ワンダーランドウォーズの反省回その59
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ワンダーランドウォーズの反省回その59

2019-10-22 23:44
    ということでもっと自分の動画において本当の初心者さんに向けてお話できるキャスト使ってたなと
    気づいて銀筆でCR015に上げてから金筆でCR019にて放置してた火遠理をちょっと使ってきました
    何でかって言うと
    1 私が自由曲線かつファイターを使うのが火遠理が初めて
    2 ようやっと50勝まで行ったぐらいの使用回数(多分150回も使ってない)
    3 基本的に2本抜かれて負けるか総合勝ちでこっちが逆に2本拠点壊して勝つ試合が
      50回中5回もない
    などの視点から使ってみました
    動画はこちら

    では本題に入ると
    まずよくあるのが「ファイター二人のどっちがどの拠点に行くかで揉める」
    大抵のケースにおいてこれを防ぐ方法はだいぶ簡単です
    「自信がなくても刹那門に自分が行くアピールをする」これで終わります
    刹那門は今回私が行った方ですね
    一番不味いのが「試合始まってもどっちが行くか決まらずにグダグダになる」です
    試合始まってからの実際の有利不利は置いておいて
    スタートダッシュに失敗したら陸上などではまず勝てません取り返せるレベルの速さって
    オリンピックに出る選手でもかなり難しいです
    何でかというと「兵士処理の速度が落ちて経験値回収を先行されるから」です
    レベル差がつくと中々逆転するのは難しいかと思います
    なので「もうもめるのなら俺が行くわ」って訓練を早めにやっておくといいかなって思います
    勿論、他のプレイヤーさんから「悠久門行けばいいよ」って言われたら素直に聞いて
    そっちを選択すればいいと思います
    ちなみにファイターだけではなくロールが被った際誰が悠久門行くかなどは
    アタッカーやサポーターの内容で決めるといいかもしれませんが
    困ったことに内容を吟味しないで意地でも中央行くっていう人がいるので
    (実際私も最近それやられました)
    そういうプレイヤーの人がいたら自分のキャストがロール被りの場合は端に行くと
    スタートダッシュ失敗はないと思います

    それで試合が始まりますが
    ここで実は情報量の多さとやらなきゃいけないことの多さに困ってしまうのですが
    「兵士処理と敵のファイターへの圧力と経験値回収を全部一気にやらきゃいけない」
    ということですね
    ぶっちゃけ私も困ってるのですが
    「キャストに当たるようにドローで線を引け」って人と
    「経験値回収のために兵士の一列に全部当たるようにドローをかけ」って人と
    「兵士一列が4体の時はドローを使うな」って人と
    意見がゴチャゴチャしてて「どうすりゃ気が済むんだよ」と嫌になるレベルだったりします
    もうこんなの全プレイヤーにあわせてドローをかかなきゃいけないのに
    「撤退するな」も加わるのでこれらがこのゲームを難しくしてる原因の一つで
    更に初心者狩りもいるもんだから本当に取っ掛りが掴みにくいゲームだなって思います

    私はとにかく「レベル差を付けたくない」って気分から兵士に向けてドローを撃ってますが
    困ったことにドローの長さが長いと都合のいいことが多いので
    兵士の弾喰らいながら近寄ったり無理矢理強引にキャストに当てたほうが都合がいいケースもあります
    ただ撤退するリスクは増えるんですけどね
    そんなこんなでグダグダになりながら決定打に欠ける状況
    「序盤でワンダースキル使え」っていうのも今では正直どうなの?って思うのが
    あまりにもアシストやスキルのインフレで速度を上げつつ攻撃力も高められるので
    アリスのワンダースキルの際にはかなり下がって警戒してますが
    序盤に使う=相手が覚えてたらワンダースキルからの無敵状態利用回避ができない
    ということになるので亀設置したい気分は確かにあるんですが
    あんまり近くに置いてもなぁっていう
    私がつけてるアシストのミカンはHPと速度を上げてくれるのですがこれでも足りないっていう環境なので
    すけど亀設置のためのMPも欲しいんだよなと
    ちなみに武器の釣竿は今日作ったばっかりで+0です

    それでグダグダしてカットインからのびっくり箱が当たるのわかったので
    回復しに帰る準備をその間にワダツミの人がフォローに入ってくれて
    「ありがたい」と思いつつあちらの亀も大分使いやすいのは検証した時に知ってるので
    ある程度距離を取りつつ「何も起こらない状況」になってます
    前に行きたいけど行けないっていうのもあるんですが
    残り1分半で中央手前の拠点が壊れてない事にさっきから気づいてて
    「そろそろ壊さんとダメだな」って思ってワンダースキル発動で無理やり速度上げて
    壊しに行きました
    これ一応言うんですがワダツミの人が気づいてフォロー入ってるんでまだいいんですが
    「とにかく自分が決定打に欠けるから何でもいいから勝って終わろう」っていうプレイなんですよね
    ファイターとして圧勝した試合の動画ではないわけで
    で、壊して帰って自分のレーンの奥拠点のところに亀設置
    これをやると兵士が流れにくくなって相手が無理に攻めなきゃいけないので
    自分のレーンが余裕のある場合、圧倒的な差の場合は他のレーンに置いて
    自分の担当レーンに戻るというやり方もあるにはあります
    後は敵のワダツミが亀壊しに来てる感じだったので対面にドローを書いて撤退させて勝ち
    その時の注意チャットやってない辺り相当集中してました壊されないように

    という試合でした
    感想としては
    「自分の力だけで2つのレーン壊せる余裕があるぐらいのプレイができるまで気が長い話だな」と
    こういう勝ち方をしてる試合を今日結構やってて
    落城なしで240超えてたので誰かナイスくれてたんだろうけど
    個人ナイスが300超えるぐらい強い勝ち方ではなかったですね
    それぐらいインパクトのある試合はできなかった感じ
    とはいえ最後に重要なこと言うと
    「ナイス欲しさに無茶して撤退するのも不味いので勝つにしろ負けるにしろ撤退数0を目指そう」
    ってのが割と大事だと思います
    2vs1からの撤退はありましたが一応4勝4敗という結果で撤退数0の試合が多く
    「生存はちゃんと意識できてるから後はいかに上達してる自信が付けられるかどうかだよな」と

    長文ではありますが
    ここまで読んでいただきありがとうございます
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。