ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

生き物の蠱毒化
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

生き物の蠱毒化

2019-08-05 17:13
    去年の11月に「もうふざけるのやめろ」って感じの一部の生き物に関する記事書いて半年経ちました
    まあその間にもそういう生き物があれこれ問題起こし続けてますね今も
    世間を騒がせるかどうかとかもありますが毒が濃縮されて(蠱毒)関係ない人にも影響与え始めてる姿はまあ見てて自分は辛いので見ないふりをしてました

    自分のブロマガに関しても単なる一人の恨み節で済めばいいんですが現実では私じゃない別の生き物のやりたい放題を見てまあ嫌になるなと
    私の言ってる事を見て嫌になるレベルを余裕で超えてましてその元となる生き物の思考に
    「成り上がるために手段を選ばないし公式も利用してどんどん力をつけよう」っていう危険な思考に陥ってるわけで本人がそうじゃないっていっても言葉を選んでる自分ですら分かり合えない事があるのに
    「なんでこう分かり合えると思ってるんかな?」と感じたりします
    その生き物を味方する人の発言も醜いものがあったりしますしSNSを使ってやりたい放題やってるな感が強いです。

    「もうふざけるのやめろ」の実例を上げろよっていいますが
    投票で金銭絡ませて揉め事起こす、火炎放射器みたいなもんで人の後頭部焼く、ゲームでの回線不良を利用してバレないように何度も回線切り起こして負荷をかける(しかも複数のゲームで発覚してアカウント停止くらった生き物)、あいも変わらずゲーム内でイカサマ
    と醜いさまを見せられた上に「自惚れ天狗野郎いたらブロックでしばけ」とか「動画やブロマガの再生数気にするのおかしいっていうのはおめー絶対嘘だろ」とか見かけるし
    何か醜いものの連鎖反応を見せられて辛いなと
    ゲームとかだけじゃなく性行為免許がどうだのの時も「とにかく議論したいのかただ自分の権力ちらつかせて文句言いたいのかわからんから複数の生き物が長文連打すんな」って思って
    まあその免許あかんでしょって人に対する中傷とかも話の軸に関係なくする意味も訳わからんことになってて自分の考えとしては
    「権力持ったもん勝ちにする気なら人は産まれる場所を選べないので最初から勝ってる存在から産まれた子には高確率で勝てないので権力持つために色んな物を踏みにじって利用するの止めろ」
    って感じです

    これも前に言ったんですが自分の顔やら見て家族が心配するレベルで動画投稿の編集やってたので「じゃあ過剰にやるのはやめるか」ってことで今は大分雑になってて
    それ自体は自分の選択で再生数っていうより「ちゃんと投稿が反映されてるかどうか」の方でチェックしたりコメントも「妙なコメントないかチェック」っていう方が気になってて
    実際にアニゲラに戦国大戦のゲスト来るよって週に作った動画のコメントですが
    これニコニコ公式でコメント削除されてるのでわからないと思いますが
    私はこのコメントの内容をある程度知ってましてまあ中傷ですね演じてる声優さんへの
    問題はこの速攻で削除されるコメントを今もやってる人がいるんですよ
    もう3年以上前の動画ですけど憎悪がこもってる人がいるんですね
    現実で色んな事件が起こってますけど実際にやる人もいますからまあ…うん……

    このブロマガもそもそも楽しもうとして書いてるし(実際好きな作品の事も描いてるわけで)
    ブログを書いて「世間から注目されるレベルのコメントや既読数」っていうのをやるために過激な事を書いてそれを実行すれば嫌でも注目集めますけど自分はそれが嫌なので
    程々にって気持ちでやってるわけですがそれが不誠実だと罵られるのは理不尽だろと

    力に取りつかれてやりたい放題やったり屍を積み上げる人間に対する自分の憎しみが抑えられず
    手段を選ばない人間の蠱毒化が激しく公式ですらさじを投げて放置という悲しみの連鎖に押しつぶされていく人を見るのが本当に辛い見ないふりをずっとやってますけど
    自分が触れないこと=やりたい放題やっていいんだと勘違いしてる生き物の放置になってて
    自分の憎しみがたまりつつ誰かが犠牲になってく一方で生き物への報いが何もないままその生き物が増長していくのはまあ辛い
    「多分ずっとこんな感じで生き物の蠱毒化は止めようとしても止まらんのだろうな」っていう絶望があってここから生き物の完全除去というのも期待できないのでさてどうしたもんかなと

    どうしたもんかなっていうのは私がおっかないことをやるという話ではなく
    Vジャンプ読んでて見かけた超一流への道って漫画で「今のセガ作品を好きになってもらいたい」ってフレーズありましたけど
    「今現在ある作品における生き物の濃縮された毒を完全除去せずに作品作ってもその毒が移って取り返しのつかない犠牲者が出て作れば作るほど被害者増えてくだけだろ」って思いました
    これにゲームの内容の不出来も加わって被害者増え続けていくのを新規層を沢山取り入れてごまかしてるだけだろとその手法で失敗して慌てて旧作向けに対応したの何度も見かけたし
    毒は残り続ける成分があればあるほど有能か否かの判断にもなるし
    セガって名前出してますけど、どこの場所でもあるし冤罪にならずに完全除去をやらなきゃ
    安全には遊べんだろというのが私の感想でした

    まあ長々と書きましたがぶっちゃけると去年の11月のワンダーランドウォーズの大会でもやらかしたプレイヤーいて今年の8月の大会でもまた別のプレイヤーが違う規約違反やらかしたのいて
    「もうどうしようもねえんじゃねえか」って思ってるんですね少なくともこのゲームは
    力を手に入れるために手段選ばんのならそれ相応の代償があるっていうのを理解すらしてない生き物が代償が嫌で少しづつでも楽しんでもらおうという自分の手を踏みにじってくんですから
    そりゃ愚痴もでますよ「どれだけ人を苦しめれば気がすむのか」と
    この見ないふりを続け罪もない人らの屍が積み上げられてくのも目を逸らし続けなきゃいけないんだよなこれからもずっと……

    ここまで見ていただきありがとうございます

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。