その自社株買い、愚か賢か?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

その自社株買い、愚か賢か?

2017-08-26 07:58
    カドカワは24日自社株買いの発表をした。

    上限は250万株30億円(単価1200円)であり、
    その期間は8/28~12/29としている。

    市場はこれを好感し、
    株価は1308円(対前日比+73円)となり5.91%の上昇となった。

    さて、来週より自社株買い取得期間に入るが、
    果たして会社がすぐに買い始めることは得策であろうか?

    私はそうは思わない。

    10月のニコニコクレッシェンドの成否が、
    今後10年の業績を大きく左右するからだ。

    もし、9月~10月に自社株買い枠をほとんど使ってしまった場合、
    新サービスが失敗したときに株価の下支え策が失われる。

    自社株買いをするなら、『クレッシェンドの成否』を見定めてから。

    クレッシェンドの評判が、
    良い→自社株買い枠縮小をしても株価は安定。
    悪い→自社株買い実施で株価を下支えし安定させる。
    とすべきであろう。

    日本には長期個人株主などほとんどいない。
    川上社長には5年、10年先の未来を見た経営をしてほしいものだ。








    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。