SMシングルレートS4 -騙りたがり狼と偽物の意志 "NULL META NANCE"-
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

SMシングルレートS4 -騙りたがり狼と偽物の意志 "NULL META NANCE"-

2017-07-28 21:26
    SMシングルレートS4
    ▼使用構築


    騙りたがり狼と偽物の意志
    "NULL META NANCE"




    【まえがき】

    アローラ♪♪
    S1振りにシングルレートへ戻って参りました!!!
    S4中盤まではドデカバシ軸にエースのアロラッタ・アブリボンを据えて、バンバドロ・アローラガラガラ・ドヒドイデで補完する感じのアローラ統一で遊んでいました。

    (レート1300~1700弱 合計350戦以上)

    雨パ殺しのドデカバシ、受けル殺しのアロラッタ、特殊殺しのアブリボン、物理殺しのバンバドロが強かったのでまたいつか活躍させたいですね!!


    ふぅ…
    充分アローラも楽しんだので
    そろそろ全国図鑑のポケモンで構築を始めましょう…!




    【構築経緯】

    6世代からずっと新しいギミックの挑戦をし続けてきて、残すは『滅び』と『ゾロアーク戦術』が気になっていました。そんな中、7世代S1で対面操作ヌルのポテンシャルを感じていたので『ゲンガナンス』の嵌め性能+対面操作の『ヌル』から構築をスタート。

    ナンスの影踏みアンコ及びヌルの蜻蛉と相性がよく、ついでにブランクでよくわからない現環境の構築を楽しく調査するためにメタモンを採用。

    アクZ+置き土産&悪の波動が面白そうなのとゲンガナンスに化けると強そうなこと、一手も油断できないゲンガナンスの初手の幻影役(誘導役)としてゾロアークを採用。

    残りガッサと身代わりが面倒だったのもあり、
    HDバンジオーロットが気になっていたので採用。
    (このポケモン実はCSメガゲンのシャドボですら受かってしまうゾンビ性能…)


    あれ…?
    ゲンガナンスぜんぜん勝てねぇとか思いながら潜ってたらなんか勝ってる…?
    (とある選出をやり始めてからここまで22-5)
    (ちなみに1700の時点で勝利回数と敗北回数が同じに戻った)

    楽しすぎてどうやって勝っているのかイマイチ自分でもわからない…
    もう少し意識的に対戦してみるか…。

    この後8時間ノンストップでレートに潜る(戦闘狂モード)


    途中で鋼(テッカグヤ、ギルガルド、ハッサム)の処理に時間がかかるのが気になってオーロット→リザードンYに変更。
    ゾロアークZ+リザードンXYでリザXYZとかいう選出圧力ができました。
    シナジーが高く見せ合いから圧力がある構築大好きだ…!!

    …詳しくは後述。




    【個別解説】


    【ゾロアーク】

    騙りたがり狼。
    選出誘導と役割破壊が役目。隙あらば選出して1体目や2体目として騙る。
    CS全振り(非理想個体)のめざ氷個体。
    選出率5~6位。

    ・ゲンガーやリザードンに化けて誘うヒードランやバンギラスをカクトウZで粉砕。中でもバンギでゲンガーを見ている受けルへは快勝できた。
    ・ナンスやヌルに化けて悪巧みから全抜きすることもあった。
    ・途中まで火炎放射→挑発で、ステロ巻きカバ等を起点に展開or挑発→ナンスの動きをしていたが、鋼の処理が面倒になって火炎放射になった。アシレーヌやレヒレも多いので草結びも一考の価値あり。Z置き土産は打つタイミングがほぼなかった。



    【ゲンガー】

    ゲンガナンスの滅びゲンガー。
    特に何も考えずほぼHS全振り。
    最後の最後まで使いこなせなくて選出率は5~6位。構成要検討枠。
    (メジャーポケ扱えない病)

    ・トンボル阻止や有効打封じのため金縛りを採用。道連れでもよかったかも。
    ・ゴーストがきつかったのでシャドボ採用だったが、ほぼ打たなかったのでヘド爆の方がよかったかも。
    ・守ると身代わりは欲しさが半々だったが、役割から考えると守るの方が優先される。


    【ソーナンス】

    ゲンガナンスのナンス。
    選出率は3~4位。
    HBD:CSメガゲンのシャドボ耐え、A2↑メガバシャのフレドラ耐え

    ・D少なめでHに振ることによりボルチェンされた時のダメージが稼げる。
    (その代わりD方面はけっこう脆い)
    ・主にサイクルカットや滅びの時に選出。
    ・純粋なアタッカーに強く、特にテテフやウツロイドはカモ。
    ・たまにアンコールで起点作成。


    【リザードン】

    リザードンXYZのY。
    鋼への殺意からCS全振り。選出率は3~4位。

    ・有利対面時の圧力が尋常でない(半減のゲッコウガに大文字が半分入る)
    ・ゲンガナンスが呼ぶゴーストや耐久鋼に能動的に攻めれる



    【メタモン】

    偽物にしてこのパーティのエンターテイナー。
    選出率は2位。
    H全振り。威嚇考慮のS下降。ダウンロード対策のD振り。

    ・目覚めるパワーは氷か岩を推奨。(厳選サボったのでこいつはめざエスパー)
    ・なつき度は低い方がよさそうだった。(体感やつあたり:6>おんがえし:4)
    ・何気にガッサのマッパ確3(本物は確2)なので後出し可能。



    【タイプ:ヌル】

    このパーティの主人公。選出率は1位。
    とあるポケモンの力を目指して作られた。
    ポリゴン2よりも固い。メガルカリオのインファ耐えたり、テテフのPFサイキネをほぼ2耐えするレベル。ミミッキュに少しでも強くしたいためHBに振りきった。

    ・蜻蛉返りで対面を操作して数多くの有利対面を作りつつ襷を潰す。
    ・流行りのミミッキュに対して後出しから対処が可能(HP管理が必要)
    ・身代わり対策の吠える
    ・耐久殺しの毒毒眠る(並みの火力なら3耐えする)
    ・リザードンがいないときはギルガルドへPP枯らしを仕掛けないと勝てないのが辛い




    【基本選出】


    ①ソーナンス+メタモン+ヌル
    ・構築名の"NULL META NANCE"
    『NULL(何もない)をMETA(対象とする)するNANCE(この言葉に意味はない)』
    『 をメタする意味はない』
    『何も気にするな』
    つまり、『やりたい放題好きなようにやる』構築ですね。
    (あらゆる方面から指摘が飛んできそうですが…。)

    ・この選出が7~8割くらいで、初手は臨機応変に決めます。
    トンボル持ちやメタモンで崩せないポケモンがいればソーナンスが先発。
    ゲッコウガやガルーラのような初手から有利対面を作れないポケモンがいればヌルが先発。
    よくわからないポケモンがいればメタモンが調査役として先発。

    ・基本的な立ち回りは、ヌルで有利対面を作りつつ無償降臨して、メタモンが動きづらいポケモン(中火力中耐久)をナンスでサイクルカットしつつ、ヌルで襷を壊した高火力低耐久をメタモンで抜いていき、残った高耐久ポケモンをヌルで詰ませるイメージです。
    ※この選出で苦手な高耐久ポケモン(テッカグヤ、ギルガルド等)や受けループを構築単位(ゲンガナンスやリザードン)でできるだけ出しにくくしつつカバーしています。

    ・相手のパーティを見て、サイクルなのか起点構築なのか対面構築なのかを判断して選出・立ち回ると勝率が上がる。メタモンや吠える蜻蛉を駆使してナンスの役割を遂行させたりと、全体的にプレイヤーレベルがものすごく反映される選出。

    ・1700台までのミミッキュならヌル蜻蛉→メタモンで詰ませられる。呪い型(ほぼ初手に出てくる)の場合は毒毒吠える蜻蛉。


    ②ヌル+メタモン+α
    ・特殊+悪、物理+ゴースト、トンボル持ちがいる場合にナンスの反射技が無効となるため、残りの刺さるポケモンを選出。ヌル+メタモンは割となんでも対応できる。

    ③ソーナンス+ヌル+α
    ・ナンスでサイクルカットすれば勝てる場合の選出。リザをウツロイドやアシレで見ている場合等。

    ④ゾロアーク+ヌル+リザードン
    ・リザードンXYZ選出。ヒードランやバンギでリザを見ているパーティ等に対して選出。

    ⑤ゲンガー+ソーナンス+ヌル
    ・ゲンガナンスの滅び+ヌルの対面操作&詰ませ。サイクルパでメタモンが受けられるとわかっている場合や、再戦用。(1戦目に対面よりでメタモンで崩している場合等)

    ⑥ゾロアーク+ソーナンス+ゲンガー
    ・ゲンガーをバンギで対策しているVS受けループ用の選出。1ターン目でバンギを格闘Zで粉砕して降参もらうととても気持ち良くなる。

    このパーティを扱う時は貝木泥舟のこの言葉を思い出しながら意志力を高めていた…!

    『偽物の方が圧倒的に価値がある。そこに本物になろうという意志があるだけ、偽物の方が本物より本物だ』




    【対戦考察】

    最高レートは1895。
    1900チャレンジは3回したが、2回は甘い立ち回りをしてしまい最終的に運負け。
    1回はサメハダーの氷の牙でヌルが凍って終了。

    基本的にずっと1800台をうろうろしていましたが、
    途中ゾロアークで騙りすぎて連敗して1700台になったりもしました。

    一応最終はレート1872の1284位。

    全体的に初手はゾロアークだろうと対処できるトンボル持ち、猫騙し、守る持ちが多かったので非常に読みやすかった。

    苦手なパーティは
    一撃必殺持ち(オニゴーリ)、毒毒持ちのサイクル、逆鱗・流星群+ミミッキュ(メタモンが起点になる)、瞑想挑発レヒレ(このポケモンのおかげで1900台に上がれなかったと言っても過言ではない)ですね。。
    まだまだ改良の余地がありまくる構築だったのでまたいつか再考しますかね。

    新感覚の構築としてはとても楽しく、まだポケモンというゲームは魅せてくれるのかと感動しました。これだからポケモンはやめられない…!!


    それから6世代から挑戦していたギミックですが、これでほぼほぼ網羅しました!

    【6世代】
    (S2)トンボル+サイクル
    (S9)壁+トリル
    (S10)ステロ欠伸+壁バトン
    (S12)ねばねば+レベル1追い風
    (S14~15)積み+バトン
    (S16)毒菱+サイクル
    (S17)ねばねば+バトン+役割集中
    【7世代】
    (S1)ループバトン+対面操作+Zバトン
    (S2)雨+エレキ+追い風+トリル+Z両刀
    (S4)Zゾロアーク+滅び+メタモン+対面操作


    次はどんな構築を作りましょうかね?

    話は変わりますが、ようやくメガデンリュウが解禁されますね。
    楽しみでたまりません♪




    【レンタルQR】
    https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-4B55-9C64





    FAKE TYPE



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。