更新しましたVer1.2

2020-10-31 14:01
  • 7
ゲームを更新したのは10/28なんですが、データ集の更新が今日やっと終わりました。
普通のアップデートはしないと思ってましたが、自分でプレイしていて
どうしても個性の薄いキャラがいることや、嫌われモードの物足りなさが気になったので。
嫌われモードは異世界EXクリアで開放されるので、そこまでプレイする方はたぶん少ない。
なので、初めてプレイする人か、作者にしか需要の無い更新だと思います。

〇バランス調整
個性の薄いキャラにスキル追加や、単純に弱いキャラのステを底上げしました。
個人的に気になっていた、自機組なのに弱い文や、スキルがほとんどない一輪など
大幅強化or変更したキャラもいます。

藍やリグルなどの、実質意味のなかった『~~程度の能力』に
すべて効果を持たせました。
ほとんど強化ばかりの中、映姫はスキルの弱体化が目立ちますが、
変更されたパッシブスキルがとても優秀です。

サニーなどのパッシブスキルで攻撃がもりもり上がる人形は、
異世界中盤~終盤で他の弾幕タイプと差が開きすぎていたため若干弱体化しました。

さとりは嫌われモードでは強ボススキルもリセットされた状態になり、
ラーニングスキル全般のMP消費を増やしました。
とはいえ変更後でもおそらく異世界で最強クラスだと思います。

復活予約による復活時にHPが1になるようにし、
関連する装備やアイテムを店売り限定にしました。
関連スキルの習得LvやMP消費も増やしました。
最終問題の切り札としては使えるが、異世界で活用するのは難しい、
というレベルに調整しました。
復活や食いしばり系のスキルも燃費を悪くしましたが、
こちらは異世界でも使い物になるレベルです。

〇嫌われモードの変更
嫌われモードのノーマルでも経験値増加系の装備が出現しなくなり、
すべての強ボスを倒さなければならないようにしました。
また、嫌われモードプレイ時に特殊ルール(縛りプレイ)を設定できます。
嫌われモードクリア時にルールごと(なしも含む)に最深部に記念碑が建ちます。

かわりに実績はありません。縛りプレイ自体あまり好きじゃない方が
多いでしょうし、ここまでプレイする方はあまりいないと思います。
実績に項目があると、”やり残しがある感”がでると思いこのような形にしました。

ノーマルでもEXでもプレイできますが、特殊ルールは基本的に
ノーマルでのプレイしか想定していません。
EXでクリアできるかわかりません。
また、ルールによっては序盤に装備品がまったく出なかった場合など
クリア不可能な可能性もあります。

・弾幕劣化
弾幕による味方の攻撃がエリア1は-20%、エリア2は-40%、エリア3は-60%、
エリア4~6は-80%されます。通常攻撃も弱体化します。
エリア2以降は弾幕ではまともにダメージが通らなくなるため、
霊撃主体のパーティでなければザコも倒せません。
とにかくMPが厳しいです。
今回、多くの霊撃キャラにMP回復スキルが追加されたので、
それを活用します。

・霊撃劣化
冒険を通して霊撃による味方の攻撃が-80%されます。
弾幕劣化とは異なり、縛りとしては最も簡単なルールでしょう。
普通にプレイしていても霊撃キャラはまったく使わなかったという方も多そう。
強ボスを必ず倒さなければいけないので高守備のボスを倒す手段を
考えておかなければいけません。

・補助無効
ターン終了時に味方の強化と敵の弱体化がすべて消えます。
ただし、にとりの水場ブーストやさとまいの踊りなど固有の状態、
効果時間が1ターンのものは消えません。結界状態も消えません。
味方に強化を配って、取り巻きは状態異常で足止めして、という
お決まりの戦法が使えないルールです。
上述のように、主にパッシブスキルで発動する永続or1ターン限定の
強化は機能するためこのルールでも火力を出せるキャラは結構います。
また、足止めスキルも1ターンだけ動きを止めることは可能です。

・道具消失
すべての宝箱、店の売り物、NPCや味方のスキルで作成する
消耗品が”神社のお茶”というアイテムになります。
冒険開始時の動員の巻物、換金アイテム、蓬莱の薬、反則アイテム、
~~屋の団子は例外です。
神社のお茶はHPとMPを雀の涙ほど回復するアイテムで、
しかも移動中限定です。

今回のルールで最も難しいと思います。
まず、装備品の入ってない宝箱が完全にハズレになってしまうのがしんどいです。
再会の巻物、伝承の巻物が使えないので人形入れ替えが難しいです。
それでいて、春眠香の杖や簡易結界の杖も使えないので、
すべて人形でまかなわなければいけません。
弾幕強化の巻物や神秘の巻物が使えないため、
中盤以降は味方の弱さが気になり始めます。
そしてなにより食べ物による回復ができません。
間にレベルアップ回復をはさまなければエリア6のボス戦ではMPがもちません。
中盤まではなんとかなりますが、とにかくエリア6がきついルールです。

〇その他の変更
敵の情報で『~~程度の弾幕』の解説や
真の仲間にしたかどうかをチェック可能にしました。

最果て序盤にチュートリアル、18Fで魔理沙に気づくイベントなどを追加しました。
いままで説明不足で気になっていた部分も解説できたかと思います。

だいじなものに各マニュアルを追加し、どこでも確認できるようにしました。


というわけで総合するとたいして変わってないんですが、
一輪とかクラウンピースとか、いままでちょっと使う気にならなかった
弱い人形や無個性な人形が性能的にプレイアブルなキャラになったので
お暇な方はプレイしてみてください。
広告
×
特殊ルール全てクリアしました。

弾幕弱化モードは普段使わなかった人形の出番があり非常に楽しめました。

■感じた難易度
 補助無効>>道具消失>弾幕弱化>>>>霊撃弱化
■感じた面白さ
 弾幕弱化>補助無効>>道具消失>>>>霊撃弱化


無いと思いますが次縛りを加えるとしたら、「弾幕属性別の仲間縛り」とかになるのかな?
武器縛りだと装備せず補助だけする人形が多数出るので。
3日前
×
□個人的な考察1(特殊ルール-霊撃弱化、道具消失)

■考察詳細

●霊撃弱化
特に問題なし。防御が高い敵だけ要注意だが「脆弱」「鬱」付与や力押しでどうにでもなる。


●道具消失
食べ物による回復がほぼ不可なので、攻撃毎に回復できる橙が便利。美鈴もいれば相当安定しそう。

杖の効果は人形で代用できるものが多いので、該当する人形を仲間にすれば影響無し。

装備品以外にお金の使い道がないので、中盤以降は星のパッシブ・アクティブ両スキルと相性が良い(換金が必要)。
はたてを仲間にできれば、ダメージ強化とお金稼ぎを両立できる。

状態異常が有効な為、多少攻撃力が弱くても力押しできる。
ボス戦後や階層移動直前にレベルアップ回復できるよう経験値の調整を徹底すれば、割とMPに余裕ができる。
3日前
×
□個人的な考察2(特殊ルール-補助無効)

●補助無効
弾幕アタッカーとしては補助なしで大幅に強化される萃香が安定。1ターン強化持ちの勇儀も良さそう。
レミリアも1ターン強化持ちだが習得Lvが27と遅い。しかし雑魚敵相手には優秀で、攻撃力不足になるのは終盤なので育てるのは十分あり。
後の候補としては、攻撃力が高くスキルの倍率が大きいフラン・妖夢・天子あたりか。
美鈴も1ターン強化持ちだが、MPが少ないので1戦闘1回しか使えない。白蓮は中盤、神奈子は霊撃に難がある。

どの人形も中盤以降の登場の為、序盤は使いやすい倍加系スキル持ちの人形や「烈火の秘伝書」が欲しい。
終盤のボスは防御が高いので、中途半端な弾幕よりは霊撃の方が安定しそう。

霊撃アタッカーとしてはパルスィが序盤から最後までメインを張れる程の超高性能で、菫子も良い。里乃は霊撃PTなら仲間にしたい。


状態異常での足止めには、消費の少ない小傘のスタンや里乃の混乱が活躍する。
但し1ターンで効果が切れる為、以下の点に注意。
・素早い相手には意味が無い(行動後に付与)
・毎ターンPT枠を使う(行動できる人形が減る)
・睡眠に比べると確率が低い

戦闘毎に使用するとすぐMP切れになるが、「冬の盾」や「氷結の魔導書」でMP切れを遅らせることは出来る。

足止めを諦めて1、2ターン確殺し続けれる状況を整えるのもあり。


強化の代わりのダメージ増加方法として「ダメージ倍増状態」の使えるはたて(さとり)、無理なら小町を仲間にしたい。
小町は「習得が遅い+結界必要」だが高確率で「脆弱」を付与できるので、「小町より素早さの『低い』人形」に対してなら「ダメージ倍増状態」に近いことができる。その場合、素早さを下げる「停滞の指輪」が役に立つ。
強化も1ターンだけなら効果があるが、使う側の素早さが高くないと行動後の付与になりMPの無駄になる。

強化と状態異常が1ターンで切れるのは、正直「道具消失モード」より厄介。
ラスボス戦は敵HP的にどうしても火力不足になるので、アリスの素早さを強化して「弱化の奥義書」や「強化の奥義書」を使わせたい。

3日前
×
□個人的な考察3(特殊ルール-弾幕弱化1)

■考察詳細

●弾幕弱化
エリア1は力押しでも何とかなるが、エリア2はさらなる弾幕の弱体化と低レベルでMPの少なさに加え、5・6階の雑魚敵が強いので非常に厳しい。
 攻撃:速い、被ダメージが大きい、全体攻撃・防御無視が多い
 守備:高い守備と霊防、霊撃回避、攻撃無効化、HP全回復とダメージが与えにくい

それ以降はレベルの上昇と戦力が揃ってくるので多少は楽になる。
攻撃手段が霊撃なので、「ルイズ、里乃(霊撃封印)」「にとり(霊撃回避)」「成美(霊撃の無駄打ち)」等の状態異常が非常にうざい。
特に「霊撃封印」された場合は逃げる選択肢もあり。

装備品は「冬の盾」や「マジックアブソーバー」の重要性が激増している。最優先で強化したい。
また中盤から通常攻撃が通らなくなるのでアリスは「防御」を多用するが、「防御」と「天空の霊石」の組み合わせでPT全体で受けるダメージを軽減することができる。

「暴風or氷結の秘伝書」は最優先でLvMaxまでにして、MP消費を抑えるようにしたい。「冬の盾」との組み合わせでかなり楽になる。
霊撃タイプの人形は全体的にMaxHPが低いので、「回復の聖典Lv2」での「MaxHP+20」がお手軽。
同様に全体的に素早さも低いので、余裕があれば「掃討の秘伝書」を素早さの調整に使いたい。

個別で対応するとMPがいくらあっても足りないので、基本的には全体霊撃でまとめて倒すことになる。
MP回復スキルはターン終了時の発動が多い為、効率的に利用するには2ターン確殺が望ましい。
試してはないが単体霊撃をメインにするなら全体対象の死相(幽々子、メルラン[2体])をメインにし、残った対象のみにすべきか。その場合、お空(霊撃防御無視)や静葉(MP回復)が便利。

3日前
×
□個人的な考察4(特殊ルール-弾幕弱化2)

・特に有用な人形
☆別格
①お燐:能力が高い上にMPが不足することがほぼないという規格外の存在。

◎超優秀
・アタッカー
①鈴仙:序盤で習得する「インビジブルハーフムーン」は消費3で全体1/2ダメージと終盤まで低燃費で高ダメージを出せる。削り役として最高の人形。PT最初に行動できるよう素早さ強化が必要。睡眠付与はボス戦がメインになる。
②静葉:ターン終了時にMP回復するので2ターン確殺と相性が良い。単体霊撃の威力が高くボス戦でもメインで使えるが、全体霊撃が終盤には力不足になるので他の人形も必要。
③諏訪子:パッシブにより全体霊撃が消費2で高ダメージ。単体霊撃も威力が高く、終盤にはMP回復も習得する為、高威力の全体霊撃「<ミシャグジさま>」を連発可能。
④パルスィ:自己強化(+100%)が可能で高ダメージの単体霊撃も早く習得する為、エリア1からボスキラーになれる。HP吸収、脆弱と便利な補助もあり、終盤では高威力の霊撃を強化した霊力で連発可能。
⑤お空:全体より単体霊撃が使いやすく、霊撃防御無視が「マイ」等の霊撃防御が高い雑魚や「霊夢」対しに非常に有効。自己強化(+100%)も可能でボス戦では安定した高ダメージを出せる。
⑥屠自古:2ターン確殺に最高の人形。中盤までは1ターン目に他の人形で削って(他は防御)2ターン目の最初に確殺がパターン。「<ガゴウジトルネード>」習得後は終盤でも一撃。消費MPが重いが装備品や防御による回復(必要なら1戦闘で複数回)で十分カバーできる。
⑦菫子:単体・全体・自己強化・HP回復・MP回復と霊撃に関してどんな役割でも高レベルで対応できる。PTの不足している役割を埋めるのに最適。

・補助
⑧チルノ:厄介な雑魚を先に倒すのがMP的に難しい環境なので、「フロストコラムス」でピンポイントに凍結できるのが便利すぎる。中盤以降は凍結でMP回復もする為、消費も気にならない。結界装備があれば厄介な雑魚が2体以上の場合も「<パーフェクトフリーズ>」で対応できる。
⑨メルラン:Lv20で「ライブポルターガイスト(味方全員霊力+100%)」を習得すると、ボス戦の難易度が別物になる。敵が2体以下の場合「ゴーストクリフォード」で足止め・瀕死も可能。どんなPTにいれても損はない人形。
⑩里乃:踊り状態で全体強化(味方全員霊力+50%)が可能なので2ターン確殺向き。序盤は消費2の「ビハインドユー」でダメージ役も兼ね「フォゲットユアネーム」でボス戦のメインアタッカーになれる。中盤以降や使い魔のいるボス戦では消費の少ない「テングオドシ」での混乱付与が便利。

3日前
×
□個人的な考察5(特殊ルール-弾幕弱化3)

○優秀
・アタッカー
①ルナチャイルド:低燃費で適度な単体・全体霊撃を習得するので削りの調整や止めに便利。経験値が少ないのでレベルアップ回復の頻度も多い。
②パチュリー:1ターン確殺に最高の人形。戦闘開始時にMP回復の為、戦闘毎に霊撃が可能。基本的に素早さが遅く、行動が最後になる。全体霊撃が威力不足の間は移動時の回復役として活躍できる。「エメラルドメガリス」を習得するとほぼ確殺となり、消費したMPは「ベリーインレイク」で回復すれば良い。ボス戦には衰弱付与の単体霊撃が役に立つが、高位の単体霊撃を習得しない為「暴風の魔導書LvMax」は最高の組み合わせ。ただHPが少なくボス戦で一撃で落ちやすいので慧音と組ませると保険になる(1ターン守備力+30,霊撃防御+30,抵抗値+10[結界不要])。
③リリカ:戦闘終了毎に味方全員MP1回復があるのでいるだけで役に立つ。一応削りもできるが、必中や強化解除が必要な状況の方が出番は多そう。
④メディスン:消費2で全体に毒(雑魚HP25%)付与できる為2ターン確殺向け。鈴仙と組むと、ターン終了時に「ハーフムーン」なら残1/4、「フルムーン」なら残1固定になる。消費3で鬱付与も可能で、補助役としても優秀。
⑤雛:相手によるが、霊撃においては全人形最高のダメージを出せるボス戦用の人形。但し習得がLv24と遅く、それまでは削りや回復、状態異常治療といった補助がメインの役割になる。

・補助
⑥ミスティア:行動回数+1だけでなく盲目付与も便利。屠自古と組むと「<入鹿の雷>(250~ダメージ)」が数ターンの間連続して飛び続けるという極悪な状況に。
⑦はたて:「ダメージ倍増」付与は手軽にボス戦でのダメージを増加できる。威力の高い霊撃と合わせるとより効果が高い。メルランと同じく、居るとボス戦の難易度が別物になる人形。


△限定的優秀?
①レティ:消費2の全体霊撃持ちと序盤は良いが、霊力の低さが影響して徐々に力不足に。鈍足付与は1ターン目に敵の数を減らさないならあまり意味がない。
②映姫:パッシブが序盤のダメージの増加・軽減にありがたい。中盤までは低燃費で削りに使えるが、それ以降は役に立たなくなるので経験値を与える必要はない。
③わかさぎ姫:Lv15まで育てれば低燃費での削りに使えるが、PT枠に余裕が無い。アリスが「[リトルレギオン]」を習得した後ならLv13で仲間になるのですぐに戦力にすることが可能。
④弁々:盲目や鬱付与がボス戦に便利。霊撃は霊撃防御・抵抗値無視だが、威力と霊力の低さにより使う機会があまりない。

×
全ルールクリアおめでとうございます。
わたしもテストプレイしていて弾幕弱化が一番面白かったと思います。
単に難易度を上げるだけでなく、なるべく通常プレイと違った戦略や
人形を活用できるようなルールを目指したつもりですが、
弾幕弱化が一番いい塩梅のルールな気がします。

道具消失はシビアすぎて自由度がちょっと低い気もします。
あまり特例をつけるのもと思って一律禁止にしましたが
再開と伝承はありでもよかったかもしれません。
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。