ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ニコニコ存続のために
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ニコニコ存続のために

2019-02-15 10:41
    カドカワが13日に第3四半期決算を発表した。
    売上1521億、営業利益31億、経常利益43億、そして純損失が21億であった。

    セグメントごとに見ると、
    出版が55億、ゲームが25億の営業利益を出している一方で、
    ウェブサービスが7億の赤字となっている。

    ドワンゴ単体で考えると、
    営業損失は31億、当期純損失は63億となっており、
    第三四半期連結決算で38億円の特別決算を計上と、
    グループにとって大きな足かせとなっていると言わざるを得ない。

    当初は対等関係であったKADOKAWAとドワンゴであったが、
    ついにドワンゴがKADOKAWAの子会社となった。

    同時に川上社長は代表権を失い、取締役に降格。
    また他のドワンゴ側の取締役は辞任。
    対等だったパワーバランスは完全に崩れ、上下がはっきりとした。

    今回の決算を受けて、15日11時現在で1099円の株価をつけており、
    合併は株価半値以下まで低迷し、(対等関係という意味では)失敗という形で幕を閉じた。

    ニコニコは現時点においても
    有料会員188万人、ログインUUはMAU636万人と多くの人の居場所となっている。
    だがこのままでは、この居場所はなくなるであろう。
    ドワンゴ新社長である夏野氏はコストカットを断行し、
    事業継続を第一に考えた経営をしてほしい。

    多くのニコニコユーザーの居場所を守ってほしいというのが、
    カドカワ株主であり、ユーザーである私の願いである。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。