ワンダーランドウォーズの反省回 その54
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ワンダーランドウォーズの反省回 その54

2018-10-08 13:47
    ということで久々の本日の動画はこちら

    この試合が一日やって一番よかったと思う感じですね
    開幕は味方を見て「これは俺が端の方がいいかな?」って思って様子見つつ右を選択
    この試合の前にマリアンを使ってる変なの引いてげんなりしたので(というか対面にいる)
    無言ではありますが他のメンバーもつっこんでないしこれでいいだろと
    とはいえヴァイス+ジュゼで開幕辛いのはわかるんですがかといってヴァイスの人も右に行くと
    自分から言わないしこれでいいかなと改めて

    対面がミラーということでドロー使いつつ時にはストレートで倒しの極力ドローを9列に使うように意識しつつ押してはいるので「このままいけるかな?」と思ってたら中央が手前折れたので十中八九スカーレットがこっちに来ると思いライン下げて味方の進軍にあわせて動きます
    森の中にスカーレットいるなら味方が止まるかアイコン表示されるので
    それ見てましたが右下のアイコンが何も表示されなかったので火遠理の方に行ってる可能性もあるので「森が危ないぞ」チャットで注意
    話少し変わってたまーにどの場所でも手前折れて不機嫌になるプレイヤーがいるんですが
    対面のマリアンも多々良使ってる時にナイトメアの横槍で撤退して自分の所の手前折れて
    その後に中央の怪童丸がダウンバースト食らってやばいので森からかばってフォローしたら
    「手前折れよ」チャットかましてきて相当いらつきましたが
    自分は開幕思ってたとおり想定内だったので「ここからどうすっかな」っていう話なわけで
    そのままライン上げに

    中盤巨人が出てきてその対処にスカーレットがこっちにきて時々棍棒差し込むプレイを意識
    ここらへん下がり気味ですがあの範囲攻撃に当たってもろくなことにならないし
    どうもジュゼの人もリッパーぶっこみたいのにその範囲攻撃のせいで動けない感じなので
    特攻からのグランツでこかしてジュゼの人が無事相打ち成功、そして持っててよかったレベル3の鞴
    これで対面の多々良も相打ち上等なので倒してもらって大分楽でした
    強いて言うなら巨人が出たレーンがここでよかったのか感はありますが
    自分だけでは多分手前折れないので正解だったのかもと
    その後判断できなくてふらついてますが帰城を選択
    中央をヴァイスに任せっきりだったのでパワーバランス崩れるとまずいからフォローに入るか迷って様子見てたらマリアンも倒してくれたので「じゃあいいかと」
    この後右に戻って対面と戦ってますがワンダースキルの発動はもうちょっと早くてもよかったかもと
    リジェネ効果で一気に回復しないからジュゼと火遠理のHPを見て使いましたが
    もっと早くに使っても微妙なラインかもしれません

    終盤、またスカーレットがこっちに来てこの時点で残り1分30秒辺りなので
    「もう無理して守る必要はねえか」と手前を捨てる形に
    多々良の弱点の一つに威力の高い、拘束力のある、速攻発動の攻撃スキルがないので
    棍棒で誤魔化しても限度がありこれをドローでどうにかできるスキルを持たず状況も不利で
    生存優先で動きましたそもそも悠久門だっけの手前を折ってから1分は奥の拠点が開かないので
    この時点でこのライン攻めても意味がないし(相手の攻めがかなりギリギリになる)
    このままライン下げて回復の泉に行こうかと思ったらヴァイスがスカーレットに挑もうとする可能性を
    序盤で見かけたので「あっやべ回復させんと下手すりゃヴァイス撤退すっぞ」
    と思い大分焦って回復二連打で誤魔化し右に戻ろうとして(開かないのに焦ってた)
    中央注意チャットで自分も中央に

    この後大乱闘になるんですがスカーレットが明らかに狙うためのスピードアップかましたので
    落ち着いて一回引いて特攻へ鞴で複数回復して回避したら回避距離上がってるの忘れてて慌てて棍棒かましたらスカーレット撤退してくれたのでジーンが動いてるの見て左行こうとしたら
    マリアンの人が狡い動きしてたのでそっちのフォローへ行って試合終了

    感想としてはこの日多々良の成績が‐3で負け数の方が多く
    その内1回は庇護使っても多々良より前に出てくれない相方がいて「アチャー」て思った試合や
    こういう感じで端に行って相手のサポーターのスキル攻撃の差で兵士処理速度が追いつかず負けという試合でしたね、エピーヌの棘やら種やらMP回復特化のシレネッタやら
    ちなみにシレネッタはこの試合のスカーレットの人でしたが
    昨日も考えてたのが多々良はMPによるドローやスキルの弾幕ゲーに付き合えないのでコンセプト上
    多々良より先に攻撃スキル解放するタイプやスピード型に対してのドローを当てるという
    一種の運ゲーに対してどうすっかなというのが感想
    というかドローで何でもかんでもできる前提の調整はどうなの?って思ったり
    自衛しつつ敵兵士処理も完璧に撃てるドローなんかどのプレイヤーも撃てんだろっていう不満はありますね要は多々良のドローが強いと思えないんですよ一部のランカーは強い言ってますが
    威力も元々減りやすくなってるし(WS時は別)通常時これだけで相手の弾幕ゲーやスピードゲーを誤魔化せない停滞させるにしてもネタバレてたら遠くからスキル撃ったり急接近すりゃいいわけで
    そうなってくると棍棒ゲーになるよなぁって

    棍棒はいらないっていうプレイヤーいますけどランカーですら毎試合ドロー完璧に撃てる訳ではないので自衛や誤魔化しできるのなら入れててもいいとは思います
    使いすぎはダメですが、というか自分が自由曲線ドロー使い慣れてないだけにしても
    上手くやれてない感があるから辛い

    ここまで読んでいただきありがとうございます
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。