本当の初心者向けのワンダーランドウォーズの解説(クラフト+カスタマイズ編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

本当の初心者向けのワンダーランドウォーズの解説(クラフト+カスタマイズ編)

2018-12-03 18:05
    ということで前回のイベント編で集めたアイテムや情報を
    このクラフト+カスタマイズ編で使っていく解説をします

    まずはこのメインメニュー画面



    これの右下の矢印でアピールしてるカスタマイズボタンを押します、すると



    こんな画面が表示されます今回はクラフト+カスタマイズ編なので真ん中の称号編集は
    一切触れません(アイテム強化と関係ないので)
    上のカード編集というのはキャストにカードを付けたりできる項目になります
    このボタンを選ぶと



    こんな画面が出てきます
    上半分はキャストの現在情報で上から左がスキル、右がアシスト
    下半分はリザーブというカードゲームにおけるサイドデッキのようなものです
    対人戦などで相手のキャストを見て内容を変更したい時に交換できるようにするシステムです
    とはいえ本当に始めたばかりだと使える個数が違ったりしますので
    そこに触れると長くなる+本筋とずれるので省略します
    真ん中から下は自分が持っているアイテムの画面になります
    ここから筆で下半分のアイテムを直接触れて
    上半分の画面にもっていく事で実際に反映されていきます
    俗に言うドラッグ&ドロップといえばわかる方もいるかもです
    キャストのスキルは一番下にあり右端のボタンが今回の話の肝になります
    オススメというボタンがありますがこれを押すと




    こうなります、装備中は文字通り現在持っているアイテムでランキング形式になっており
    さっきカードゲームで例えましたが対策されるであろう主流の装備となるのが1位〜4位程になります
    ミラーマッチ(同じキャスト同士の対戦)においてはそれを意識してアシストを交換するなどで
    対策といった話になりますが横にズレるので省略します
    ミラベルちゃんは今はいませんが何日か後に(雑に言えば1週間ほど)このランキングが表示されるのでそれを参考にするのがいいでしょう
    アイテムがどのパックに入ってるかなどは公式HPに書いてあるのでそれを見てパックを買うか
    ワンダー部で特定のキャスト用パックもあるので買うといいと思います
    明るいカードの表示は採用してないということですね
    そして装備中でもない暗いカードはもってないということになります

    ここからはカードクラフトについて話します
    カードクラフトというのはアシストの性質ごとに変わっており



    一番下の武器、防具、道具、装飾、ソウル、マスタースキルとあります
    前のブロマガで言ったフラグメントのポイントもそれぞれ個別となっており
    共有してるわけではないので適当に使っちゃいけないと説明しました
    アシストを手に入れた時に色でわかりますが順に
    赤、緑、黄緑、青、金色、横顔といった表記になってます
    実際画面を表示してみると



    これはソウルの画面になります上に黄色の枠で覆われてるのがフラグメントカードであり
    上半分のカードを左下のドロップにもっていくと「素材にしますか? はい いいえ」の表記が出て
    はいを選ぶと本の右下の数字が増えていき画面の右下でクラフトボタンを押すことで
    クラフトができるという流れになります



    マスタースキルだとこんな画面ですね
    真ん中右の矢印っぽいボタンを押すとページが捲れます
    ちなみに新シリーズになると大量に増えると思うので現時点では2頁だけですが
    3頁分の量になると思うので作るときは間違えないようにしてください
    最悪間違えた場合時間制限がなくなって
    「延長しますか?」って出たときにいいえを押し、「セーブしますか?」って出たのもいいえと押すと
    制限時間内に行なったカスタマイズが全部やる前の状態になるので
    それで何とかできると思います、セーブしちゃうと記憶が残りますので焦らずにやりましょう
    ワンダーランドウォーズのnetでもできますが
    そっちでも操作には気を付けてください

    ここからはクラフトの基本ですが
    1 ソウルとマスタースキルは時間がかかる
    アシスト関連のフラグメントポイントはやりやすいのですが
    ソウルとマスタースキルは素材に使うリスクやフラグメントの変換ポイントが少ないなどで
    できるだけフラグメントカードを使うことをオススメします
    何故かというと
    私を含め全員のプレイヤーが今後どれを素材にして作るかわからないので
    一見使わないソウルであっても後々素材として使うことがあるかもしれない結果
    「使わないから適当に素材にしちゃえ」で後々苦労することが多いです
    またマスタースキルの方は変換効率が悪く
    一枚につき10ポイントなのに素材にするマスタースキルが多すぎて
    「強化したいのに入手しにくくて素材以外で高レアを使わなきゃいけないけど
    高レアは入手しにくいから集めるのに時間がかかる」と
    悩みを抱えることになり
    これもフラグメントカードを一気に使った方が楽ではあります

    2 コンプリートしたら素材のカードをポイントに変える
    誰でもどれでもいいので一回コンプリートすると
    そのコンプリートした素材となるアシストやソウルを入手するたびに
    ポイントに変換することで大分楽になりますが、基本は同じカテゴリーに同じものを
    (武器なら武器、ソウルならソウルに)がオススメなので適当にやらずに
    じっくりやるといいでしょう
    既存キャスト並びに新キャストにもいえますが
    2回連続でブロマガに書いたように強化方針を決めると大分楽になります

    ということでこちらも長々と書きましたが
    やることがわからないまま始めるというのも辛いと思うので
    まだ時間がありますし一回軽く触ってみて実際に確認してみてください
    そして今は修練場にてマメールの挑戦というのもあるので
    今度はそれに触れてみようと思います
    ここまでお付き合いいただきありがとうございます
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。