冒険譚レベル0〜60まで向けのマリアンのビルド一例(冒険譚用)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

冒険譚レベル0〜60まで向けのマリアンのビルド一例(冒険譚用)

2018-12-28 19:20
    ということでタイトル通り新シリーズ始まってから模索中で
    あれこれ育成はしてるのですが冒険譚の方もある程度プレイヤー全体の認識的なものが固まりつつあるのでオススメというか最近動画でよく見るビルドも交えてお話していこうと思います

    冒険譚の上位レベル(120以上)になるとキャストもある程度固まりつつあるし
    60〜120までの間でも冒険譚用のアシストを準備できるか否かが鍵となってます
    ここでのポイントは当たりを引きやすい虹色の箱を引くだけのプレイで自分はやってますが
    「効率は悪いな」っていうのが正直な感想

    試合開始2分までに終わらせて高得点を得るプレイを多用すると
    自然と強化回数が減るのでマテリアルもショップも使えない冒険譚用のアシスト育成に関してだけ言うと効率が悪いと言う話です1試合で1レベル〜2レベル上げるぐらいのペースか同時に冒険譚の複数モードプレイをやるか毎回全部開けるぐらいのペースでないと
    慣れてない初心者の方は多分60レベルより上に到達すると不味いなという思考になりました
    勿論相手のレベルを下げて育成のためにやるというのも実はできるとのことですが
    まだレベル60まで行ってないかなりのスローペースで
    とにかく強力なマスタースキルやアシストを一つでも入手してない限りは難しいと思うので
    焦る必要はないと思います。

    ちょっと前置き長くなりましたが本題に
    マリアンというのはサポーターの一人で射程を延ばすスキルを持ち
    防御力を下げるスキルを持ち、攻撃されなきゃ連続攻撃できるスキルを持つキャストです
    HPとスピードがそれなりにあり操作面や回避面だけで話せば安定面は高い方です
    自分が今冒険譚でやってるビルドは



    左から 雷太鼓+専用WR+小人服+源氏の君です
    レベル6の枠は普通に新しく出たサポーター専用WSのアシストでいいと思います
    まずマリアンはドローの威力を上げて小兵士を1回で倒せる威力まで強化することが前提で

    雷太鼓はレベル2になってからのMPの消費量が一定を超えるとドローを強化してくれます
    この強化値が+MAXにおいて一定量の90%は補ってくれるので別のアシストでドロー(中)以上を装備すると倒せるようになります、ファイターはスキルを使ってドローの威力を上げて闘うキャストも多くサポーターは元々スキルを使うことで味方に付加効果を与えるというロールなので
    ハンターブレスで射程を上げて3回ほどドローを撃つと威力が上がります
    同じレベル2帯のドロー強化と組み合わせる事で兵士を倒せるようになるので
    進軍がやりやすくなるというメリットもあります後、試合中1回だけではないので定期的な強化も可能です初心者の方でファイターを使っててこれを見かけたらとりあえずゲットするのがいいでしょう
    ただ弱点があってこの太鼓は装備するとHPを下げるので相手の攻撃を食らうと撤退しやすくなるので
    HPが元々低い、専用アシストでHPを増やしにくいキャストはケアを考えないといけません
    マリアンは射程が延びるのとスピードが高いので動きにメリハリをつけることでその弱点を誤魔化しやすいキャストではあります(硬直時を狙われないように+経験値を安全に取ること前提ですが)

    次に専用の矢筒、これはノーデメリットでMPとドローを強化しつつ
    ロールエフェクト(見えにくい範囲が発生して仲間も強化してくれる)が射程延長というものです
    最近は同じレベルで威力を大きく上げつつ
    射程を延ばすインフレの塊が存在するので軽視されがちですが
    アシストのカテゴリーにおいて必要になったりするのでとりあえず1回クラフトで作って貰えればと
    上記の雷太鼓と合わせて道具カテゴリーなのもポイント高いです
    (インフレの塊1号は武器なので)

    3番目の服は小人服、これはHP+大、ストレート+小でMPを下げるアシストです
    上の画像を見てもらうとわかりますがHPとMPは両方とも基準値を超えてます
    このことから太鼓+専用のMP強化>小人服のMPマイナスとなり
    レベル4になったら雷太鼓のHPマイナスが軽減されるということです
    キャストの強化において基準値を大きく下げるというのはそのキャストの特性において一番優先度の低い要素でない限りは避けたいので
    ストレートありきのアシェンプテルにおけるドローの威力を下げるなどの理由がないと
    やらないことをオススメします

    そしてソウルに源氏の君
    これはレベル2でストレートとドローを強化してくれます
    特性として兵士やキャスト問わず(相手のダウン時除いて)20回攻撃するとMPを回復してくれます
    元々マリアンはレベル3においてドローで兵士処理をできるようになるのが一つのポイントでしたが
    レベル2以下でやる場合現実的ではなく相手のキャストによってはレベル1から兵士処理ができるのでその兵士処理速度の差に悩んでました
    そこでMP補助を入れつつレベル2から雷太鼓との併用で倒せるようになるこの源氏の君は都合が良くまたストレートも少し強化してくれるのもポイント高いです
    弱点は20回攻撃を達成するのに少し遅い点でレベル5からジャッジメントレインを使えるようになると範囲内にいる敵に18回前後攻撃できるのでその使用回数も増やせるというメリットもあります
    ちなみにこのソウルはリリィフェスタだけで入手できるので2018年12月28日現在やってるイベントなので一つ取っておくといいと思います

    長くなったのでまとめると
    基準値を下げることなく強化できまたMP補助もありつつ戦えるので
    兵士処理と経験値をしっかり取って射程を活かした戦いをしつつ
    冒険譚の巨人にはジャッジメントレインをぶっこんでリンクダメージを活かしつつ
    味方が安全に戦えるようにする動きで大分楽になります
    動画取れればいいんですが取れないモードなので致し方ない

    忘れてましたがマスタースキル
    これは最近追加されたクラフトのマスタースキルで撤退かダウンしなければHPとMPを継続して回復してくれます私も今育成中ですがこれと冒険譚のフィールドにある強化ブースターを組み合わせると30秒後に1回の回復で20〜30のMPを回復してくれます
    それがやみつきになりますね

    ということで冒険譚で使ってるアシストはこんな感じです
    ちなみに小人服の所を違和感なきっていうアシストに変えると



    こんな感じでスピードも上がるので「スピード足りないな」って思ったらこれに変えてもいいと思います
    雷太鼓+違和感なきの値が+MAXでないのであんまりこのパターンは使ってませんが
    +MAXになったらこっちもテストしようかなと
    最後に最近全国対戦で見かけるアシストは



    これですがこれは調整次第では変更しなきゃいけなくなるのも頭の隅に置いていただいて
    ソウルのハーンでストレートを強化しつつ経験値の取れる範囲を広げ
    カボチャでその経験値を回収することでMPを回復し
    トゲトゲの刃でドローをレベル3から大幅に強化するインフレの塊1号を使って兵士処理でき
    ハサミで1号のデメリットを補うという形です
    これ自体は経験値を取るという一連の流れがしっくりくるので使いやすいんですが
    問題はハサミ以外がどれも弱体化しそうな点という所でしょうか
    特に塊1号が威力があるから兵士処理できるわけでこれができないっていう調整をされると
    大幅なアシスト構築の見直しになります

    ということで冒険譚やってる人向けの解説ですが
    ぶっちゃけ今のマリアンのアシストは今後どうなるかわからないので
    「言われてる奴試してみるか」の気持ちで冒険譚のレベル0〜60でやってみるといいと思います
    60超えたら試す余裕はなくなりますし

    ここまで読んでいただきありがとうございます
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。